後根反射

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ネコの脊髄・延髄・脊髄反射活動電位におよぼす各種中枢興奪薬の効果
  • 原 幸男,中谷 晴昭,Ally Ahmmed,近藤 洪志
  • The journal of veterinary medical science 59(10), 911-915, 1997-10-25
  • … 脊髄ネコ標本で記録できる髄節性の脊髄反射活動電位に対して, ストリキニーネは多シナプス反射活動電位を増大し, ピクロトキシンは後根反射活動電位を抑制した. … アミノピリンは単および多シナプス反射活動電位を増大するとともに後根反射活動電位を抑制した. …
  • NAID 110003915267
  • 脊髄反射活動電位に及ぼす解熱鎮痛薬の効果 ―ことにアミノピリンの興奮作用―
  • 原 幸男,村山 智
  • 日本薬理学雑誌 100(5), 383-390, 1992
  • … 用の基盤を,脊髄ネコ標本の脊髄反射活動電位について検討し,他の2,3の解熱鎮痛薬の作用と比較した.1)アミノピリン25〜100mg/kg,i.v.で用量依存的に単及び多シナプス反射活動電位(MSR及びPSR)は増大し,後根反射活動電位(DRR)は減少した.2)ジアゼパム0.2mg/kg,i.v.はアミノピリンで減少したDRRを回復させたが,増大したMSR及びPSRには影響しなかった.3)セミカルバジド200mg/kg,i.v.前処置によりDRRを消失させた状態でもア …
  • NAID 130000760313

関連リンク

第3相:回復期の修復過程の痛み. ┏侵害受容┓→痛み情報の伝達 ┗組織損傷┛ ┏ 軸索反射による神経性炎症 ┣後根反射 ┣脊髄反射=屈曲反射=逃避反射 ┗体性交 感神経反射 →痛みの認知 →疼痛抑制系の活性化, ・炎症による痛み →生体防御行動 ...
しかも、痛覚過敏はしばしば後根が支配する体節の一部に限局している。この場合、 皮膚の痛覚過敏とともに筋肉に圧痛があって、しばしば腹壁筋の反射性収縮を伴って いる。皮膚の痛覚過敏や筋肉の圧痛は局所麻酔薬によって減弱する。 皮膚の痛覚過敏 帯を ...

関連画像

 反射や屈筋と伸筋の拮抗反射の 後根神経節というターミナルを図1:神経性炎症波脊髄後根から求心性線維が入り脊髄後根 - 图片


★リンクテーブル★
関連記事反射」「後根

反射」

  [★]

reflex
反射の一覧

反射中枢の存在レベルによる分類

構成要素からの分類

cf.原始反射

原始反射

  • 生命維持のためにする反射
  • 正常な新生児において特徴的に観察される反射的行動を総称してこう呼ぶ。

原始反射の例

  • 乳さがし反射: 口の片側を触られると、赤ん坊の頭がそちらのほうを向くという反射。
  • 吸啜反射: 赤ん坊の口の中にものを入れると、すぐにそれを吸い始めるという反射。
  • モロー反射: 赤ん坊の背中と頭を支えて仰向けにした状態で、上体を数cm上方に起こし、手で支えながら急に頭部を落下させると、両手と両足を左右対称的に外側に伸ばし、それに続いてゆっくりと抱き込むような上肢の運動が見られる反射。大きな音などで驚いたときにも見られる。
  • バビンスキー反射: 足の裏の外縁をゆっくりと踵からつま先に向かってこすることにより、母趾(おやゆび)が背屈し他の4趾が開く(開扇現象)反射。

参考(読んでおく)

[反射]





後根」

  [★]

dorsal root, posterior root
radix dorsalis, radix posterior
脊髄神経





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡