巨細胞性修復性肉芽腫

出典: meddic

giant cell reparative granuloma


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連画像

11 骨巨細胞瘤 -病變鑒別細菌感染症好酸球性肉芽腫症アトラス骨・関節画像診断 4.骨 アトラス骨・関節画像診断 4.骨 好酸球性肉芽腫 ステロイド


★リンクテーブル★
リンク元giant cell reparative granuloma
関連記事肉芽腫」「修復」「巨細胞」「」「細胞性

giant cell reparative granuloma」

  [★] 巨細胞性修復性肉芽腫


肉芽腫」

  [★]

granuloma
肉芽腫症

分類

NDE.34

肉芽腫を形成する疾患

  • 感染症
  • 抗酸菌(結核、、らい菌)
  • 真菌(クリプトコッカス、アスペルギルス、ヒストプラズマ、ブラストミセス、コクシジオイデスなど)
  • トレポネーマ(梅毒)
  • その他の菌(ネコひっかき病など)
  • 炎症性疾患(サルコイドーシス、クローン病、血管炎・膠原病、過敏性肺臓炎など)
  • 異物(ベリリウム、バリウム、縫合糸)



修復」

  [★]

reparation
再生


定義

  • 損傷→修復→瘢痕形成
  • 再生との違いは結合組織により欠損を補う
  • 機能障害と組織変形をもたらす

修復の形

  • 瘢痕の形成
皮膚、腎臓、脾臓
  • 線維化
慢性炎症が起こった組織に起こる
結合組織が実質細胞の間に入り込む


巨細胞」

  [★]

giant cell giant cells, gigantocyte
多核細胞合胞細胞




腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


細胞性」

  [★]

cellularitycellularcell-mediated
細胞




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡