山口県立総合医療センター

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 山口県立総合医療センター

url

理念

  • 基本理念県民の健康と生命を守るために満足度の高い医療を提供する。目標1.患者本位の医療2.良質な医療3.親切な医療4.信頼される医療5.地域に開かれた医療を提供し、県民の健康に資する

住所

  • 747-8511 防府市大字大崎77番地

診療の特徴、実績

  • 当院は、救命救急センター、ICU、CCU、早期リハビリ、人工腎臓施設、人間ドック、がん登録センターを有する県中央部の中核病院として機能を発揮しています。また、2004年12月に県内唯一の第一種感染指定医療機関に指定され、2006年1月に総合周産期母子医療センター、2010年1月に人工関節センターが開設されました。今後ますます病院機能の充実に努め、県立病院としての使命と役割を果たしていきたいと考えています。

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 447.1人

一日平均外来患者数

  • 887.4人

平均在院日数(一般/精神)

  • 16.2日/0.0日

年間分娩件数

  • 697件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 22件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/5回

当院の救急医療の特徴

  • 当院救命救急センターでは、年間約2万人の救急患者を診療しています。救急車は年間約2600台を受け入れています。対象患者は1次救急から3次救急までで、例えばCommon Diseaseから多発外傷までさまざまな症例を経験することができます。また、四肢の再接着、重傷熱傷、心大血管救急手術等の対応も可能で、各科のバックアップ体制もしっかりしています。救急専門医によるマンツーマン指導により、初期診療・トリアージの仕方、画像診断、挿管・心腹部エコー等の手技まで、救命救急の専門的知識を幅広く学ぶことができますし、他科の先生や救命士たちとのコミュニケーションをとれる機会も多々あります。救急現場では時として、現病歴よりも病態把握が優先されます。救急でしか学べないスピードを体感してください。救急配属直後から、見学的なスタンスでなく即戦力をめざした積極的な研修の場を提供します。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科/精神科/神経内科/消化器科/循環器科/小児科/外科/整形外科/形成外科/脳神経外科/心臓血管外科/小児外科/皮膚科/泌尿器科/産婦人科/眼科/耳鼻咽喉科/放射線科/歯科/歯科口腔外科/麻酔科

一日平均救急外来患者数

  • 51.3人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 7.1人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 137人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 3回

当直手当

  • 有り(1回につき20000円)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 6人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 宿直17:15-8:30/日直8:30-17:15

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 有り

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 臨床研修においては、「頭から足の先まで診る」という医療の原点に立って、病む人を総合的に診療することのできる臨床医の基礎を育成することが重要です。本院の救命救急センターには年間約2万人の救急患者が受診します。1次から3次救急まで、多種多様な救急疾患を経験できますので、臨床研修最大の目的であるプライマリ・ケアを身につけるためには大変恵まれた環境となっています。さらに専門科と綿密なタイアップがなされていますので専門的な最先端医療まで学ぶことができます。多数の急性及び慢性疾患を研修することによって、プライマリ・ケアを出発点とした臨床医の基本的な能力を身につけてほしいと思っています。本院における診療の基本的理念は1.患者本位の医療、2.良質な医療、3.親切な医療、4.信頼される医療、5.地域に開かれた医療を提供し、県民の健康に資することです。この基本理念を実践できるような臨床医に成長していただくための卒後教育に専念しております。本院は全科に渡って67名の指導医が指導に当たっており、各科をローテーションする際にはマンツーマンの指導体制をとっています。また、それとは別に年間指導医を各研修医に付け、どんなことでも相談できるような体制を作り、研修医全員が満足できる研修が受けられるよう努力しています。研修プログラムは必須科目においても出来るだけ各研修医の希望に沿ったプログラムにするよう調整しています。特に2年目の選択科目につきましては、将来の進路を意識して研修をしていただくためにも、出来るだけ柔軟性に富んだ選択が出来るよう配慮しています。本院は県内でも最大規模の基幹病院としてセンター機能、拠点病院としての役割を担っています。そのためにはより多くの若い研修医のみなさんに加わっていただき、活気にあふれた病院であることが最も重要なことと考えています。 多くの研修医の皆さんを心よりお待ちしています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 自分がこの病院を選んだ理由を述べますと、山口大学の他、自治医科大学・長崎大学等様々な出身者がいて非常に刺激になります。皆やる気があって活気があります。出身大学は全く関係ありません。症例が1次から3次まで幅広い疾患が数多く経験できます。指導体制を充実させつつも仕事をしっかりと任せてもらえるので、責任感と思考能力・判断力が養われると思います。外科では毎週3回カンファレンスがあり、実技だけに走らずロジスティックも身に付きます。やる気がある研修医が集まっていると思いますし、またそれに充分応えてくれる病院であると思います。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/17 17:25:50」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肺アスペルギルス症との鑑別に苦慮し,急性増悪をきたした肺Mycobacterium avium complex感染症の1例
  • P3-34-4 Uterine sandwich法で子宮を温存し得た常位胎盤早期剥離の1例(Group136 異常胎盤早期剥離,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)

関連画像

 |山口県立総合医療センター山口県立総合医療センター | や  |山口県立総合医療センター |山口県立総合医療センター


★リンクテーブル★
関連記事総合」「医療」「センター

総合」

  [★]

comprehensiveoverall
全体全体的包括的全体的に見て網羅的


医療」

  [★]

health caremedical care
健康管理診療保健医療ヘルスケア


センター」

  [★]

centercentre
中央中心中央に置く中枢




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡