循環調節

出典: meddic

cardiovascular regulation






PT.313-
2007年後期生理学授業プリント
-1. 局所性調節
--血管の伸展や血流による機械的ストレスが局所的調節に関係
-2. 神経性調節
--自律神経による
-3. 液性調節
--体液内のホルモン、局所で生成・放出されるオータコイドや代謝産物などによる

-1. 局所性調節
--1-1. 代謝性血管拡張
 局所代謝↑(相対的酸素不足)
   ↓
 種々の物質の蓄積
 CO2, 乳酸, アデノシン,ATP ,ヒスタミン ,H+ ,K+
   ↓
 血管の平滑筋の筋長を低下させる
   ↓
 血流↑

--1-2. 自己調節
---脳、冠状動脈、腎動脈でよく発達している
---Bayliss効果(=べーリス効果)と呼ばれる
 急な血圧の上昇
   ↓
 血管平滑への伸展刺激
   ↓
 筋の反射的収縮
  血管壁が急激に引き延ばされて収縮しようとする
   ↓
 血流量の急激な増加を防ぐ

--1-3. パラクライン性調節
---放出された物質は近くの組織にのみ作用
---血管拡張因子
--- ex.NO, endothelin
---血管収縮因子


-2. 神経性調節
--自律神経による
-3. 液性調節
--3-1. 交感神経-副腎系
 交感神経活動↑→交感神経節前線維末端→(ACh放出)→副腎髄質→カテコールアミンの放出↑→心機能↑
---副腎髄質から放出されるカテコールアミンはアドレナリン80%, ノルアドレナリン20%
--3-2. バソプレシン
 循環血液量の低下→低圧受容器活動↓→延髄孤束核→視床下部→室傍核、視索上核→下垂体後葉からバソプレシンの分泌
---バソプレシンの受容体は腎臓の集合管と血管平滑筋で発現しており、それぞれ水の再吸収を促進、血管壁の収縮をする作用を持つ。
---バソプレシンの受容体については「バソプレシン」の項目を参照
--3-3. レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系
 腎血流↓(輸入細動脈圧の低下)
   ↓
 傍糸球体装置からレニン分泌↑
   ↓
 レニンが、アンジオテンシノーゲンをアンジオテンシンIに転換
   ↓
 ACE(アンジオテンシン転換酵素)が、アンジオテンシンIをアンジオテンシンIIに転換
    →副腎皮質からのアルドステロン分泌↑→腎尿細管Na+再吸収↑→血液量維持
    →血管平滑筋収縮→血圧↑
 


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 循環調節系の変化と3D映像視聴
  • 田中 明,杉田 典大,吉澤 誠,山家 智之
  • 自律神経 = The Autonomic nervous system 48(3), 211-213, 2011-06-15
  • NAID 10029549524
  • 宇宙環境が循環調節に及ぼす影響とその要因解明へのアプローチ : 衛生学における実験的研究の観点から
  • 青木 健,小川 洋二郎,岩崎 賢一,向井 千秋
  • 日本衞生學雜誌 66(3), 568-572, 2011-05-15
  • Many physiological changes associated with spaceflight, including decreases in orthostatic tolerance, exercise capacity, and blood volume have been reported. Orthostatic intolerance is a problem affec …
  • NAID 10029364318
  • Prof. Olav Thulesius は起立循環調節異常をどう考えたか
  • 田中 英高
  • 自律神経 = The Autonomic nervous system 48(1), 1-3, 2011-02-15
  • NAID 10028051962
  • 脳内RASと循環調節 (特集 レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の進歩) -- (注目されるRASの臓器作用)

関連リンク

循環の調節 c16 神経性循環調節 交感神経の作用 交感神経の興奮が起こると・・・ ①心臓では陽性変時作用・陽性変力作用を有し、心拍数の増加・心収縮力の増大を来たす。(β1作用) ②末梢血管ではノルアドレナリンの放出により ...
世界大百科事典 第2版 - 循環調節の用語解説 - 血液循環が各種の体内機構の協調によって調節・制御されていること。ヒトや哺乳類では,日常生活時にみられる各種ストレス,情動,防御反応,運動,姿勢変換,食事等に際して心拍出 ...
高血圧 back 循環調節 局所性調節 筋は伸展(伸びる)されると、収縮する性質がある。血圧が上昇して、血管壁の伸展が高まると血管平滑筋が収縮して血流を一定に保とうとする。 また、血管で産生され血管に作用する次のものによって ...

関連画像

系のすべて 循環調節 循環調節循環調節障害を中心に― 循環調節ペプチドの産生細胞と研究会 循環 運動時の循環調節  調節および呼吸運動調節に関


★リンクテーブル★
拡張検索循環調節機構
関連記事」「循環」「調節

循環調節機構」

  [★]

mechanism of cardiovascular regulation?
循環調節

節」

  [★]

ganglionganglianodeknot、(分類学)section、(文章)clausenodalganglionic
結節結節型結節状結節性神経節セクション、切片、結び目ノット薄切部門リンパ節割面ノード結節腫ガングリオン


循環」

  [★]

circulationcirculatecirculatory
血行循環性流通血行路


調節」

  [★]

regulation, (眼科)accommodation(水晶体による)
調和等能系





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡