山口赤十字病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 綜合病院 山口赤十字病院

url

理念

  • わたしたちは、地域の皆様に、あたたかな信頼のおける医療を提供します。1.説明と同意に基づく良質で適正な医療を提供します。 2.常に医道を追求し、医療の質の向上に努めます。 3.医療に係わるあらゆる安全管理に最大の努力をします。 4.病める人々の権利の擁護に努め、プライバシーの保護に努めます。 5.医療記録を適正に管理し、原則として開示します。 6.災害時には住民の皆さまの医療救護活動に努めます。

住所

  • 〒753-8519 山口市八幡馬場53番地1

診療の特徴、実績

  • 地域の中核医療機関として急性期を中心とした診療地域がん診療連携拠点病院としてのがん診療地域周産期母子医療センターや小児救急医療拠点病院としての周産期医療や小児医療緩和ケア医療災害拠点病院としての機能

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 403.6人

一日平均外来患者数

  • 710.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 16.6日/0.0日

年間分娩件数

  • 367件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 3件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/1回

当院の救急医療の特徴

  • 当院は救急告示病院、輪番制二次救急指定病院に指定されています。一次、二次場合によっては三次までの成人及び小児救急患者を診療対象とし、全診療科にかかわる総合医療を行っています。初期治療を重視し、来院から診断・治療へと診療を進め、生命危機が考えられる場合には迅速に対応できる体制を完備しています。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科、外科、小児科

一日平均救急外来患者数

  • 16.6人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 4.2人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 64人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 4人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 上記の勤務体制については二次救急日について。一次救急日は研修医以外の当直医は1名となる。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 山口赤十字病院は県央、県北の基幹病院としてその役割を担い、年間約14万人の延べ患者がこられ、約4万人の延べがん患者を診察治療しております。総合病院として専門医が日夜診療に従事し、年間1000件以上の全身麻酔による手術を行い、がん治療では外来化学療法室を備え積極的に集学的がん治療に取り組んでいます。また緩和ケア病棟を有し、緩和医療の体制については入院、在宅部門ともに充実しています。そのほか、NICUを有し小児・周産期医療にも力を注いでいます。総合病院として内科、外科、麻酔部門をはじめ、多岐に渡る分野で専門的な指導医のもと初期研修として診断・技術の習得を得ることが出来るよう体制を整えています。臨床の現場では先ず、人間学としての資質が問われます。医師としての技術を習得し、的確な診断と治療を身につけることは先ずもって必要な条件です。しかし、十分条件は人間として挨拶ができる、人の話を聴く、思いやりの心の育成、整理、整頓、清掃、清潔に努め、チーム医療が提供でることなどを基本的に身につけなければいけません。病院の各医局は垣根が低く、綜合病院としてすべての専門の医師の力を結集して、一人ひとりの患者さんのいのちに向きあっています。研修期間中、フットワーク軽く、指導医のもとで研鑽に励んでいただけると思います。研修プログラムも個々の研修医の皆さんと個別に相談して柔軟に対応したいと思います。ぜひ、山口赤十字病院にて研修に励んでいただければと思います。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/24 12:52:49」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • P-0274 抗がん剤調製における閉鎖式器具使用と無菌製剤処理料の問題点(一般演題 ポスター発表,がん薬物療法(その他),Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
  • 俣賀 隆,木下 英樹,尼崎 正路
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 21, 227, 2011-09-09
  • NAID 110008909742

関連リンク

新着情報一覧 2013/12/03 山赤かわら版2013年12月号を掲載しました 2013/10/08 CDサークルだより 第4号を掲載しました 2013/10/02 透析センター通信 2013年 10・11・12月号を掲載しました 2013/04/10 山口赤十字病院公式キャラクター ...
山口赤十字病院案内 来院される方へ 地域医療連携室 診療科のご紹介 各部門のご紹介 病棟案内 職員募集 交通アクセス ホーム > 山口赤十字病院案内 院長挨拶 理念・基本方針 病院概要 沿革 施設基準 地域がん連携拠点病院 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡