後頭骨突出症候群

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

フォン・レックリングハウゼン症候群 皮膚のシミ(カフェオレ斑)と神経線維腫という皮膚の腫瘍を主症状とする疾患です。ときどき頭蓋骨にも病変が及ぶことがあり、外見の変形をきたすために、線維性骨異形成症と同様に病変部の ...
こり頭痛のページでも少しふれましたが、 首が痛い人は、後頭骨がゆがんでいる人が多いです。 後頭骨を見てみましょう。 下のイラストの赤い部分が後頭骨です。 後頭骨は後頭部にある骨です。 イラストで言いますと赤い部分のい ...

関連画像

乳幼児水頭症の頭部CT(側脳室 頬骨縮小形成術、下顎骨形成術 慶應義塾大学医学部 形成外科


★リンクテーブル★
関連記事症候群」「突出」「」「後頭骨」「突出症

症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



突出」

  [★]

protrusionextrusionoverhangprotrudeextrudeprojectprominentsalientobtrusive
オーバーハング計画顕著投射放出膨隆、目立つ、隆起投影押し出す追放卓越、追い出す、突起突出症プロジェクト
protrusion


群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


後頭骨」

  [★]

occipital bone, basiocciput
os occipitale
頭蓋





突出症」

  [★]

protrusion
突出膨隆隆起突起




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡