後藤艮山

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/19 14:45:59」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

朝日日本歴史人物事典 後藤艮山の用語解説 - 江戸中期の医者。名は達,字は有成,通称左一郎,艮山は号,別号養庵。江戸常盤橋辺(東京都千代田区)生まれ。父は光長,母は梅原氏の亀。若くして儒と医を学び,貞享2(1685)年京都に移り,相国 ...
後藤艮山 艮山は古方派と呼ばれる江戸中期に興った医学革新運動の先駆者であった。ただし、古方派という呼称は彼の門人である香川修庵や山脇東洋の代になって初めて自覚をもって使われたのであって、艮山自身には革新の鼻祖 ...
千葉県山武市蓮沼漢方のあきば伝統医学クリニック院長秋葉哲生日本東洋医学会副会長 ... 後藤艮山 ごとう こんざん 後藤艮山(1659-1733)は患者に湯治をさせ、赤ガエルやカワウソ、鰻などを食して身を養うことをすすめた。

関連画像

字は尚順、堂号は杏林堂。能代 後藤艮山翁後藤艮山 ; 山脇東洋 / 後藤, 艮 後藤艮山 『日本医学史綱要1



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡