尿道炎

出典: meddic

urethritis
尿道



  • 潜伏期:3-10日
  • 潜伏期:(Chlamydia trachomatis)10-14日


出典不明
男性 淋菌性尿道炎 クラミジア性尿道炎
潜伏期間 3-7日 1-3週
発症 急激 比較的緩徐
排尿中 強い 軽い
分泌物の性状 膿性 漿液性~粘液性
分泌物の量 中等量 少量~中等量


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 非淋菌性尿道炎に対するレボフロキサシンの有効性と安全性
  • 小野寺 昭一,尾上 泰彦,細部 高英
  • The Japanese journal of antibiotics 65(6), 399-409, 2012-12
  • NAID 40019543937
  • 精巣上体炎,膀胱炎,尿道炎 (特集 泌尿器科救急の実際) -- (感染症)
  • 田中 一志,藤澤 正人
  • 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine 36(13), 1780-1784, 2012-12
  • NAID 40019528096
  • 尿路感染症(尿道炎を含む)の頻用薬 (特集 泌尿器科の薬物療法 頻用薬ベスト56)

関連リンク

尿道炎とはどんな病気か. 尿道炎は主に男性尿道炎を意味し、その多くは性感染症(せ いかんせんしょう)に伴う場合がほとんどです。女性の場合は、膀胱炎(ぼうこうえん)から 炎症が波及した場合に起こり、臨床的には女性尿道炎を単独で診断することは ...
家庭医学館 尿道炎の用語解説 - [どんな病気か] 膀胱(ぼうこう)にためられた尿は、 尿道を通ってからだの外に排泄(はいせつ)されます。尿道に炎症がおこって赤くなっ たり、痛んだり、膿(うみ)が出たりするのが尿道炎です。尿道炎は薬物などによる刺激や ...

関連画像

クラミジア性尿道炎尿道炎nyoudo09.gif尿道炎 ・わかる漢方 膀胱炎・尿道炎循環器科 市川市 動脈硬化 市川 Yusen87_2


★リンクテーブル★
国試過去問095C025」「101A038」「105A055」「098D038」「103A054
リンク元血清反応陰性脊椎関節症」「尿道狭窄」「urethritis」「クラミジア性尿道炎
拡張検索非特異性尿道炎」「淋菌性尿道炎」「非淋菌性非クラミジア性尿道炎」「非淋菌性・非クラミジア性尿道炎
関連記事尿道」「

095C025」

  [★]

  • 64歳の女性。腹痛と血便とを主訴に来院した。10数年前から慢性関節リウマチのため近医に通院していた。1か月前から時々臍周囲から下腹部に痛みを覚えるようになり、今朝から激しい腹痛と血便とが出現した。体温37.6℃。脈拍96/分、整。血圧136/88mmHg。手指にスワンネック変形と尺側偏位とを認める。血液所見:赤沈102mm/1時間、赤血球320万、Hb 9.6 g/dl、Ht31%、白血球12,600(桿状核好中球12%、分葉核好中球73%、好酸球1%、単球2%、リンパ球12%)、血小板56万。CRP10.6mg/dl(基準0.3以下)、RAHAテスト2,560倍(基準40以下)。この疾患でみられるのはどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095C024]←[国試_095]→[095C026

101A038」

  [★]

  • 25歳の男性。排尿時の違和感と尿道分泌物とを主訴に来院した。2週前に性行為感染の機会があった。1週前に前医を受診し、尿道炎と診断されペニシリンの投与を受けたが、症状が改善しなかった。外陰部と前立腺とに異常を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(±)、沈渣に赤血球2~3/1視野、白血球10~20/1視野。尿沈渣のグラム染色で細菌を認めない。
  • 尿道炎の原因で最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101A037]←[国試_101]→[101A039

105A055」

  [★]

  • 25歳の男性。排尿痛と膿性尿道分泌物とを主訴に来院した。 1週前に性行為感染の機会があった。3日前から症状に気付き受診した。直腸指診で前立腺の腫大と圧痛とを認めない。尿所見:蛋白1+、糖(-)、潜血1+、沈渣に白血球多数/1視野、赤血球20-30/l視野。
  • 診断のために行う検査はどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 105A054]←[国試_105]→[105A056

098D038」

  [★]

  • 35歳の男性。悪寒戦慄を伴う39℃の発熱、頻尿および排尿時痛のため来院した。3日前から排尿時痛と会陰部不快感とがあったが放置していた。
  • 最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098D037]←[国試_098]→[098D039

103A054」

  [★]

  • 65歳の男性。昨夜からの悪寒戦慄を伴う39℃台の発熱、会陰部不快感および排尿困難を主訴に来院した。5日前から頻尿と排尿時痛とがみられたが放置していた。
  • 最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103A053]←[国試_103]→[103A055

血清反応陰性脊椎関節症」

  [★]

seronegative spondyloarthropathy SNSA
血清反応陰性関節炎 seronegative arthritis ← こちらの方がよく使われている印象がある
脊椎炎仙腸関節疾患
[show details]
  • 強直性脊椎炎:リウマトイド因子陰性で脊椎と仙腸関節が侵される疾患。HLA-B27は95%前後陽性。若年男性に好発。骨性強直をきたす。ぶどう膜炎や大動脈弁閉鎖不全症を合併しうる。
  • 乾癬性関節炎:リウマトイド因子陰性で乾癬と様々な多関節炎を呈する疾患。HLA-B27陽性が多く、性差はなく若~中年に好発。手指ではDIP関節を冒し、脊椎炎、仙腸関節炎もきたしうる。
  • Reiter症候群 反応性関節炎:泌尿生殖器(尿道炎)ではクラミジア、消化管(細菌性下痢)ではサルモネラ、赤痢菌、エルシニア、カンピロバクターによる感染後、1-3週間で関節炎を生じる。HLA-B27陽性が多い。1-3の関節(大関節に多い)が非対称性に侵され、仙腸関節炎、脊椎炎、腱付着部炎を伴う。関節炎、結膜炎、尿道炎はライター三徴と呼ばれる。


  • Crohn病:消化管のあらゆる部位に非連続性に起こる原因不明・全層性の慢性肉芽腫性炎症疾患である。10歳後半から20歳代の若年者に多く、また男性に多い。消化管外症状として関節炎、強直脊椎炎をきたしうる。
  強直性脊椎炎 反応性関節炎 乾癬性関節炎 クローン病
性差 男>女 男>女 男≧女 男=女
発症年齢 20歳以上 20歳以上 無関係 無関係
関節症状発症部位 大関節(脊椎、仙腸関節、股・肩) 大関節(膝、足) DIP関節 下肢関節
特徴 大動脈閉鎖不全
虹彩毛様体炎
房室ブロック
尿道炎
結膜炎
乾癬 腸管全層炎
HLA-27陽性率(%) 90 90 20 5?


尿道狭窄」

  [★]

urethral stricture, urethral stenosis
strictura urethrae
尿道狭窄症

原因

  • 外傷性:尿道外傷
  • 炎症性:尿道炎

治療

  • 尿道拡張法
  • 手術療法



urethritis」

  [★] 尿道炎

WordNet   license wordnet

「inflammation of the urethra; results in painful urination」


クラミジア性尿道炎」

  [★]

chlamydial urethritis
クラミジア尿道炎
尿道炎



非特異性尿道炎」

  [★]

nonspecific urethritis non-specific urethritis NSU
単純性尿道炎 simple urethritis
非淋菌性尿道炎


淋菌性尿道炎」

  [★]

gonococcal urethritis GU, gonorrheal urethritis
urethritis gonorrhoica
淋菌 Neisseria gonorrhoeae



非淋菌性非クラミジア性尿道炎」

  [★]

non-chlamydial, non-gonococcal urethritis
尿道炎


非淋菌性・非クラミジア性尿道炎」

  [★] 非淋菌性非クラミジア性尿道炎


尿道」

  [★]

urethra (Z)
膀胱尿管腎臓、男性生殖器系




  • 図:N.367

発生

部位による分類 (KL.432, M.215)

  • 1. 膀胱頚内の尿道(前立腺前部)
  • 2. 前立腺部
  • 3. 隔膜部
  • 4. 海綿体部

前立腺部

炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡