後天性巨細胞封入体病

出典: meddic

関連リンク

後天性感染は,しばしば無症候性である。CMV単核球増加症またはCMV肝炎と呼ばれる急性熱性疾患が,アミノトランスフェラーゼ値の上昇を伴う肝炎,伝染性単核球増加症と似た非定型リンパ球増加症,および脾腫を引き起こすことが ...
世界大百科事典 第2版 - 巨細胞封入体症の用語解説 - 垂直感染には二つの感染様式がある。一つは,妊婦の胎盤を通して起こる胎児感染で,この場合,新生児は無症状なものから,巨細胞封入体症として小頭症,肺炎,肝脾腫,紫斑 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事巨細胞」「封入」「封入体病」「」「細胞封入体

巨細胞」

  [★]

giant cell giant cells, gigantocyte
多核細胞合胞細胞




封入」

  [★]

inclusionencapsulationentrapmententrapenclose
被包包括包括法包接捕捉算入包含同封囲い込むカプセル封入

封入体病」

  [★]

inclusion disease
巨細胞封入体症サイトメガロウイルス感染症


病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患


細胞封入体」

  [★]

cellular inclusion
封入体細胞質内封入体




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡