市立伊東市民病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 市立伊東市民病院

url

理念

  • 地域住民に信頼されるため思いやりの心を持ち、良質の医療を提供します

住所

  • 〒414-0054 伊東市鎌田222

診療の特徴、実績

  • 当院は平成13年、旧国立伊東温泉病院が伊東市に移譲され、(社)地域医療振興協会が指定管理を受けて公設民営方式で運営しています。地域医療振興協会の特徴である、地域医療、離島、へき地医療を充実させるべく、日本各地の協力施設とも連携し、地域医療・家庭医療が学べる研修を提供しています。地域医療や家庭医療に興味のある後期研修医も研修を行っており、伊東市介護老人保健施設みはらし(同じく地域医療振興協会の指定管理)および伊東市ならびに周辺の医療機関、福祉施設と連携した地域医療を体験できます。また、神経難病の在宅医療も行うなど、地域に密着した医療を展開しています。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 176.0人

一日平均外来患者数

  • 415.6人

平均在院日数(一般/精神)

  • 16.5日/0.0日

年間分娩件数

  • 332件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 7件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/6回

当院の救急医療の特徴

  • 伊東市唯一の急性期病院として、24時間365日対応

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 18.2人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 7.7人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 100人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 3回

当直手当

  • 有り(当直実績分(当直回数分)を支給)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 救急部門所属時は昼間・夜間の2交代制勤務になる。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 【当院研修のキーワード】地域医療、へき地医療、家庭医療、EBM、参加型研修、作りあげる研修、教育専任医師、かなり特徴的当院は、地域医療・家庭医療専門医のための臨床研修プログラムを行っています。その特徴は●各科ローテーション研修と、定期的な地域医療の視点(12軸)*にそった学習(ハーフディバック)●ローテートの切れ目で1週間、2年目に3ヶ月の地域医療研修●各科の垣根の低さと研修医の病院業務の役割の高さ●伊東市唯一の二次救急施設→地域全ての救急疾患を経験●教育専任医師・研修センターが研修をサポート、マネジメント●研修医の自由な勉強会企画当院で基礎を養い、地域医療機関で研修を行うことで逞しく成長します。病歴、身体所見、診断、治療、予後、予防もEBMの視点からも考えるトレーニングを行います。また、「その患者さん」をみる視点(NBM、PCM)を大切にしています。後期研修には地域医療専門コース(海外研修・京都大学での臨床研究研修等)、各科専門医コースがあり、全国に関連医療機関があります。*「12軸」及び研修システムの詳細はhttp://www.jadecom.or.jp/chiikinavi/をご覧ください。研修センター指導医 船越樹

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 本病院での研修を経験し私が思うこと。 当院には専門医の数が少ない分、自分から積極的に意識を持って学習・経験させてもらわないと、ただ流されるだけの研修になるおそれもあります。一方、小さい病院だけに、各科の先生や先輩レジデントに質問しやすい環境であります。また断らない、もとい「断れない」救急を経験し、さまざまな疾患の初期治療に触れることもできます。大病院と比較すると、設備やマンパワーなど不足している部分もありますが、地域の中核を担う病院で求められる医師の役割とその厳しさ、医療を支える人々の温かさを十分に感じられる病院だと思います。自分自身、その厳しさから逃げ出したくなる日々ですが、奮闘していらっしゃる上級医の先生方やコメディカルの方々、なによりこの地域の患者さんにまだ学びたいことがたくさんあります。僕は3年目、この病院に残りたいと考えています。 初期研修医二年目 伊藤 剛当院は人口7万人の伊東市で唯一の急性期病院です。そのため救急外来では1次から、3次に近い疾患の患者さんまでが来院し、想像するよりも多様な疾患を経験することができます。入院されている患者さんは急性期だけでなく、亜急性期や終末期の方も入院されており、多様な患者さんが抱えるさまざまな疾患・健康問題と触れるチャンスがあります。結果、医学的問題への学習はもちろん、必然的に包括的なアプローチや、家族・周囲へのアプローチなどを考え、学習していく研修をしていくことができます。初期研修医二年目 岩佐 紘

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/13 05:57:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • PS-174-1 進行胃癌開腹手術における膵液痩発生危険因子の検討(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)
  • 看護継続教育 : 市立伊東市民病院での取り組み (特集 多職種間連携教育)

関連リンク

公益社団法人 地域医療振興協会の運営施設、静岡県伊東市にある伊東市民病院のWEBサイトです。私たちの考えや、外来、入院、健診、求人情報などご案内いたします。
静岡県伊東市の市立伊東市民病院(読み仮名:しりついとうしみんびょういん)の詳細データ(診療科目、地図、受診の感想)の一覧です。 ... 「市立伊東市民病院」を受診した感想の外部リンク(口コミ・評判を掲載している他のサイト ...

関連画像

 協会 伊東市民病院看護師就職市立伊東市民病院 市立伊東市民病院市立伊東市民伊東市民病院 に関わる議会で


★リンクテーブル★
関連記事市民

市民」

  [★]

citizencivil
一般人国民




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡