強酸中毒

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 強酸中毒の研究

関連リンク

腐食性物質(強酸および強アルカリ)を摂取すると,上部消化管組織の熱傷を起こし,時に食道または胃の穿孔を来す。症状には,流涎,嚥下障害,口痛,胸痛,胃痛などがあり,後から狭窄が現れる。診断的内視鏡が必要である。
腐食性物質(強酸やアルカリ)を飲みこむと、舌、口、食道、胃にやけどを負います。やけどは食道や胃の穿孔(穴が開く)の原因となります。穿孔した部分から食物や唾液が漏れると、胸部(縦隔炎または気腫)や腹部(腹膜炎)に ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事中毒」「」「強酸

中毒」

  [★]

poisoning, intoxication

中毒治療薬一覧

中毒の早期発見のための検査

SUB.403

重金属

有機溶剤

中毒一覧




毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン


強酸」

  [★]

[[]]
strong acid
[[]]


strong acid




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡