弾性縫合糸

出典: meddic

和文文献

  • VF-077-3 膵頭十二指腸切除術における陥入膵を弾性縫合糸で胃に接着固定する膵胃吻合法一104例の経験(VF ビデオフォーラム,第113回日本外科学会定期学術集会)

関連リンク

機能による分類 吸収性縫合糸 一定の期間は創部を維持する抗張強度を有し、加水分解などで経時的に吸収される。 糸の種類によって、抗張強度維持期間と吸収期間が異なる。 主な使用部位・・・消化管・筋膜・筋層・皮下組織・尿路 ...
国内で当社が初めて導入した「ポリビニリデンフルオライド縫合糸」です。 従来のポリプロピレン縫合糸に比べ「強度」「平滑性」「長期不活性による安全性」に優れており、 適度に抑えた弾性は最適な結び目を実現します。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事縫合」「弾性」「」「縫合糸

縫合」

  [★]

suture, stitch
頭蓋縫合



頭蓋骨の縫合

外科手技

参考

  • 1.
簡単に縫合を図解
[display]http://www.geocities.jp/dogcat1111122222/suture2.html

弾性」

  [★]

elasticityresilienceelastic
回復力弾力


糸」

  [★]

thread
筋道通す

縫合糸」

  [★]

surgical suture





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡