強磁性

出典: meddic

ferromagnetismferromagnetic
強磁性体

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/08 03:22:53」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 強磁性α-Cr2O3薄膜を用いた垂直交換バイアスと磁気異方性の変化
  • 白土 優,中谷 亮一
  • 大阪大学低温センターだより 154, 7-13, 2011-04
  • 大阪大学GCOEプログラム「構造・機能先進材料デザイン教育研究拠点」 拠点リーダー:掛下 知行(工学研究科)
  • NAID 120003204205
  • 7.強磁性体材料がプラズマ制御に及ぼす影響(<小特集>原型炉実現に向けた低放射化フェライト鋼研究開発の進展)
  • 大山 直幸,佐藤 正泰,篠原 孝司
  • プラズマ・核融合学会誌 87(3), 195-198, 2011-03-25
  • … 原型炉の炉構造材料として有力な低放射化フェライト鋼は強磁性体であるため,プラズマ生成・制御や高性能プラズマとの共存性が懸念されていた.そこで,中型トカマク装置JFT-2Mにおいて先進材料プラズマ試験(AMTEX)を実施し,強磁性体を利用したトロイダル磁場リップルの低減を実証するとともに,高性能プラズマとの整合に問題がないことを確認した.その成功を受け,トロイダル磁場リップルの低減に …
  • NAID 110008593951

関連リンク

強磁性 (きょうじせい、Ferromagnetism) とは、隣り合うスピンが同一の方向を向いて 整列し、全体として大きな磁気モーメントを持つ物質の磁性を指す。そのため、物質は 外部磁場が無くても自発磁化を持つことが出来る。 室温で強磁性を示す単体の物質は ...

関連画像

磁化および帯磁率の温度変化 強磁性体の性質 目次へ45bohrにおける反強磁性  反 強磁性 相互作用 が 効いて 強磁性状態や反強磁性状態が反強磁性の磁化率の温度依存性


★リンクテーブル★
先読みferromagnetic
リンク元ferromagnetism
拡張検索反強磁性」「反強磁性体」「強磁性体
関連記事磁性」「

ferromagnetic」

  [★]

ferromagnetism

WordNet   license wordnet

「relating to or demonstrating ferromagnetism」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「強磁性の,鉄磁性の」

ferromagnetism」

  [★]

  • 強磁性
ferromagnetic

WordNet   license wordnet

「phenomenon exhibited by materials like iron (nickel or cobalt) that become magnetized in a magnetic field and retain their magnetism when the field is removed」


反強磁性」

  [★]

antiferromagnetismantiferromagneticantiferromagnetically
反強磁性体

反強磁性体」

  [★]

antiferromagnetic
反強磁性

強磁性体」

  [★]

ferromagnetic
強磁性

磁性」

  [★]

magnetismmagnetic
磁力マグネチックマグネティック

性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡