幹細胞

出典: meddic

stem cell, stem cells
造血幹細胞

特徴

参考.1
  • 1. 多分化能:複数系統の細胞に分化できる。
  • 2. 自己複製能:細胞分裂を経ても多分化能を維持できる。
  • 3. 分化を抑制する遺伝子の発現
  • 4. テロメラーゼの発現
  • 不死細胞ではない。哺乳類の造血幹細胞では、一生の間に行う分裂は80-200回とされている?

細胞分裂の特徴

  • 分裂により2つの異なる細胞ができる:別の種類の細胞に分化したもの。同じ分化能を維持したもの。

参考

  • 1.


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/14 21:54:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Bone morphogenetic protein (BMP) シグナリングと成体脳における神経細胞新生
  • 川口 素子,柴田 亮行,小林 槇雄
  • 東京女子医科大学雑誌 81(E1), E51-E55, 2011-03-31
  • … 脳室下帯において、アストロサイト様の性質と形態を示すGFAP陽性の神経幹細胞は、神経前駆細胞に分化した後、 rostral migratory streamを通って嗅球に到達し、抑制性の介在神経細胞に分化する。 … これらの神経幹細胞や前駆細胞は、特殊な微小環境で恒常性を維持していることは知られているものの、そのメカニズムや分化を制御する機構に関しては未だ不明な点が多い。 …
  • NAID 110008439099
  • 成体脳におけるニューロン-グリア相互作用と新生ニューロンの移動制御機構
  • 金子 菜穂子
  • Nagoya medical journal 51(4), 203-209, 2011-03-01
  • There is no effective treatment for the marked neuronal damage by various insults such as ischemic stroke, neurodegenerative diseases and traumatic injury, currently. It is partly because neurons are …
  • NAID 110008151228
  • 卵膜由来間葉系幹細胞の再生医療応用を目的とした治療効果ならびに安全性に関する研究

関連リンク

幹細胞(かんさいぼう)は、複数系統の細胞に分化できる能力(多分化能)と、細胞分裂 を経ても多分化能を維持できる能力(自己複製能)を併せ持つ細胞と定義されている。 発生における細胞系譜の幹(stem)になることから名付けられた。幹細胞から生じた二 ...
胚性幹細胞(はいせいかんさいぼう、Embryonic stem cells)とは、動物の発生初期段階 ...

関連画像

多能性幹細胞の種類幹細胞美容」真的嗎? 幹 細胞 神經 幹 細胞 皮膚 幹幹細胞を分離する先端技術幹 細胞 stem cell 幹 細胞 と は 幹細胞の顕微鏡写真(200倍★骨髄間葉系幹細胞(Mesenchymal 幹細胞とはなんですか?


★リンクテーブル★
リンク元」「造血幹細胞」「表面抗原分類」「腸腺
拡張検索神経幹細胞」「末梢造血幹細胞移植」「末梢血幹細胞
関連記事細胞

胃」

  [★]

stomach (Z)
gaster, ventriculus
消化器系#上皮の移行
  • 図:KL.346(動脈)

解剖

  • 胃は以下の間膜によって連結されている。
    • 横隔膜の下面との間は胃横隔間膜
    • 脾臓との間は胃脾間膜

胃の位置

  • 噴門口:第7肋軟骨の胸骨付着部より約2cm左(T11の高さ) (KL.342)
  • 胃底:胃底の上端は左第5肋骨の高さ (KL.342)
  • 幽門:L1の高さ (KL.342)

胃の動脈


生理

胃腺の分布

2007年後期生理学授業プリント

粘膜上皮細胞 主細胞 壁細胞 副細胞
(頚粘液細胞)
腸クロム親和様細胞 D細胞 G細胞
噴門腺            
固有胃腺  
幽門腺          

HIS

部位 胃小窩 胃表面上皮細胞 主細胞 頚粘液細胞
(副細胞)
壁細胞 幹細胞 内分泌細胞
噴門部 噴門腺 浅い  
胃体部 固有胃腺 中間
幽門部 幽門腺 深い  

胃腺の移動

  • 胃底腺幽門腺の境界は移動する。
  • 年齢に伴って上昇する?らしく、これにともない胃酸の分泌が低下する。

胃液のホルモンによる分泌調節

消化管ホルモン 分泌細胞 分泌調節(+) 分泌調節(-) 作用
ヒスタミン 腸クロム親和様細胞 アセチルコリン
ガストリン
  胃酸分泌
ソマトスタチン D細胞     胃酸分泌抑制
ガストリン G細胞   胃pH低下 胃酸分泌

生理

神経支配

  • 内在神経系
  • 1.粘膜下神経叢
  • 2.筋層間神経叢
  • 外来神経系
  • 1.交感神経系
T6,7の側柱→大内臓神経(節前線維)→腹腔神経叢(節後線維)→内在神経叢内でシナプス前抑制、一部直接作用
  • 2.副交感神経系
迷走神経(節前線維)→内在神経系(アセチルコリン作動性ニューロン(興奮性)、VIP,NO作動性ニューロン(抑制性))

役割

  • 1. タンパク質の消化
  • 2. 食物の貯蔵
  • 3. 殺菌

機能

  • 1. 食物貯蔵
受け入れ弛緩(胃近位部弛緩)
  • 2. 食物混和
蠕動運動、逆移送
  • 3. 糜粥排出

受け入れ弛緩

  • 迷走神経反射。胃近位部伸展受容器→迷走神経→脳幹→迷走神経

臨床関連




造血幹細胞」

  [★]

hematopoietic stem cell, HSC
幹細胞


細胞表面マーカー

分化

  血液中 組織
造血幹細胞
hematopoietic stem cell
リンパ球幹細胞
lymphoid stem cell
T細胞
T cell
B細胞
B cell
NK細胞
natuarl killer cell
骨髄球幹細胞
myeloid stem cell
granulocyte/macrophage progenitor 好中球
neutrophil
好酸球
eosinophil
好塩基球
basophil
unknown precursor of mast cell 肥満細胞
mast cell
単球 マクロファージ
macrophage
赤芽球
erythroblast
赤血球
erythrocyte
巨核球
megakaryocyte
血小板
platelet


表面抗原分類」

  [★]

cluster of differentiation, CD
  • 細胞の表面抗原を認識する抗体を整理した分類
Bリンパ球 CD10,CD19,CD20
Tリンパ球 CD2,CD3,CD5,CD7
幹細胞 CD34
顆粒球 CD13,CD33
単球 CD14:LPSをリガンドとし、Toll-like receptorと共役して細胞内シグナルを伝達する分子。
巨核球 CD41(GpIIb),CD42(GpIb)
NK細胞CD16(IgGのFc部に対する受容体)、CD56(NCAM-I)


CD1 CD21 CD41 CD61 CD81
CD2 CD22 CD42 CD62 CD82
CD3 CD23 CD43 CD63 CD83
CD4 CD24 CD44 CD64 CD84
CD5 CD25 CD45 CD65 CD85
CD6 CD26 CD46 CD66 CD86
CD7 CD27 CD47 CD67 CD87
CD8 CD28 CD48 CD68 CD88
CD9 CD29 CD49 CD69 CD89
CD10 CD30 CD50 CD70 CD90
CD11 CD31 CD51 CD71 CD91
CD12 CD32 CD52 CD72 CD92
CD13 CD33 CD53 CD73 CD93
CD14 CD34 CD54 CD74 CD94
CD15 CD35 CD55 CD75 CD95
CD16 CD36 CD56 CD76 CD96
CD17 CD37 CD57 CD77 CD97
CD18 CD38 CD58 CD78 CD98
CD19 CD39 CD59 CD79 CD99
CD20 CD40 CD60 CD80 CD100


腸腺」

  [★]

intestinal glands (Z), intestinal gland
リーベルキューン腺
小腸腸液腸陰窩

組織

  • ブルンネル腺 Brunner's gland
  • 十二指腸のみに存在
  • HCO3-を高濃度に含むアルカリ性粘液
塩酸を含む摩粥の中和
  • 交感神経刺激によりブルンネル腺分泌が抑制される
  • リーベルキューン腺 glands of Lieberkuhn
  • 小腸の全体に分布し、開口部はリーベルキューン陰窩としてみとめられる
  • 陰窩上皮細胞(腸上皮細胞)
  • 電解質と水分を含む等張性な液を分泌
  • リガンドが陰窩上皮細胞に作用→細胞内cAMP↑→cAMP依存性Cl-チャネル活性化→
→管腔内負帯電→Na+と水分移動が管腔外に移動
  • 腸の上皮全体(陰窟だけでなく絨毛にも存在)し粘液を分泌
  • HClより腸壁を保護する

臨床関連

  • 分泌性下痢 (コレラ菌による下痢 SP.706,730)
  • コレラ毒素により細胞内のcAMP濃度が上昇する結果、腸上皮細胞が水分と電解質を分泌し続ける。その結果、激しい下痢と脱水症状を呈する。

神経幹細胞」

  [★]

neural stem cell
神経系幹細胞


末梢造血幹細胞移植」

  [★]

peripheral blood stem cell transplantation

末梢血幹細胞」

  [★]

peripheral blood stem cellPBSC


細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡