循環モニタリング

出典: meddic

  • 麻酔管理上、生態情報をリアルタイムで監視すること
  • 心電図
  • 血圧
  • 非観血的測定
  • 観血的測定法
  • 中心静脈圧
  • 肺動脈圧、心拍出量、混合静脈血酸素飽和度測定
  • 経食道心エコー
  • 体温
  • 尿量

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P1-13-4 新しい非侵襲的かつ持続的な妊婦脳循環モニタリング法(Group21 妊娠・分娩・産褥の生理・病理4 IUGR・PIH,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 鈴木 一有,菊池 卓,加茂 亜希,山崎 香織,平井 久也,加藤 誠,内田 季之,杉原 一廣,伊東 宏晃,住本 和博,金山 尚裕
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 526, 2011-02-01
  • NAID 110008509003
  • NIRSによる脳循環モニタリングの進歩 (特集 脳卒中の最新画像診断)
  • 酒谷 薫,横瀬 憲明,片桐 彰久 [他]
  • Brain and nerve 63(9), 955-961, 2011-09
  • NAID 40018968217

関連リンク

2010年8月6日 ... 右手は内頸静脈を突くためにあるし,左手はエコーを操るためにある.耳は不整脈を 聞き分けるためにあるし,目は心臓を見つめるためにある…そんな心臓麻酔ジャンキー に送るLaboratory. 循環管理モニタリング ブログトップ ...

関連画像

 モニタリングに関する調査研究スポンサードリンク組織循環センサー循環動態モニター PiCCOplus モニタリングへと循環する関連組織循環センサー


★リンクテーブル★
リンク元アレンテスト
関連記事リン」「循環」「」「モニタリング」「リング

アレンテスト」

  [★]

Allen test, Allen's test
Allenテストアレン検査
アレン試験
  • 図:BAT.489

概念

  • 橈骨動脈または尺骨動脈の閉塞の有無を調べる検査。
  • 麻酔科領域では、循環を橈骨動脈経由で観血的にモニタリングのために橈骨動脈を穿刺できるかどうか適応を決める際に用いられる。(→循環モニタリング(SAN.173))

手順

  • 1. 患者に手拳を強く握らせる → 手拳・手指への血流を駆血する。
  • 2. 橈骨動脈と尺骨動脈を指で圧迫し手拳を開かせる → 蒼白になっていれば動脈の圧迫に成功
  • 3. 橈骨動脈あるいは尺骨動脈の圧迫を解除する → 3-5秒以内に赤くなるはず。閉塞していれば、蒼白のまま、あるいは紅潮するのが遅れる
  • 5秒以内に赤みが戻れば手掌の動脈弓の開存が確認できる。10秒以上かかる場合、その橈骨動脈を(観血的な血圧のモニターのために)穿刺すべきでない(SAN.174)


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

適応

  • 橈骨動脈を用いた血圧の観血的測定の可否
  • 尺骨動脈が閉塞している場合、指尖部の壊死をきたすため(SAN.174)。

国試




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






循環」

  [★]

circulationcirculatecirculatory
血行循環性流通血行路



環」

  [★]

ringcircleannulus
サークル弁輪リング

モニタリング」

  [★]

monitoring
監視モニターリング



リング」

  [★]

ring
弁輪




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡