平塚共済病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 国家公務員共済組合連合会 平塚共済病院

url

理念

  • 地域の急性期対応中核医療機関として、時代、地域のニーズにマッチした高いレベルの医療を提供する。運営方針1.常にその時代、この地域のニーズに適合した病院機能の整備に努める。2.病院機能の整備にあたっては患者本位の発想を重視する。3.職員の協力と切磋琢磨により、常に高い水準の医療サービスの提供を目指す。4.患者の人権、プライバシーを尊重し、常に奉仕者としての心を忘れない。5.地域の医療機関、医療教育機関との連携を密にし、地域医療における役割を果たすべく全力を尽くす。6.健全経営を堅持するため、無駄を省き、常に効率改善に取り組む。

住所

  • 254-8502 平塚市追分9-11

診療の特徴、実績

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 0.0人

一日平均外来患者数

  • 1,099.6人

平均在院日数(一般/精神)

  • 11.1日/0.0日

年間分娩件数

  • 459件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 10件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/1回

当院の救急医療の特徴

  • 平成14年救急センターを開設し、同時に脳卒中センター(神経内科・脳神経外科)、心臓センター(循環器内科・心臓血管外科)、周産期センター(小児科・産婦人科)を設け、24時間体制で対応しており、内科系・外科系と合わせ5-7名の当直医が常時勤務している。 脳卒中センターでは手術例のほか、特にt-PA対象となる患者さんを積極的に受け入れ、心臓センターでは急性心筋梗塞に素早く対応し、心臓血管外科の緊急手術の救命率も高く、activityは高い。小児科は平塚地域の小児救急の約半分を担い、産科と協力し漸増する母胎搬送に対応している。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 64.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 13.1人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 116人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • ~人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • ~人

勤務体制

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院は平塚市の中核病院として地域医療において重要な役割を担っています。総合病院として、高度な医療を整備していくことは当然のことです。一方、在宅医療をはじめ地域の住民の医療要求に対して、柔軟に対応していくことが求められます。 初期研修1年次に何よりも大切なことは、多くの患者さんに耳を傾け、多彩な疾患を経験し、看護師及びコメディカルスタッフと協力して診療する能力、態度を磨くことです。何事もスタートが大事。視野を広げて医療の多様性を学び、医師として十分に力を発揮する場所として、当院の初期研修にチャレンジして欲しいと思います。 医師の研修に近道はありません。すべての経験が将来役に立ちます。複数の指導医体制を確保しておりますので、ぜひ一度見学に来てください。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

和文文献

  • 桂枝湯が奏効した肩関節周囲炎の1例
  • 中江 啓晴,熊谷 由紀絵,小菅 孝明
  • 日本東洋醫學雜誌 = Japanese journal of oriental medicine 62(1), 45-47, 2011-01-20
  • NAID 10027417351

関連リンク

平塚共済病院はベッド数489床を有する国家公務員共済組合連合会の総合病院です。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡