左房負荷

出典: meddic

P波左房拡大

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高血圧患者における心電図の左房負荷は何を表しているか? : 心エコー・ドプラ法による再検討
  • 佐藤 光代,山田 博胤,楠瀬 賢也,平岡 葉月,西尾 進,河野 裕美,多田津 陽子,添木 武,赤池 雅史
  • Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学 35, 325, 2008-04-15
  • NAID 10023914876
  • 気管・気管支上皮下層の血管分布と疾患(<ミニ特集>「気管支循環・肺循環」)
  • 山田 玄,高橋 弘毅
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 28(1), 32-36, 2006-01-25
  • … 生のみられる場合は,腫瘍の周囲や表面に,拡張や蛇行を伴う新生血管を観察することが多い.非腫瘍性病変の気管支喘息やサルコイドーシスでは血管の増加がみられ,慢性気管支炎では血管の減少を観察する場合が多い.また,気管支静脈叢と肺静脈が交通しているために,左房負荷の病態では上皮下層の血管が拡張する.気管・気管支粘膜の既存構造である上皮下層の血管の変化は気道病変の病態を反映していると推定される. …
  • NAID 110004708632

関連画像

 :後位側壁梗塞、左房負荷図11:左房負荷の経年変化 ポイント〕1.左房負荷


★リンクテーブル★
国試過去問100D039
リンク元P波」「左房拡大」「左心房
関連記事負荷

100D039」

  [★]

  • 次の文を読み、39、40の問いに答えよ。
  • 58歳の男性。夜間の呼吸困難のため救急車で搬入された。
  • 現病歴: 4年前に狭心症と診断され、アスピリンと硝酸薬とを服薬していたが、半年前から中断していた。3か月前から駅の階段を昇るとき軽度の胸痛を感じていた。2日前冷汗を伴う前胸部絞扼感が数時間持続し、自宅での安静で軽快した。しかし、昨夜就寝後呼吸困難のため覚醒した。横になると呼吸困難が再発するので眠れず、午前3時に来院した。
  • 既往歴: 8年前に糖尿病を指摘された。
  • 現症: 意識は清明。身長169cm、体重75㎏。呼吸数28/分。脈拍104/分、整。血圧102/88mmHg。頸静脈の怒張を認めるが、心雑音はない。両側下肺野にcoarse cracklesを聴取する。右肋骨弓下に圧痛を認める。両側下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見: 尿所見: 蛋白1+、糖2+。血液所見: 赤血球430万、Hb14.2g/dl、Ht42%、白血球9,500、血小板30万。血清生化学所見: 血糖150mg/dl、HbA1c8.8%(基準4.3~5.8)、総蛋白7.0g/dl、尿素窒素26mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、総コレステロール224mg/dl、トリグリセライド190mg/dl、総ビリルビン0.8mg/dl、AST60単位、ALT34単位、LDH620単位(基準176~353)、CK960単位(基準10~110)、Na148mEq/l、K4.6mEq/l、Cl103mEq/l。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)96%(酸素3l/分投与下)。入院時の胸部エックス線写真と心電図とを次に示す。
  • この患者の病態の原因はどれか。


心電図

  • 異常Q波:I, aVL, V1-V3
  • 陰性T波:I, aVL, V2-V6
  • R波減高:V4-V6
  • ST上昇:V1-V4
  • 所見
心筋梗塞#心電図の異常波形と時間経過 PHD.105
ST上昇が残存

胸部単純X線写真

心筋梗塞の場合、上昇してくる生化学マーカー

  上昇してくる時間
AST 6-12時間
LDH やんわりと出てくる。
CK  (CK-MBの場合) 3-4時間
[show details] [正答]
※国試ナビ4※ 100D038]←[国試_100]→[100D040

P波」

  [★]

P wave


正常

  • 洞性Pである必要十分条件
I, II, aVF, V1V2-V6で陽性aVRで陰性
簡易的にはI, II陽性でいい
  • 幅 :<0.11秒
  • 高さ:<2.5 mm, 0.25mV
  • 電気軸:約60°

IIでは正、aVRでは負、後者はIIの逆向きと言っていいから。aVLはIIと直交しているから、振れないかあるいは2相性に振れるはず。

正常P波 心電図の読み方パーフェクトマニュアル p.27

  • II:幅3mm未満、高さ2.5mm未満
  • V1:高さ2.5mm未満、P terminal forceの絶対値0.04mm・秒未満

異常

I, II, aVF, V1-V6で陽性、aVRで陰性

I, II, aVF, V1-V6で陰性、aVRで陽性

  • 房室結節からHis束の間の自発的興奮により調律されている心拍のリズム
  • P波ば心房壁を逆行するので、陰性となる
  • 興奮の中心の位置によりP波の位置が異なる。
  • 上部接合部:QRS波に先行する。
  • 中部接合部:QRS波に重なる
  • 下部接合部:QRS波の直後、ST部、あるいはT波に重なる


左房拡大」

  [★]

left atrial enlargement
左房負荷左房

心電図の読み方パーフェクトマニュアルp.27

  • 僧帽性P:I,IIのいずれか:P波の幅:3mm以上
  • 左心性P:V1:前半陽性、後半陰性の二相性:[P terminal force]Pの陰性部分の幅(秒で計測)x深さ(mmで計測)≧0.04mm・秒 (あるいは 0.04s = 1mmのプロットならば Pの陰性部分の幅(mmで計測)x深さ(mmで計測)≧1mm2)
[P terminal force] = [Pの陰性部分の幅](秒で計測)x[深さ](mmで計測)≧0.04mm・秒
= [Pの陰性部分の幅](mmで計測)x[深さ](mmで計測)≧1mm2

僧帽性Pと左心性P 心電図の読み方パーフェクトマニュアル p.69

  • IIでは右房と左房の起電力をとらえられる(僧帽性P)のに対し、V1では左房が左後方に後方にあるが故陰性の起電力としてとらえられ2相性(左心性P)となる。

左房拡大がみられる疾患 心電図の読み方パーフェクトマニュアル p.69

  • MS, MR, 2次性(HTによるLVH, 心筋症)



左心房」

  [★]

left atrium (Z) , LA, leftatrium of heart
atrium sinistrum
左房


臨床関連

  • 左房負荷
  • 左房拡張



負荷」

  [★]

loadchargeload
荷電チャージ電荷荷重帯電負担ロード

循環器

PT.291

前負荷 preload

  • 筋肉の場合
  • 収縮開始時の筋の伸展度
  • 心臓の場合
  • 心室の拡張終期に心室にある血液量、すなわち拡張終期容量(EDV)
  • 前負荷↑
  • 原発性アルドステロン症

後負荷 afterload

  • 筋肉の場合
  • 張力を発揮する対象としての負荷
  • 心臓の場合
  • 心室から血液が駆出される大動脈の圧
  • 後負荷↑
  • 本態性高血圧




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2ダーゼン+添付文書14
3坊功婁カテーテルキット14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9下壁梗塞8
10メタロプロテイナーゼ8
11グレー症候群+小児8
12Frequency of Manual Blowdown mail8
13エストロゲン インスリン グリコーゲン7
14鶏卵大+大きさ7
15+白衣を着る理由 看護師 原著6
16プロステーシス+整形外科6
17brom+tech+心臓6
18セリンプロテイナーゼ6
19体幹ギプス固定 画像6
20視床手5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2坊功婁カテーテルキット14
3ダーゼン+添付文書14
4アイソボログラム13
5篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9グレー症候群+小児8
10メタロプロテイナーゼ8
11下壁梗塞8
12エストロゲン インスリン グリコーゲン7
13鶏卵大+大きさ7
14プロステーシス+整形外科6
15+白衣を着る理由 看護師 原著6
16体幹ギプス固定 画像6
17セリンプロテイナーゼ6
18brom+tech+心臓6
19肺動脈圧5
20ウィルヒョウの3徴候5