巨核球無形成

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

デジタル大辞泉 - 巨核球の用語解説 - 骨髄中にみられる、血小板を放出する細胞。直径40~100マイクロメートルと、骨髄中の細胞の中で最大。不定型の核をもち、成熟すると多数の顆粒と小胞があらわれ、分離膜が形成される。無核の ...
• A・骨髄無、低形成または巨核球 産生障害 • 骨髄幹細胞障害 : 再生不良性貧血、Fanconi症候群、骨髄腺維症、 • 腫瘍細胞などによる骨髄浸潤 : 急性白血病、多発性骨髄腫、悪性リンパ腫、癌の骨転移 • 放射線、抗癌剤など • • ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事形成」「巨核球」「巨核」「無形成

形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


巨核球」

  [★]

megakaryocyte megakaryocytes MgK MK
骨髄巨核球巨核細胞トロンボブラスト thromboblast
巨細胞




巨核」

  [★]

macronucleusmacronucleivegetative nucleusmacronuclear
栄養核大核

無形成」

  [★]

aplasia
発育不全症 hypogenesis、形成不全 hypoplasia
[[]]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡