山茱萸

出典: meddic

さんしゅゆ
cornus fruitAsiatic cornelian cherry fruit
牛車腎気丸

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/23 19:32:06」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 生薬あれこれ 山茱萸
  • 平井 康昭
  • 伝統と医療 = Traditional & medicine 21(2), 1-3, 2015
  • NAID 40020478076
  • くらしの中の生薬の話(第7回)山薬,山茱萸
  • 河野 吉成
  • 伝統と医療 = Traditional & medicine 19(3), 4-8, 2013
  • NAID 40019796878
  • In Vitro Testosterone 5α-Reductase活性阻害作用を有する生薬の探索
  • 平田 規子,岡本 美保,伊藤 仁久 [他],稲葉 一訓,得永 雅士,松田 秀秋
  • 生薬學雜誌 62(2), 66-71, 2008-08-20
  • … (山茱萸), and Paeonia suffruticosa ANDR. …
  • NAID 110008729801

関連リンク

赤湯温泉山茱萸の客室をご紹介。7室だけの大人の隠れ家にようこそ。各客室にプライベート露天風呂を配した贅沢な空間。新しいスタイルのオーベルジュでゆったりとお寛ぎ下さい。
山茱萸 (さんしゅゆ) (春黄金花(はるこがねばな)) (花) 撮影日 : 2009. 3. 7 (平成21年) 撮影場所: 江戸川区 葛西臨海公園 (実) 撮影日 ...

関連画像

サンシュユ(山茱萸)【かぎけん 山茱萸韓國寫真] 山茱萸花盛開 春意 ご近所の庭に咲いてる山茱萸 山(おさなぎやま)の山茱萸 山茱萸(附图片)_中药学教材


★リンクテーブル★
リンク元肺虚」「」「八味地黄丸」「腎虚」「牛車腎気丸

肺虚」

  [★]

五臓

(漢方医学における)肺の機能

  • 1. 呼吸により宗気を摂取する
  • 2. 水穀の気の一部を赤色化し血を生成し、一部を水に転化する。
  • 3. 皮膚の機能を制御し、その防衛力を保持する。

症状

  • 呼吸困難、息切れ、胸のふさがった感じ、咳嗽、喀痰

治療

  • 方剤:
    甘草 麻黄 杏仁 大棗 生姜 細辛 半夏 陳皮 麦門冬 その他
麻黄剤 小青竜湯           桂皮芍薬五味子乾姜
麻黄附子細辛湯               附子
神秘湯           厚朴柴胡蘇葉
  麦門冬湯           人参粳米
  清肺湯       桔梗茯苓黄ごん山茱萸桑白皮当帰五味子、竹じょ、天門冬貝母


腎」

  [★]

kidneyrenal
腎性腎臓

漢方医学

機能

  • 1. 成長、発達、生殖能を維持する
  • 2. 骨、歯牙の形成と維持に関与
  • 3. 水分代謝を調節する
  • 4. 呼吸脳を維持する
  • 5. 思考力、判断力、集中力を維持する

失調

  • 症状:性欲減退、骨の退行性変化、歯芽の脱落、毛髪の脱落、夜間頻尿、浮腫、口渇、息切れ、精神運動の低下、視力・聴力の低下、不眠、四肢の冷え・ほてり、しびれ、小腹不仁
  • 治療方剤
  地黄 山茱萸 山薬 沢瀉 茯苓 牡丹皮 桂皮 附子 牛膝 車前子 特徴的な効能
八味地黄丸     四肢の冷え
六味丸         四肢のほてり
牛車腎気丸 四肢の冷え、下肢のむくみ

八味地黄丸」

  [★]

はちみじおうがん
八味丸
和漢診療学 第2版.293

生薬

病態

  • 太陰病期、虚証。腎虚 (医学辞書)
  • 太陰病期・水滞型、虚証(和漢診療学 第2版.293)

目標

八味地黄丸
  • 中年以降特に高齢者に頻用され、腰部及び下肢の脱力感・冷え・しびれ等があり、排尿の異常(特に夜間の頻尿)を訴える場合に用いる
  • 1)上腹部に比べて下腹部が軟弱無力の場合
  • 2)多尿、頻尿、乏尿、排尿痛等を伴う場合
  • 3)疲労倦怠感、腰痛、口渇等を伴う場合

適応

  • 慢性腎炎、糖尿病、陰萎、坐骨神経痛、腰痛、脚気、膀胱カタル、前立腺肥大、高血圧、浮腫、更年期障害、老人性湿疹、高齢者のかすみ目、五十肩、肩こり
  • 疲労、倦怠感激しく、尿利減少または頻数、口渇し、手足に交互に冷感のあるものの次の諸症:腎炎、糖尿病、陰萎、坐骨神経痛、腰痛、脚気、膀胱カタル、前立腺肥大、高血圧(和漢診療学 第2版.293)

鑑別


腎虚」

  [★]

  • 性欲の減退、骨の退行性変化、歯牙の脱落、毛髪の脱落、夜間頻尿、浮腫、口渇、息切れ、精神活動の低下、視力・張力の低下、不眠、四肢の冷え/ほてり、しびれ、小腹不仁など

治療方剤

  地黄 山茱萸 山薬 沢瀉 茯苓 牡丹皮 桂皮 附子 牛膝 車前子 特異的な症候
八味地黄丸     四肢の冷え
六味丸         四肢のほてり
牛車腎気丸 四肢の冷え、下肢のむくみ

牛車腎気丸」

  [★]

ごしゃじんきがん

適応

ツムラ牛車腎気丸エキス顆粒(医療用)
  • 疲れやすくて、四肢が冷えやすく尿量減少または多尿で時に口渇がある次の諸症:
  • 下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡