幽門弁

出典: meddic

[[]]
[[]]


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 幽門弁の用語解説 - 一方,魚や動物を主食とするアビ,ペリカン,ウ,ワシタカ,フクロウ類などでは,腺胃の方が発達していて,砂囊は比較的貧弱である。砂囊と十二指腸の境には幽門弁があり,砂囊中の ...
幽門【ゆうもん】 胃の出口,すなわち十二指腸に移行する部。胃壁の輪状筋層はここで特に発達して幽門括約筋となり,腔内に突出して幽門弁をなす。胃内の食物が一定の段階まで消化されて粥(かゆ)状になると,幽門弁が開かれて ...
胃について 胃は、食道に続く噴門(ふんもん)に始まり、幽門(ゆうもん)で終わります。容積は約1200mlで、消化器官中最も膨大(ぼうだい)したフクロ状の器官です。 胃壁は内側から粘膜、筋層、漿膜(しょうまく)の3層からなり、粘膜に ...

関連画像

15 脳幽門図103 ] 胃の筋肉の縦走線維層幽門胃切除および胃形成を行うため 幽門


★リンクテーブル★
関連記事幽門

幽門」

  [★]

pylorus (KA,Z)
噴門幽門括約筋


  • 胃の出口で、十二指腸との移行部。
  • およそ第1腰椎の高さ。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡