強縮性痙攣

出典: meddic

tetanic convulsion
強縮性けいれん

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 皮質性強縮性痙攣の波及現象と脊髄断位との関係について
  • 皮質性強縮性痙攣の強度による波及現象は錐体外路系現象である

関連リンク

tetanusとは。意味や和訳。[名詞]1 〔病理〕 破傷風,テタヌス. cf. LOCKJAW2 (また tétanus bacíllus)〔細菌〕 破傷風菌.3 〔生理〕 (筋肉の)持続強縮性痙攣,強縮,強直.[語源]1398.<ラテン語<ギリシャ語 tétanos「(筋肉の)痙攣 ...
2.強縮性収縮(テタニ-): 攣縮(スパスム)とは断続的に生じるある程度持続性の筋収縮状態と定義されます。 電解質や内分泌の異常(低カルシウム血症、副甲状腺機能低下症)、ビタミンD欠乏症、アルカロ-シス(血液 ...


★リンクテーブル★
リンク元強縮性けいれん」「tetanic convulsion
関連記事痙攣」「強縮性

強縮性けいれん」

  [★]

tetanic convulsion
強縮性痙攣


tetanic convulsion」

  [★]

強縮性痙攣強縮性けいれん


痙攣」

  [★]

痙攣

(脳脊髄性)convulsionseizure、(痛性)cramp、(痙縮)spasmconvulsive
痙攣発作
筋痙攣痙縮痙直痙攣痙攣性スパスムスパズムてんかん癲癇てんかん発作腹痛発作攣縮けいれん性れん縮こむら返り腓返り筋けいれん


分類

部位

  • 全身性
  • 局所性

原因

  • 全身性

アミノ酸代謝異常で痙攣を呈さないもの

乳幼児期の精神発達遅延+痙攣

YN.J-39


参考

  • 1. 小児科診療・2009年・6号 (103)1083 けいれん


国試


強縮性」

  [★]

tetanic
強縮強直性テタヌス破傷風




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡