尿道外尿失禁

出典: meddic

extraurethral incontinence
尿道外失禁仮性尿失禁

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

一過性の尿失禁は出産後の女性に多く、そのほとんどは腹圧性尿失禁です。一方、持続する尿失禁は多因性の混合型です。 ・溢流性尿失禁 排尿がうまくできなくて、常に膀胱内に尿がたまってしまい、少しずつもれてしまいます。
1)腹圧性(緊張性)尿失禁 咳,笑い,クシャミ,重い物を持ったときなどのように,急に腹圧が加わった場合に起こる尿失禁のことをいいます。老婦人や多産婦にみられることが多く,女性の尿失禁のほとんどは腹圧性尿失禁によるもの ...

関連画像

コントロールは主として外尿道 腹圧性尿失禁|腹圧性尿失禁の に比べ尿道が短いうえ、外尿道 古川美保の健康体操>医学情報 尿失禁carada 病気・薬・検査で


★リンクテーブル★
リンク元仮性尿失禁
関連記事尿失禁」「尿道

仮性尿失禁」

  [★]

false incontinence
尿失禁尿道外尿失禁


尿失禁」

  [★]

incontinence
urinary incontinence
incontinentia urinae
神経因性膀胱

定義

  • 尿が無意識のうちに漏れる病態

分類

  • 真性尿失禁(狭義?) true incontinence:尿道括約筋の不全により尿の常時流出。先天異常、外傷、骨髄内手術などの合併症。
  • 緊張性尿失禁 stress incontinence:尿道括約筋の軽度不全により腹圧の上昇により少量の尿が漏れる。妊娠・分娩、運動不足。
  • 切迫性尿失禁 urge incontinence:膀胱過敏状態/橋での脱抑制/オヌフ核への異常経路の形成により強い尿意を有して耐えきれず尿流出。膀胱炎、神経因性膀胱(求心路(+)。大脳~橋 or 橋~仙髄の障害)。
  • 反射性尿失禁 reflex incontinence:オヌフ核への異常経路の形成により強い尿意を有して耐えきれず尿流出。神経因性膀胱(求心路(-)。橋~仙髄の障害)。
  • 溢流性尿失禁 overflow incontinence:慢性尿閉で残尿が大量となり、膀胱内圧が上昇し、尿道内圧より高くなった場合に尿が流出。前立腺肥大症、高度尿道狭窄、神経因性膀胱。


参考

  • 1. 高齢者尿失禁ガイドライン
[display]http://www.ncgg.go.jp/hospital/pdf/sec16/guidelines.pdf
  • 2. 高齢者排尿管理マニュアル 尿失禁・排尿困難
[display]http://www.pref.aichi.jp/korei/Zaitaku/hainyo/hainyomanual.pdf



尿道」

  [★]

urethra (Z)
膀胱尿管腎臓男性生殖器系




  • 図:N.367

発生

部位による分類 (KL.432, M.215)

  • 1. 膀胱頚内の尿道(前立腺前部)
  • 2. 前立腺部
  • 3. 隔膜部
  • 4. 海綿体部

前立腺部



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡