後骨髄球

出典: meddic

metamyelocyte



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/07/20 00:50:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 類白血病反応を呈し難治性に経過した深頸部膿瘍の1例
  • 濱田 真史,余田 敬子,川内 喜代隆
  • 東京女子医科大学雑誌 80(6/7), 149-152, 2010-07-25
  • … 末梢血中に、治療開始4日目にみられた骨髄球3%と後骨髄球1%をピークに10日目まで幼若球の出現を認めたが、その後消失した。 …
  • NAID 110007628972
  • H2ブロッカーによる骨髄造血の傷害
  • ブロイラー種鶏におけるトリ白血病ウイルスJ亜群感染による骨髄球腫症
  • 前嶋 孝典,御領 政信,高見 成昭,川崎 武志,佐々木 淳,岡田 幸助
  • 岩手県獣医師会会報 28(2), 57-61, 2002-04
  • … 黄色の微小斑あるいは最大直径1.5cmに至る結節が多発性に認められた.その他,腎臓,卵巣,肺,心臓,消化管および骨格筋において様々な程度に白色結節が認められた.組織学的には,肝臓および牌臓を中心として後骨髄球様,骨髄球様および骨髄芽球様の種々な骨髄球系腫癌細胞の浸潤・増殖がみられ,18例中17例では白血性になっており,骨髄球腫症と診断された.18例中6例において卵巣癌の併発が認められ,トリ白血病ウイル …
  • NAID 120002808193

関連画像

写真3選択細胞] 単球、後骨髄球 骨髄球1 前骨髄球2 骨髄球 後 ] 前骨髄球、骨髄球、後骨髄 480px-Bloodcelldifferentiationchart 図1c


★リンクテーブル★
リンク元血球」「好中球」「前骨髄球」「骨髄芽球」「顆粒球前駆細胞
拡張検索巨大後骨髄球」「好酸性後骨髄球」「好中性後骨髄球
関連記事骨髄」「骨髄球」「

血球」

  [★]

hemocyte, blood corpuscle, hematocyte
hemocytus
血液細胞 blood cell
血液



血球の割合

  • 下図の値から算出。
  個数(/ul)   個数(/ul) 個数(%)
赤血球 男:500万
女:450万
  5000000 95.1
白血球
 
5000-10000   7500 0.1
血小板
 
15万-35万   250000 4.8
血球 直径(μm)
前赤芽球 14~19
好塩基性赤芽球 12~17
多染性赤芽球 10~15
正染性赤芽球 8~12
赤血球 7~8.5
骨髄芽球 12~20
前骨髄球 16~23
骨髄球 12~20
後骨髄球 12~18
杆状核(好中球) 10~18
分節核(好中球) 10~16
分節核(好酸球) 13~18
分節核(好塩基球) 12~16
リンパ芽球 11~18
リンパ球 7~16
形質球 10~20
異形リンパ球 15~30
単球 13~21
巨核球(骨髄巨核球) 35~160
血小板 2~4

寿命

  • 赤血球:120日
  • 好中球:6-8時間
  • 血小板:10日
  • 形質細胞:1-3日
  • メモリー細胞:数年

血球の特徴

 
赤血球 単球 好酸球 好中球 好塩基球 リンパ球
大きさ 7~8μm 12~20μm 10~15μm 10~13μm 9~12μm 7~15μm
赤血球と比べた大きさ ------ かなり大きい 2倍以上 約2倍 2倍弱 小リンパ球は同じ程度
細胞質   アズール顆粒。
広く不規則な突起
橙赤色の粗大円形顆粒 暗紫色に染まる微細な顆粒
アズール顆粒
赤紫色の大小不同の顆粒 狭く淡い青色
  くびれ有り 2葉、眼鏡型 桿状好中球
分葉好中球
格の上にも顆粒あり 球形


  • 核小体

  • クロマチン

  • 細胞質

  • 顆粒



好中球」

  [★]

neutrophil (Z),neutrophile ,neutrophils
血液血球白血球

特徴

  • マクロファージより貪食能が高い
  • 非特異的感染防御に関与
  • 寿命:1週間。(他の資料:1週間以内。血中で6-7時間,活性化時1-2日。)
  • 好中球比率(対白血球):50-60%。文献によっては50-70%
  • ケモカインによって走化能を示し、異物を貪食する
貪食食胞形成→proteolysis (lysosome: 約30種類)

分化・成熟

骨髄芽球:顆粒なし
  ↓
前骨髄球アズール顆粒出現
  ↓
骨髄球:好中球に特異な顆粒(ALPリゾチーム)が出現
  ↓
後骨髄球:核が分葉。細胞分裂(-)
  ↓
桿状核球:末梢血中に現れる�  ↓
  ↓
分葉核球:成熟細胞

顆粒

  • 特殊顆粒 (HIS.194)

成長とリンパ球・好中球数

PED.703
  • リンパ球数は生後1ヶ月以降に増加して6ヶ月~1年でピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • これに対して好中球は生下時にピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • 生後一ヶ月までは好中球優位であり、1ヶ月~2-6歳まではリンパ球優位となり、以降好中球優位となる。

臨床関連

末梢血好中球数1500/μl以下 、特に500/μl以下 (定義:[1])
末梢血好中球数7500/μ以上
  • 慢性肉芽腫症:NADPH酸化酵素の異常による好中球の活性酸素産生障害をきたす疾患。常染色体劣性遺伝。
  • チェディアック・東症候群:細胞内輸送蛋白(CHS1)の調節の異常により巨大顆粒の形成、殺菌性蛋白・溶菌性酵素の食胞内放出が障害され、また好中球の遊走能が低下する疾患。常染色体劣性遺伝。







前骨髄球」

  [★]

promyelocyte, promyeloblast
血球


  • 表:LAB.310(白血球一覧)


臨床関連


-promyelocyte


骨髄芽球」

  [★]

myeloblast, Mbl、Mybl
骨髄芽細胞
[[]]


  • 好酸球系、好塩基球系、好中球系のいずれかは光学顕微鏡下では区別できない


-myeloblast


顆粒球前駆細胞」

  [★]

granulocyte precursor cell
後骨髄球骨髄芽球骨髄球前骨髄球


巨大後骨髄球」

  [★]

giant metamyelocyte
巨後骨髄球
[show details]



好酸性後骨髄球」

  [★]

eosinophilic metamyelocyte
好酸球



好中性後骨髄球」

  [★]

neutrophilic metamyelocyte
好中球



骨髄」

  [★]

bone marrow (Z)
medulla ossium
骨髄組織
  • 髄腔を埋めるように存在

分類

性状

細胞成分の過少

  • 過形成
  • 正形成
  • 低形成

造血

加齢変化

  • 6歳以後は加齢とともに脂肪化が進み、黄色骨髄が増加
  • 長管骨の末端から黄色骨髄に置換されていく。成人では脊椎骨、胸骨、肋骨などで造血が起こる
  • 乏血、低酸素状態では黄色骨髄が赤色骨髄に置換され、造血ができるようになる。


骨髄球」

  [★]

myelocyte MC
血球


-myelocyte


球」

  [★]

bulbus (KH)
bulbus cerebri
延髄


  • 延髄はその膨らんだ感じから「球」とも呼ばれる




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡