後頭部間欠律動性デルタ活動

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

FIRDA << 前頭部間欠律動性デルタ波 >> FIRDA(frontarl intermittent rhythmic delta activity:前頭部間欠律動性デルタ波)は一般に深部脳腫瘍の症例で覚醒時に前頭部優位に出現する間欠性の律動波(群発または連波状)です。
背景活動と優位律動 優位律動(dominant rhythm) 1) 時間的に最も多く出現する波(律動). 2) 健常成人の安静覚醒閉眼時では,後頭部優位に出現す るα波が優位律動. 3) その周波数(Hz),振幅( V),分布,左右差の有無(50%), 出現量 ...

関連画像

クロイツフェルト・ヤコブ病両側前頭極(Fp1-A1,Fp2-A2)優位 眼瞼下に電極を装着し,眼球 瞬きによるアーチファクト


★リンクテーブル★
関連記事間欠」「律動性」「律動」「活動」「頭部

間欠」

  [★]

間歇
  • 一定の時間をおいて、物事が起こったりやんだりすること
intermission


律動性」

  [★]

rhythmicityrhythmic
周期的リズム性律動的リズミック


律動」

  [★]

  • 周期的にある動きが繰り返されること。周期的な運動、またはリズム。


活動」

  [★]

activity
活性活性度活動性活量


頭部」

  [★]

headheadgroupcephalon






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡