後頭蓋窩手術

出典: meddic

posterior fossa surgery

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 6. 後頭蓋窩手術における内視鏡の導入(PS2-1 第26回微小脳神経外科解剖セミナー合同セッション「神経内視鏡手術に必要な脳神経外科微小解剖」,プレナリーセッション,脳神経外科学の課題,第32回日本脳神経外科コングレス総会)
  • 木内 博之
  • 脳神経外科ジャーナル 21(Supplement), 71, 2012-04-20
  • NAID 110009359451
  • 座位での後頭蓋窩手術において経食道心エコーで早期に空気塞栓を検出し得た1症例
  • 松木 悠佳,次田 佳代,信川 泰成,田畑 麻里,村上 剛,重見 研司
  • 日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia 31(7), 996-998, 2011-11-15
  • NAID 10030464408
  • 座位での後頭蓋窩手術において経食道心エコーで早期に空気塞栓を検出し得た1症例
  • 松木 悠佳,次田 佳代,信川 泰成,田畑 麻里,村上 剛,重見 研司
  • 日本臨床麻酔学会誌 31(7), 996-998, 2011
  •   座位手術で,経食道心エコー図法によって,早期に空気塞栓を検出できた症例を経験したので報告する.症例は44歳の男性で,座位による脳動静脈奇形摘出術が予定された.全身麻酔導入後,右内頚静脈に中心静脈カテーテルを挿入し,経食道心エコー図法のプローブを挿入した.後頭骨開頭中に経食道心エコー図で右心房内に高輝度所見があり,中心静脈カテーテルから約10m<I>l</I>の空気が吸引 …
  • NAID 130004450017

関連リンク

経験豊かな術者たちによる後頭蓋窩疾患に対するテント上・下の手術方法を紹介。日常診療での頻度は高くなく、また少し難易度が高いため敬遠されがちであるが、血管内治療や定位的放射線治療で解決できる疾患には限りがあ ...
内容紹介 経験豊かな術者たちによる後頭蓋窩疾患に対するテント上・下の手術方法を紹介。日常診療での頻度は高くなく、また少し難易度が高いため敬遠されがちであるが、血管内治療や定位的放射線治療で解決できる疾患に ...

関連画像

原理等〉


★リンクテーブル★
関連記事手術」「頭蓋窩」「後頭蓋窩」「」「頭蓋

手術」

  [★]

operationsurgeryoperate
機能外科外科学作動操作オペ外科術運用操縦外科手術施行


脳外科


心臓外科

  • ロス手術 Ross手術:小児、若年者の大動脈弁疾患。肺動脈弁で大動脈弁を置換する。


  • ブラロック・タウシグ手術 Blalock-Taussig手術:肺動脈弁閉鎖症など肺動脈流が少なくチアノーゼをきたす疾患において施行される。鎖骨下動脈と肺動脈を吻合して肺動脈血流を確保する手術。動脈血酸素飽和度の改善が期待できる。

消化器

食道


直腸

  • 直腸癌

耳鼻科

婦人科

子宮奇形

産科

  • 頚管縫縮術:頚管無力症に対して



頭蓋窩」

  [★]

cranial fossa
fossa cranii
内頭蓋底



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


後頭蓋窩」

  [★]

posterior cranial fossa
fossa cranii posterior
頭蓋窩


術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


頭蓋」

  [★]

cranium
頭蓋骨







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡