尿細管性タンパク

出典: meddic

和文文献

関連リンク

尿細管性 蛋白尿:正常では分子量4万以下の中、小分子量の蛋白は糸球体から濾過されて尿細管で再吸収・代謝を受けています。薬剤や重金属中毒、間質性腎炎などで尿細管が障害されると中、小分子量蛋白主体の蛋白尿が ...
病気からくるタンパク尿 腎前性タンパク尿: Bence Jonesタンパク尿→骨髄腫 ヘモグロビン尿 →薬物・不適合輸血・溶血性貧血・血色素尿症 ミオグロビン尿→圧挫症候群。 腎性タンパク尿: 糸球体性タンパク尿 尿細管性タンパク尿

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
関連記事細管」「

細管」

  [★]

canaliculuscanaliculitubule
小管尿細管


性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡