尿路結核

出典: meddic

tuberculosis of urinary tract, urinary tract tuberculosis
腎結核



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腎摘出後に尿管断端炎を来たした腎結核の1例
  • 平田 武志,大橋 洋三
  • 西日本泌尿器科 73(11), 624-627, 2011-11-20
  • NAID 10030440334
  • 尿路結核治療後に非結核性抗酸菌が尿から分離された1例
  • 前鼻 健志,高橋 聡,広部 恵美 他
  • 泌尿器科紀要 54(11), 741-743, 2008-11-00
  • … 以上より, 本症例は尿路結核と診断され, Isoniazid, rifampicin等4剤による治療を6ヵ月間施行した結果, 自覚症状と膿尿は消失し, 尿中結核菌PCR検査も陰性となった。 … fortuitumに対する抗結核薬の薬剤感受性試験では全てが耐性で, 尿路結核治療後は左不完全重複腎盂尿管のうち上方腎盂の形態は正常化したが, 下方腎盂の拡張は改善しなかった。 …
  • NAID 120001178128
  • 腎盂外溢流を契機に発見された尿路結核の1例
  • 山本 恭代,神田 光則,坂巻 浩太郎,井上 善雄
  • 西日本泌尿器科 70(10), 535-537, 2008-10-20
  • NAID 10026146523

関連リンク

尿路結核の症状(頻尿・排尿痛・膿尿/黄白色混濁尿・血膿尿・腰背部痛・発熱など)、尿路結核の検査(尿沈渣・白血球・X線検査・尿路造影など)、尿路結核の治療(抗結核薬・食事・安静)|尿路結核/尿と病気
症状 腎尿路結核(じんにょうろけっかく)では痛みを伴わない膿尿と微熱を発症します。細菌は尿中において見られませんが、白濁と白血球が多数排出されています。 原因 肺結核の既往があり、その結核菌が腎臓に達することが原因 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問096H044
リンク元無菌性膿尿」「腎結核
関連記事結核」「尿路」「

096H044」

  [★]

  • 尿路結核について正しいのはどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096H043]←[国試_096]→[096H045

無菌性膿尿」

  [★]

abacterial pyuria, sterile pyuria
無菌膿尿
結核性膀胱炎混濁尿尿路結核膿尿

概念

  • 一般細菌がみられない膿尿
  • 川崎病で見られることがある。



腎結核」

  [★]

renal tuberculosis
結核性腎炎
腎臓結核尿路結核



結核」

  [★]

tuberculosis, TB
結核症
結核菌 Mycobacterium tuberculosis抗結核薬
肺結核腸結核脳結核腫
  • 感染予防学 080423I,II
  • first aid step1 2006 p.135,137,143,162,172,173,181
Pott's disease = vertebral tuberculosis. constrictive pericarditis = tuberculosis

概念

病原菌

疫学

  • 罹患率は男性の方が多い。

平成21年

参考3
  • 結核患者の発生は未だ2万4千人以上である。結核罹患率は引き続き減少傾向にあるが、減少率は2%台と低い。
新登録結核患者数 24,170人
罹患率(人口10万人対の新登録結核患者数) 19.0 (対前年比0.4減)
  • 80歳以上の結核罹患率は横ばいないし増加し、70歳以上の高齢結核患者は新登録結核患者の半数以上となった。
80歳以上の罹患率 88.3 (H20 87.6、H19 90.5、H18 93.0)
70歳以上の新登録結核患者の占める割合 50.1%(H20 48.9%、H19 47.9%、H18 47.0%)
  • 世界的に見て、日本は依然として結核中まん延国である。
日本の罹患率(19.0)は、米国(4.3)の4.4倍、カナダ(4.7)の4.0倍、スウェーデン(5.4)の3.5倍、オーストラリア(5.5)の3.5倍。

感染の型

SPU.178

一次感染

  • 初感染患者に形成される初期変化群の増悪による病変:全身性血行性散布(粟粒結核など)、肺原発巣の空洞化、リンパ節の穿孔による吸引性結核性肺炎、結核性胸膜炎

二次感染

  • 初感染から長期間を経て発症するもの

症状

結核の皮膚病変

検査

  • 「喀痰の抗酸菌検査では1日1回、連続して3日間検査することが推奨されている。抗酸菌検査では通常、塗抹検査と培養検査の2項目をオーダーするが、結核の疑いが強い場合には、健康保険診療上、結核菌核酸増幅法検査を1回行うことができる。」(ガイドライン1より引用)

診断

  • 結核菌の診断を行う上では、あくまでも細菌学的検査(塗沫検査、培養検査)によることが原則である。(IRE.1034)
  • 結核の疑いが強い場合にはPCR法により確定して、直ちに保健所に届けるのがよい。

治療

  • 標準治療法:最初2ヶ月間4剤、次の4ヶ月間2-3剤の計6ヶ月間の治療
  • 例:INH,RFP,EB,PZAで2ヶ月間(bactericidal phase) → INH,RFP(,EB)で4ヶ月間(continuation phase)
  • 多剤耐性結核菌:少なくともINHとRFPに同時耐性を示す菌株

2009年に厚生労働省告示

  • A法
  • ピラジナミド(PZA)を使用できる場合には、まずイソニアジド(INH)、リファンピシン(RFP)およびPZAにストレプトマイシン(SM)またはエタンブトール(EB)を加えた4剤併用療法を2カ月間行い、その後INHおよびRFPの2剤併用療法を4剤併用療法開始時から6カ月を経過するまで行う。
  • B法
  • PZAを使用できない場合には、まずINHおよびRFPの2剤にSMまたはEBを加えてた3剤併用療法を2ないし6ヵ月間行い、その後INHおよびRFPの2剤併用療法を3剤併用療法開始時から9ヶ月を経過するまでに行う。INHまたはRFPを使用できない場合、症状が著しく重い場合、治療開始から2カ月を経ても結核菌培養検査陽性の場合、糖尿病、じん肺、HIV感染症等の疾患を合併する場合、または副腎皮質ホルモン剤を免疫抑制剤を長期にわたり使用している場合、などでは治療期間を3ヵ月間延長できる。

薬物療法:抗結核薬

感染経路

公衆衛生

参考

  • 1. 日本結核病学会
[display]http://www.kekkaku.gr.jp
  • 2. 共益財団法人結核予防学会
[display]http://www.jatahq.org/about_tb/index.html
  • 3. 結核登録者情報調査【平成18年まで結核発生動向調査】|厚生労働省
[display]http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/kekkaku_tourokusya.html

ガイドライン

  • 1. 結核診療ガイドライン(の要点抜粋) 山岸文雄 独立行政法人国立病院機構千葉東病院 病院長
[display]http://www.kekkaku.gr.jp/ga/ga-59.htm

国試




尿路」

  [★]

urinary tracturinary systemurinary passage
尿路系泌尿器泌尿器系


核」

  [★]

nucleus, nuclei
細胞核
細胞




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡