建部清庵

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/25 16:07:10」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 建部清庵と杉田玄白の往復書簡集『和蘭医事問答』をめぐる新事実--新史料『蘭学問答』『瘍医問答』『蘭学杉建文章問答後編』を手掛かりに
  • 平野 満
  • 明治大学人文科学研究所紀要 65, 225-253[含 英語文要旨], 2009-03
  • NAID 40016734305
  • 科学史の風雲児たち(13)建部清庵--医学問答の救荒医

関連リンク

朝日日本歴史人物事典 建部清庵の用語解説 - 江戸中期の医者。陸奥国仙台支藩の一関藩(一関市)の藩医の子として生まれる。名は由正のち由朴,字は元策,号は寧静館,代々清庵を称した。仙台藩医松井寿哲に医を学び,江戸に出て修業したの ...
「建部清庵」とは - 江戸時代の医者、学者。 「解体新書」の杉田玄白と医学に関する往復書簡を交わし、のちにそのやり取りが「和蘭医事問答」という本にまとめられた。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡