島状粘膜残存

出典: meddic

関連リンク

表面陥凹型(IIc型)の早期胃癌で,しばしば浅い陥凹面に認められる.浅い陥凹面の 内部に,周囲の非癌部と同じ高さで,粘膜がちょうど,島状に取り残された形態を示す ことから,わが国で作られた用語である.通常は5mm内外の大きさで,数個から十数個 認め ...
ともに比較的揃った柵状の粘膜模様を. 有することから再生性の変化であり、. 周囲粘膜 との比較から未分化腺癌に見. られる島状残存粘膜というよりは紹介. 医での生検など による機転を反映して. いると考えられた(図③左)。壁伸展. 性良好で UL(−)と判断し低 ...

関連画像

 島状粘膜残存,凹凸不整 等残存粘膜の偽ポリポーシス像治療は、骨折が軽く眼球の動き 図.9 陥凹性病変の辺縁 (資料


★リンクテーブル★
関連記事粘膜」「残存

粘膜」

  [★]

mucosa (KL), mucous membrane (KH), endometrium (Z. L-20), mucosae (Z. P-27)
tunica mucosa
粘膜固有層粘膜筋板粘膜下組織筋層


  • 消化器系、呼吸器系、泌尿器系、生殖器系

定義

  • 上皮、粘膜固有層、粘膜筋板をまとめて粘膜と呼ぶ

粘膜

粘膜下の深層にある組織


残存」

  [★]

survivalsurviveremainrelic
生存残る生着生存時間




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡