後大腿皮神経

出典: meddic

posterior cutaneous nerve of thigh (M), posterior femoral cutaneous nerve (M)
nervus cutaneus femoris posterior


  • 大腿後面と膝の後面(膝窩)に分布

由来

支配

  • 大腿後面
  • 膝の後面

走行

カテゴリ

仙骨神経叢>:仙骨神経叢


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


後大腿皮神経会陰枝

  • 図:N.522

由来

  • 後大腿皮神経

支配

分布

  • おおよそ殿溝に沿って内側に進み股の付け根



和文文献

  • 肛門周囲無知覚域へ知覚皮弁を移植した仙骨部脊髄々膜瘤の1小児例
  • 牧野 駿一,松崎 茂,内田 広夫,伊東 充宏,上田 和毅,中川 雅裕,佐藤 知行,金澤 曉太郎
  • 日本小児外科学会雑誌 32(7), 1110-1114, 1996-12-20
  • … .排便管理を改善する目的で,肛門周囲無知覚域を持つ一小児例に知覚皮弁を移植したので報告する.右大腿後面で幅8cm,長さ20cm の U 字型の inferior gluteal thigh flap を作成した.この知覚皮弁は下臀動脈下行枝と後大腿皮神経により支持される.肛門縁の3分の2の皮膚を切除し,皮弁を肛門に縫着した.術後,皮弁に痛覚,触覚が保持された.血行も良く皮弁の色調に問題はない.肛門周囲に知覚域が作成され,排便管理がより容易になる …
  • NAID 110002108395

関連リンク

L4~S1→腰仙骨神経幹→下殿神経→大坐骨孔→大殿筋 ↓ ↓→+S2~3→坐骨 神経 上殿神経→大坐骨孔→大腿筋膜張筋、中殿筋、小殿筋. S1~3下殿皮神経(大殿 筋)、後大腿皮神経(大腿,下腿上部後面皮膚)、会陰枝、尾骨筋、肛門挙筋 ↑ S2~5 → ...
後大腿皮神経 (こうだいたいひ-、英:Posterior femoral cutaneous nerve) ... 第1~第 3仙骨神経から起こり、大座骨孔の梨状筋下孔を通過して小骨盤を出て、大殿筋の下縁 に至って坐骨結節と大転子との間を下行し、大腿および膝関節後面の皮膚に分布する ...

関連画像

 皮 神経痛 大腿 外側 皮 神経 は後大腿皮神経,会陰枝後大腿皮神経神経 は 腰 神経叢 と 相互 に 後大腿皮神経大腿 - 側面 - 表層筋・表層血管 上は医学書院ラングマン解剖学


★リンクテーブル★
リンク元解剖学」「仙骨神経叢」「大坐骨孔」「下肢の皮神経」「下殿皮神経
関連記事神経」「皮神経」「大腿

解剖学」

  [★]

anatomy
anatomia
体表解剖学臨床解剖学神経解剖学比較解剖学

系統解剖

運動

筋肉

部位ごとの分類

関節ごとの分類

筋の付着部

神経

部位別

上肢

体幹

下肢

下肢の皮神経

名称
陰部大腿神経大腿枝
外側大腿皮神経
大腿神経前皮枝
閉鎖神経皮枝
伏在神経
浅腓骨神経
深腓骨神経
上殿皮神経
中殿皮神経
下殿皮神経
大腿皮枝の枝
後大腿皮神経の終末枝
内側腓腹皮神経
外側腓腹皮神経
腓腹神経
外側足背皮神経

脳幹の神経解剖

血管

臓器に分布する血管

臓器 栄養血管 機能血管
動脈 静脈 動脈 静脈
食道        
       
小腸 上腸間膜動脈 上腸間膜静脈門脈    
大腸 上・下腸間膜動脈 上・下腸間膜静脈門脈    
肝臓 固有肝動脈 肝静脈下大静脈    
胆嚢 胆嚢動脈 胆嚢静脈    
膵臓        
気管        
気管支動脈 気管支静脈 肺静脈 肺動脈幹肺動脈
腎臓        
尿管        
膀胱        
脾臓 脾動脈 脾静脈    
精巣 精巣動脈 蔓状静脈叢    
卵巣 卵巣動脈 蔓状静脈叢卵巣静脈    

各体部位に分布する血管

  • 頭部
頚部


仙骨神経叢」

  [★]

sacral plexus
plexus sacralis
腰神経叢腰仙骨神経幹


仙骨神経叢

  • KL.209, 488,489
神経 L4 L5 S1 S2 S3 S4
上殿神経      
下殿神経      
後大腿皮神経      
坐骨神経  
 総腓骨神経      
 脛骨神経  
陰部神経    
骨盤内臓神経      
  • M.204,205
神経 L4 L5 S1 S2 S3 S4
上殿神経      
下殿神経      
後大腿皮神経        
坐骨神経  
陰部神経      
骨盤内臓神経      
貫通皮枝        
梨状筋       
大腿四頭筋下双子筋     
内閉鎖筋上双子筋     
肛門挙筋尾骨筋       



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


大坐骨孔」

  [★]

great sciatic foramen (N), greater sciatic foramen
foramen ischiadicum majus
小坐骨孔


  • 図:N.340
  • 腸骨の大坐骨切痕、仙結節靭帯、および仙棘靭帯により作られる
  • 骨盤腔と殿部の連絡路

ここを通る構造物 (M.327,N.522)


下肢の皮神経」

  [★]

-上殿皮神経


下殿皮神経」

  [★]

inferior clunial nerves (KH)
nervi clunium inferiores
後大腿皮神経上殿皮神経中殿皮神経
  • 図:N.485(背面図)

由来

  • 後大腿皮神経

支配

走行


神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


皮神経」

  [★]

cutaneous nerve
nervus cutaneus
神経


大腿」

  [★]

femur
os femoris
下肢下腿






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡