巧緻握り

出典: meddic

関連リンク

川崎医療福祉学会誌 原 著 上肢巧緻性評価機器の開発 臨床適応の検討 福意武史 井上桂子 常久謙太郎 要 約 手の巧緻性は,スペーシング,タイミング,およびグレーディングという つの基礎的要素により
Ⅵ:全ての握りやつまみが可能となり、巧緻 性も改善し完全な伸展ができる状態。 個別の手指の運動はできるが健側に比べ正確さは劣る。 (手指の分離;各指ごとの屈伸、手指内外転) 47)片麻痺回復グレード12段階法による テスト ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡