尿細管萎縮

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 回復期に高K血症を来し, 高度の糸球体硬化・尿細管萎縮を呈したHUSの1例
  • 古江 健樹,大田 敏之,須藤 哲史,小野 浩明,木下 義久,坂野 堯
  • 日本小児腎不全学会雑誌 : 小児腎不全研究会記事 28, 218-220, 2008-08-31
  • NAID 10025701856
  • ネフローゼ症候群における尿中卵円形脂肪体の特徴と意義
  • 川辺 民昭,黒木 登美子,三宅 秀一,古市 佳也,金岡 明博,浦田 洋二,鷹巣 晃昌
  • 日本臨床細胞学会雑誌 44(2), 49-55, 2005-03-22
  • NAID 110001234917
  • 小児ネフローゼ症候群シクロスポリン投与剤にみられた腎障害
  • 秋岡 祐子,山口 裕,長田 道夫,伊藤 克己
  • 日本小児腎臓病学会雑誌 8(1), 15-20, 1995
  • … 病変の内訳はボーマン嚢壁の肥厚とともに,尿細管萎縮とそれに伴う縞状の間質線維化を2例 (FGS,MCNS) に,細動脈病変を2例 (投与期間の長い) に認めた。 …
  • NAID 130000145769

関連リンク

CTINにおいては,糸球体は正常から完全な破壊まで様々である。尿細管は消失または萎縮している。尿細管管腔の直径は様々であるが,均一な円柱を伴う著明な拡張を示す場合がある。間質は様々な程度の炎症細胞と線維化が認められる。
の萎縮は非対称性である.こ のことは対称性の びまん性腎萎縮を呈する糸球体疾患との鑑別点 となる.組 織的には間質の線維化と,リ ンパ球 や単球を主とした慢性炎症細胞浸潤が認められ る.尿細管は萎縮あるいは消失や破壊が見られ,

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事萎縮」「細管

萎縮」

  [★]

atrophy
atrophia
退縮肥大過形成

概念

  • 正常の大きさに発育・分化した臓器・組織・細胞が二次的に縮小し、体積を減ずること。 ⇔aplasia hypoplasia


細管」

  [★]

canaliculuscanaliculitubule
小管尿細管




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡