後充填法

出典: meddic

-アフターローディング法


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • The Development and Application of a Radiofrequency (RF) Interstitial Hyperthermia System to Prostate Cancer.
  • 内田 伸恵,加藤 博和,川口 篤哉,森山 正浩,北垣 一,笠井 俊文,浦上 慎司,井川 幹夫
  • 日本ハイパーサーミア学会誌 18(3), 143-150, 2002
  • … 組織内電極に独立してRFを供給することにより, 広範な組織を加温することが可能な多チャンネル型RF組織内加温装置を開発した.本システムは組織内刺入用電極と板状の外部電極からなる.高線量率Iridium-192後充填法式組織内照射 (Ir-192 RALS) 用アプリケータ自身を組織内電極として使用し, 電極の再刺入を必要としない低侵襲的な組織内照射・加温併用療法が施行可能である.寒天ファントム, 生体豚での加温実験を施行し, …
  • NAID 130003646623
  • 舌癌T2NO例に対する組織内照射単独と外部照射併用に関する臨床放射線学的研究
  • 小滝 卓信
  • 歯科医学 60(2), g63-g64, 1997-06-25
  • … 2) 組織内照射単独例については^<226>Ra針および^<192>Ir針を比較した場合, ^<192>Ir針(後充填法)のほうが^<226>Ra針(直接刺入)よりも2年局所制御率は高かった。 … 以上の結果から, ^<192>Ir針(後充填法)による組織内照射は舌癌T2NO例に対して局所制御率, 形態および機能温存の面で優れた治療法であることが再確認された。 …
  • NAID 110001723263
  • 舌癌に対する低線量率組織内照射治療
  • 西尾 正道,明神 美弥子,川島 和之,溝口 史樹,
  • 頭頸部腫瘍 23(3), 558-564, 1997
  • … イリジウムなどの新しい線源の開発, 後充填法による術者被爆の軽減, コンピューターによる線量計算法の確立, そして診断技術の進歩による適応小病巣の検出などにより, 小線源治療は適応が拡大し, 新展開を見せている。 …
  • NAID 130004166619

関連リンク

従来の方法に比べ、後充填法の採用で患部に小線源刺入中の放射線被ばくに気を取られることなく確実な刺入が可能となった。しかし、その半減期が短いことから少なくとも ...
... ため、適切な遮へい体の後方から遠隔操作によって小線源を移動する「遠隔操作式後充填法(RALS):Remote Afterloading System」が開発されてた。後充填法の際に良く利用されるイリジウム-192は、ヘアピン、ワイヤ、シード ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事充填」「

充填」

  [★]

packingfillingpackfill
詰める湿布充填物パッキング満たす包装詰め込みパック充満


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡