強直性攣縮

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

... 使い方も異なるが,一般に痙攣(けいれん)発作とほぼ同意義に用いられている。全身性強直性痙攣の意味合いが強く,また小児に用いられることが多い。 [痙攣発作] 痙攣発作は筋肉の急激な不随意的収縮で,一瞬の収縮(攣縮 ...
有痛性強直性痙攣に対してはテグレト-ルが有効です。 全身こぶむがえり病に対してはステロイドパルス療法、stiff-man症候群(下記)には、血漿交換やステロイド療法、肝硬変にはタウリンが有効であったという報告も あります ...

関連画像

 強直性の攣縮がおこる病気です振幅のレンジは1mV/divLennox-Gestaut症候群の脳波(び

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
関連記事強直性」「攣縮

強直性」

  [★]

tonictetanicankylosingankylotic
強縮強縮性強精強直強直症緊張性持続性テタヌス破傷風


攣縮」

  [★]

れんしゅく
spasm
れん縮スパスム スパズム
単収縮





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡