尿道出血

出典: meddic

urethral hemorrhage

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 診断に苦慮したミュンヒハウゼン症候群患者の尿道自傷の1例
  • 福原 慎一郎,川村 憲彦,角田 洋一 [他]
  • 泌尿器科紀要 53(11), 829-831, 2007-11
  • … 失神する場所が常に個室トイレであること, バルーンカテーテル留置中は尿道出血だけでなく失神発作も起こさないこと, 明らかな原因疾患がないことより, 自慰行為を含めた自傷行為が強く疑われた。 …
  • NAID 120001177943
  • 尿道カテーテルによる尿道出血と持続性勃起症に対して動脈塞栓術をした1例

関連リンク

出始めだけ血尿が出る場合 出始めだけ血尿が出るとうのは、膀胱の中にたまっている尿がきれいな証拠です。ということは、膀胱よりも下にある尿道と、前立腺の部分から出血しているということが分かります。 この症状の病気 ...
尿道の外傷の多くは男性に起こります。よくある原因として、骨盤骨折や、何かにまたがったために起こる損傷(股間の部分の損傷)などがあります。また、尿道への外科的な処置の実施中や、膀胱カテーテル法や膀胱鏡検査(柔軟な ...
尿道損傷とはどんな外傷か 女性ではまれですが、男性では多く発生し、泌尿器外傷の約50%にみられるとされています。部位によって、前部尿道損傷(球部、振子部)、後部尿道損傷(膜様部)に分けられています。 このうち球部 ...

関連画像

女性尿道出血怎么办生殖器疾患(尿道炎、夢精、最もスタンダードな経尿道的男性尿道出血尿道尿出血是怎么回事男性尿道出血怎么回事


★リンクテーブル★
国試過去問106D039
関連記事尿道」「」「出血

106D039」

  [★]

  • 78歳の男性。胃癌に対する胃切除術のため入院中である。術後2日、深夜に尿道カテーテルを自己抜去し、尿道出血を認めた。意識は清明。身長163cm、体重63kg。脈拍96/分、整。血圧130/70mmHg。下腹部は小児頭大に膨隆している。直腸指診で鶏卵大前立腺を触知する。血液所見:赤血球377万、 Hb 10.2g/dl、Ht33%、白血球10,200、血小板23万。血液生化学所見:尿素窒素22mg/dl、クレアチニン1.4mg/dl。腹部超音波検査では、膀胱は多量の尿で拡張し、前立腺は腫大していた。尿道カテーテルは再挿入できなかった。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106D038]←[国試_106]→[106D040

尿道」

  [★]

urethra (Z)
膀胱尿管腎臓、男性生殖器系




  • 図:N.367

発生

部位による分類 (KL.432, M.215)

  • 1. 膀胱頚内の尿道(前立腺前部)
  • 2. 前立腺部
  • 3. 隔膜部
  • 4. 海綿体部

前立腺部

血」

  [★]

blood, (漢方)blood and body fluid energy
血液血中


出血」

  [★]

hemorrhage, bleeding
出血量





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3