後見

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/20 10:10:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 取扱いが広がりつつある後見制度支援信託の概要 (特集 成年後見人との取引に強くなる! : 後見・保佐・補助の類型別に学ぶ適切な対応法)
  • 菱田 徳太郎
  • バンクビジネス 48(20), 26-29, 2014-10-15
  • NAID 40020212057
  • 任意後見制度を利用するお客様との取引のポイント (特集 成年後見人との取引に強くなる! : 後見・保佐・補助の類型別に学ぶ適切な対応法)
  • 成年後見人等との取引でこんなときどうする? (特集 成年後見人との取引に強くなる! : 後見・保佐・補助の類型別に学ぶ適切な対応法)

関連リンク

このサイトでは,成年後見(後見開始,保佐開始,補助開始,任意後見監督人選任)と未成年後見に関する手続をご案内しています。 なお,ここで説明しているのは,東京家庭裁判所本庁(後見センター)及び東京家庭裁判所立川支部の ...
成年後見制度 (せいねんこうけんせいど) は,大きく分けると,法定後見制度 (ほうていこうけんせいど) と 任意後見制度 (にんいこうけんせいど) の2つがあります。 また,法定後見制度 (ほうていこうけんせいど) は,「 後見 (こうけん

関連画像

 後見制度とは 関連機関への成年後見制度 | 成年後見  後見 制度 成年 後見 登記 へ成年後見制度と障害者権利条約 成年後見シンポジウム開催案内 詳しいことは社団法人成年後見


★リンクテーブル★
拡張検索成年後見制度」「成年被後見人

成年後見制度」

  [★]

参考1
  後見 保佐 補助
対象となる方 判断能力が欠けているのが通常の状態の方 判断能力が著しく不十分な方 判断能力が不十分な方
申立てをすることができる人 本人,配偶者,四親等内の親族,検察官など
市町村長(注1)
成年後見人等(成年後見人・保佐人・補助人)の同意が必要な行為 民法13条1項所定の行為(注2)(注3)(注4) 申立ての範囲内で家庭裁判所が審判で定める「特定の法律行為」(民法13条1項所定の行為の一部)(注1)(注2)(注4)
取消しが可能な行為 日常生活に関する行為以外の行為 同上(注2)(注3)(注4) 同上(注2)(注4)
成年後見人等に与えられる代理権の範囲 財産に関するすべての法律行為 申立ての範囲内で家庭裁判所が審判で定める「特定の法律行為」(注1) 同左(注1)
(注1) 本人以外の者の請求により,保佐人に代理権を与える審判をする場合,本人の同意が必要になります。補助開始の審判や補助人に同意権・代理権を与える審判をする場合も同じです。
(注2) 民法13条1項では,借金,訴訟行為,相続の承認・放棄,新築・改築・増築などの行為が挙げられています。
(注3) 家庭裁判所の審判により,民法13条1項所定の行為以外についても,同意権・取消権の範囲を広げることができます。
(注4) 日常生活に関する行為は除かれます。

参考

  • 1. 法務省
[display]http://www.moj.go.jp/MINJI/minji17.html
  • 2. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E5%B9%B4%E5%BE%8C%E8%A6%8B%E5%88%B6%E5%BA%A6


    行為の代理 行為の取消 行為の同意 障害の程度
法定後見 後見 成年後見人   日常的に必要な買い物も自分ではできず、
誰かに代ってもらう必要がある程度
保佐 補佐人 日常的に必要な買い物程度は単独でできるが、
不動産、自動車の売買や自宅の増改築、
金銭の貸し借りなど、重要な財産行為はできない程度
補助 補助人 重要な財産行為はできるかもしれないが、
できるかどうか危惧され、本人の利益のためには
誰かに代わってもらった方がよいという程度
任意後見 任意後見人 × × 現在問題ないが将来判断能力が低下した場合に備えて、
あらかじめ任意後見人と権限内容を契約する制度


成年被後見人」

  [★]

医師法成年後見制度




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡