層板骨

出典: meddic

Iamellar bone

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ウサギ前十字靭帯切除後の付着部軟骨細胞のアポトーシスとグリコサミノグリカンの減少(解剖学)
  • 服部 晋也,坂根 正孝,六崎 裕高,田中 順三,落合 直之,中島 弘美
  • The journal of veterinary medical science 69(3), 253-258, 2007-03-25
  • … を施し(切除群),左後肢には関節切開術を施した(対照群).手術後1,2,4,6週の段階で安楽死させ(各週齢5羽ずつ),CCL-脛骨複合体の切片に,HE染色,サフラニン-O染色およびTUNEL染色を施した.タイドマークの遠位端から層板骨までを石灰化軟骨層として軟骨細胞のTUNEL陽性率およびグリコサミノグリカン(GAG)面積を計測した.石灰化線維軟骨層のTUNEL陽性細胞率は術後2週(23.8%)および4週(15.9%)では切除群のほうが対照群より高く,切除群 …
  • NAID 110006241867
  • 自家骨,PRPおよβ-TCPからなる骨補填材による骨再生
  • 福岡 幸伸,永山 元彦,土井 豊
  • 岐阜歯科学会雑誌 30(特集号), 37-44, 2004-11-20
  • … 織学的に両被験者共に新生骨の再生が認められ,骨補填部位では炎症性細胞ならびに壊死組織は認められなかった.被験者1では主として骨芽細胞と骨性肉芽組織を含む類骨が認められたが,被験者2では成熟した層板骨が認められ,骨の再生は欠損形態と血液供給の状態に依存することが示唆された.免疫組織化学的な所見では被験者1においてオステオカルシンならびにTGF-βが類骨周辺の細胞(骨芽細胞)に局在していることが …
  • NAID 110004689628

関連リンク

骨組織は層板構造をとっていて、この層板を骨層板と言う。それぞれの骨層板の中の膠原線維は一定方向であるが、隣合う層板同士の膠原線維の配列方向が異なるので強度が上がる。 緻密骨の大部分の場所で、骨層板が血管を中心に ...
ハヴァース管を同心円状にとり囲む5-20層のハヴァース層板(オステオン層板)をはじめとして緻密質には4種の骨層板が存在する。 外表面に平行な ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索介在性層板骨
関連記事

介在性層板骨」

  [★]

interstitial lamellar bonL、


骨」

  [★]

bone
os
骨格






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡