強迫観念

出典: meddic

obsessional idea, compulsive idea
神経質優格観念




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/13 16:15:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 阿川佐和子のこの人に会いたい(第1029回)ラジオパーソナリティ、タレント 伊集院光 生放送だと、「とにかく喋らないと!」って、強迫観念で何とかしゃべり続けられる。
  • 阿川 佐和子,伊集院 光
  • 週刊文春 56(31), 120-124, 2014-08-07
  • NAID 40020134683
  • ダンヌンツィオとパスコリのオデュッセウス像 : 詩人と教育者の立場の違い
  • 内田 健一
  • 京都産業大学論集. 人文科学系列 (47), 103-122, 2014-03
  • … 第 6 章:詩『最後の旅』(1904 年)でパスコリは,夢想を実現したいという強迫観念に取り付かれた英雄が,幾つもの幻滅を味わった末に破滅する姿を,悲哀を込めて描いた。 …
  • NAID 120005419438
  • 行動療法単独で奏効した妊娠中の強迫性障害の1例
  • 宮崎 哲治,中川 彰子,青木 省三
  • 行動療法研究 40(1), 57-66, 2014-01-31
  • … 結婚後、トイレを汚したのではないか、自分が歩いた所は汚れてしまったのではないかという強迫観念が生じ、夫や実母に何度も汚くないとの保証を要求するようになった。 … また、汚れやばい菌をまき散らしてしまうという強迫観念のため料理などの家事もできない状態であった。 …
  • NAID 110009798531

関連リンク

【2】強迫神経症の症状について その1 次に強迫神経症の症状についてすこし詳しく考えていきましょう。すこし難しいかもしれませんが、非常に大切なポイントですので覚えましょう。 強迫症状には強迫観念と強迫行為の2つに ...
強迫性障害の治療には、次の2つの療法を組み合わせるのが効果的だとされています。 認知行動療法 薬による治療 認知行動療法 再発予防効果が高い「曝露反応妨害法」が代表的な治療法です。 患者さんが強迫観念による不安に ...

関連画像

このような強迫観念と強迫行為 強迫 性 障害 で は 強迫観念 強迫観念(侵入思考  強迫観念にとらわれるかもし強迫性障害(強迫神経症)解説 強迫観念が「強迫行為をやれー


★リンクテーブル★
先読み神経質
国試過去問099A005」「102A006」「107H007
リンク元自我意識」「強迫行為
関連記事強迫」「観念

神経質」

  [★]

neuroticismnervousnessnervous
神経神経過敏心配
-ヒポコンドリー性基調


099A005」

  [★]

  • 25歳の女性。突発する動悸、めまい及び呼吸困難を主訴に来院した。症状は1か月前の運転中に起こり、その後同様の症状をたびたび経験するようになった。同時に「このまま死んでしまうかもしれない」という恐怖感に襲われるという。尿、血液および血清生化学所見に異常を認めない。心電図、胸部エックス線写真、頭部MRI及び脳波に異常を認めない。この疾患でよくみられるのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099A004]←[国試_099]→[099A006

102A006」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 102A005]←[国試_102]→[102A007

107H007」

  [★]

  • 「車を運転していて人をはねてしまったんじゃないかと思うんです。そんなことはないと分かっているんですが、どうしても気になります」という訴えから考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107H006]←[国試_107]→[107H008

自我意識」

  [★]

self-consciousness, ahankara, ego mind, ego-consciousness
内界意識


概念

参考1一部改変
  • 自我意識とは自分自身を認識する意識である(ヤスパース)
  • 1. 能動性の意識:自己の知覚、思考など心的過程は「自分が」しているという意識。
  • 2. 単一性の意識:自我が同一瞬間に一つであるという意識。
  • 3. 同一性の意識:過去と現在の自分は同一の者であるという意識。
  • 4. 外界や他人に対立する意識:自己と外界、自己と他者を区別する意識。

自我障害

参考1引用

能動意識の障害

  • 自分がしている感じがしない(離人症)
  • 自分の行動や考えが誰かに操られている(させられ体験)
  • 自分の考えが誰かに引き抜かれる(思考奪取)
  • 自分の頭に考えが入れられる(思考吹入)
  • 自分の意志に反してある観念が現れ抑えることができない(強迫観念)

単一性の意識の障害

  • 自分が二つに分裂し、自分をもう一つの自分が眺めている(二重身)
  • 自分の中の他の自分が自分の意志を邪魔する(させられ体験)
  • 狐や神が自分にのりうつった(憑依妄想)

同一性の意識の障害

  • 自分は過去の自分と全く別と感じ二つの異なった人格が別に現れる(交代、二重人格)

外界や他人に対立する意識の障害

  • 自分と外界、自分と他人の区別が不明瞭となる。恍惚状態の際に自分が神と一体と感じる。

参考

  • 1.
[display]http://www.shiraume.ac.jp/~kaneko/ego.pdf


強迫行為」

  [★]

compulsion, compulsive act
強迫強迫症状群
  • 強迫観念を中和中和しようとして行われる行為。


強迫」

  [★]

compulsion, obsession
強迫行為強迫症状群


観念」

  [★]

ideational
観念性
-表象





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡