幽門痙攣

出典: meddic

pylorospasm
幽門けいれん胃硬直


和文文献

  • 運動機能からみた胃の手術
  • 白鳥 常男
  • 日本消化器外科学会雑誌 17(3), 507-516, 1984-03-01
  • まず胃の正常な場合の運動において部位により運動の性質に違いがあること,迷走神経切離を加えた時には胃運動の減弱とアトニーを来すこと,また横切離を加えた時には横切離下部に蠕動運動の亢進が起こり,その亢進の起こる度合は横切離する部位によって異なることなどを解明した.この正常,迷切,横切離の三つの場合の観点から,近側胃切除術の問題点を指摘し,分節的胃切除術における幽門洞枝温存と幽門筋切離術との比較を行い, …
  • NAID 110001300122
  • 運動機能からみた胃の手術
  • 白鳥 常男
  • 日本消化器外科学会雑誌 17(3), 507-516, 1984
  • まず胃の正常な場合の運動において部位により運動の性質に違いがあること, 迷走神経切離を加えた時には胃運動の減弱とアトニーを来すこと, また横切離を加えた時には横切離下部に蠕動運動の亢進が起こり, その亢進の起こる度合は横切離する部位によって異なることなどを解明した. この正常, 迷切, 横切離の三つの場合の観点から, 近側胃切除術の問題点を指摘し, 分節的胃切除術における幽門洞枝温存と幽門筋切離術 …
  • NAID 130004340605
  • 犬の幽門痙攣様疾患に対する電気針を用いた1治験例
  • 土屋 碩夫,清水 芳明
  • 獣医畜産新報 (663), p655-658, 1976-10
  • NAID 40001678143

関連リンク

乳児にみられるものは、幽門部(胃の出口)の括約筋が肥厚し、けいれん性に収縮して幽門を狭くし、胃の内容物を十二指腸へ送り出すのをさまたげる病気である。
幽門けいれんとは、胃の出口、すなわち幽門前庭部が、けいれんを起こす病気です。この病気の原因には胃炎があげらていますが、不安、心配、苦痛などの精神的要素も、大きく作用するものと考えられています。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
先読み胃硬直
リンク元pylorospasm」「幽門けいれん
関連記事痙攣」「幽門

胃硬直」

  [★]

stomach stiffening, stiffening of the stomach


pylorospasm」

  [★]


幽門けいれん」

  [★]

pylorospasm
幽門痙攣


痙攣」

  [★]

痙攣

(脳脊髄性)convulsionseizure、(痛性)cramp、(痙縮)spasmconvulsive
痙攣発作
筋痙攣痙縮痙直痙攣痙攣性スパスムスパズムてんかん癲癇てんかん発作腹痛発作攣縮けいれん性れん縮こむら返り腓返り筋けいれん


分類

部位

  • 全身性
  • 局所性

原因

  • 全身性

アミノ酸代謝異常で痙攣を呈さないもの

乳幼児期の精神発達遅延+痙攣

YN.J-39


参考

  • 1. 小児科診療・2009年・6号 (103)1083 けいれん


国試


幽門」

  [★]

pylorus (KA,Z)
噴門幽門括約筋


  • 胃の出口で、十二指腸との移行部。
  • およそ第1腰椎の高さ。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡