山梨県立中央病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 山梨県立中央病院

url

理念

  • 山梨県立中央病院の理念・私たちは、患者さんの生命と人権を尊重し、人間愛に基づいた患者さん中心の医療を行います。・私たちは、常に専門的知識と技術の向上に努め、医学の進歩に対応した、質の高い医療を提供します。・私たちは、山梨県の基幹病院としての役割を担うとともに、他の医療機関と連携して県民の医療を確保し、医療の高度化を推進します。

住所

  • 〒400-8506 甲府市富士見1丁目1番1号

診療の特徴、実績

  • 1876年(明治9年)開院の歴史を持つ。現在671床を有し、山梨県の高度医療機関として県民医療に大きく貢献するとともに、基幹災害拠点センター、エイズ拠点病院、第一種感染症指定医療機関、都道府県がん診療連携拠点病院などの公的な役割を担っている。2005年の新病院への移転に伴い、救命救急センターの拡充、総合周産期母子医療センターの新設、緩和ケア病棟の併設、病室・外来の療養環境の改善、屋上ヘリポートの設置を行い、山梨県の先進的な中核的医療機関としての機能を強化している。また、地域の医療機関との連携を進め、診療所訪問による信頼関係の醸成に努めている。なお、2004年に財団法人日本医療機能評価機構による「病院機能評価」の認定を受けている。臨床研修については、1973年より臨床研修指定病院として教育を行っている。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 540.0人

一日平均外来患者数

  • 1,067.2人

平均在院日数(一般/精神)

  • 15.9日/--

年間分娩件数

  • 757件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 12件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/1回

当院の救急医療の特徴

  • 山梨県唯一の3次救急病院であり、症例も非常に豊富である。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 22.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 9.7人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 240人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 3回

当直手当

  • 有り(20,000円/1回)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 6人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  •  当院は134年の歴史がある山梨県の基幹総合病院です。特徴は救命救急センターであり一次から三次救急まで経験できること、総合周産期母子医療センターを備えており先進的な産科・新生児医療を学べること、内科では血液疾患に対する骨髄移植を含めたすべての専門分野がそろっており豊富な症例が経験できること、外科では手術例が多いことなどです。医師全体の総人数は140名ほどで偏りがなく研修には適切な規模であることなど、当院は臨床研修にふさわしい病院といえます。たま山梨県のがん診療拠点病院やエイズ・結核など感染症診療の拠点病院となっており、研修医の皆さんも一般的医療の他に、それらの専門的医療に接することが出来ます。 さらに院内各診療科や医療職相互の連絡もよく、研修医の皆さんの相談によくのっていること、院内の勉強会が活発に行われていること、建物も新築されたばかりで快適であることなど、皆さんが研修するための環境が整っています。また病院の当直勤務は各科の専門医や救急専門医の指導の下に行われ、安心でありしかも大変勉強になると好評です。 当院は患者さん中心の医療をめざしチームワークを大切にしており、多くのクリニカルパスを採用して診療していますので、受け持ちの患者さんの診療内容の流れが大変明快に理解でき研修医の皆さんにも勉強になります。皆さんの医師としての出発点である基礎的知識を当院で学ばれるようお待ちしています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  •  1年目の研修を終えて感じた当院での研修の魅力を大きく3つ挙げます。(1) 多彩な症例を経験できる 当院は山梨県の基幹病院であり、日常診療でよく経験するようなcommon diseaseから特定疾患のような稀な症例まで多岐にわたる症例を主治医の一員として経験することができます。(2) 初期-2次・3次救急を経験できる 1年目は3次救急を2ヶ月研修する他、当院は4日に1度、甲府地区の2次救急の指定病院にもなっているため、軽傷から重傷まで広範囲の救急初期診療を一緒に泊まる救急専門医の直接の指導の下に経験できます。また内科研修中は上級医の補佐として2ヶ月に1回程度内科系日直をします。(3) 高度医療技術に触れられる 例えば内科に限っても、経皮的冠動脈インターベンション、内視鏡的手術、各種血液浄化療法、骨髄移植といった高度な医療技術に触れられ、指導医の指導の下実際に検査を施行する機会も与えてもらえます。その他、各科の連携も密であるため患者の問題点を気軽に相談でき、助言を受けられるといったところも魅力の1つであるといえます。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/04 16:11:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 24.慢性便秘とS状結腸過長を伴ったS状結腸捻転症の1例(一般演題,第40回日本小児消化管機能研究会)
  • 木村 朱里,尾花 和子,大矢知 昇,望月 仁,宮坂 芳明
  • 日本小児外科学会雑誌 47(6), 974, 2011-10-20
  • NAID 110008790704

関連リンク

糖尿病について、一緒に勉強して一緒に考えましょう。 2012.9.3, 「山梨県立中央病院 清掃業務」に係る一般競争入札について、 「山梨県立病院機構」のページに掲載しま した。 ( 詳しくはこちらをご覧ください。 ) 2012.8.31, 看護部のページを更新しました。

関連画像

山梨県立中央病院山梨県立中央病院 様山梨県立中央病院山梨県立中央病院 駐車場整備


★リンクテーブル★
関連記事中央

中央」

  [★]

センター中間中心内側内側性中央に置く中枢




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡