尿細管最大輸送量制限性再吸収

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

体液量は、体内のNa+量により決定されるので、食餌からのNa+の摂取量、尿中からの Na+の再吸収量(尿中排泄量)は、血圧に影響する。 PGE2は、Na+と水を排泄させる。 H+が、1ケ排泄される毎に、Na+が1ケと、HCO3-が1ケ、尿細管細胞内に、取り込ま れる(再吸収される)。 高血圧は、食 ... 近位尿細管 Na+は、尿細管腔の原尿中から、 Na/H交換輸送体や、SGLT(Na+-ブドウ糖共輸送体)により、細胞内に取り込まれる(注 1)。
体内のNa量が低下すると、尿細管でのNa+再吸収が増加し、尿中Na+排泄量が減少 する。 .... 中に移すと、えら(鰓)の塩類細胞のミトコンドリアが発達して、体内の塩類を 能動輸送で排泄するようになり、腎臓で水を再吸収する量が増加して、尿量が減少する 。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事最大」「再吸収」「吸収」「細管

最大」

  [★]

maximummaximamaximallargestutmostmaximally
極限極大最大限最大値

再吸収」

  [★]

resorptionreabsorptionresorbreabsorb
吸収尿細管再吸収



吸収」

  [★]

absorption


  • 水分は小腸で80-90%、大腸で10-20%吸収される (YN.A-12)


細管」

  [★]

canaliculuscanaliculitubule
小管尿細管




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡