尿細管分泌

出典: meddic

tubular secretion
尿細管


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腎機能障害患者における抗がん薬の薬物動態,抗がん薬による腎機能障害 (特集 薬剤性腎障害のとらえ方)
  • 藤田 健一
  • 月刊薬事 = The pharmaceuticals monthly 55(13), 2341-2345, 2013-12
  • NAID 40019892419
  • 腎薬物トランスポーターと薬剤応答性 (第1土曜特集 トランスポーターと疾患研究の最前線) -- (薬剤応答性とトランスポーター)
  • 増田 智先,松原 和夫
  • 医学のあゆみ 245(1), 101-107, 2013-04-06
  • NAID 40019623594
  • 薬物トランスポーターによる細胞内からの排出輸送過程における薬物相互作用の評価
  • 楠原 洋之
  • 日本毒性学会学術年会 40.1(0), 1023, 2013
  • … 肝胆系輸送や腎尿細管分泌において、組織内への取り込みおよび胆汁・尿中への排出の両輸送過程にトランスポーターが関連する場合、取り込み過程の相互作用は血漿中濃度の強く影響を与えるのに対して、排出過程における相互作用が血液中に与える影響は、薬物の律速段階に依存する。 … カチオン性薬物n腎尿細管分泌において、こうした事例を見いだした。 …
  • NAID 130004676557

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 尿細管分泌の用語解説 - 体液量が減少してアルドステロンの分泌が増加すると,遠位細尿管,集合管でのNa+の再吸収が増加し,Na+の体内保有量がまし,体液量とくに細胞外液量を正常にもどすように働く。
一方、塩基性薬物の尿細管分泌には上皮刷子縁のPー糖蛋白質が関与し、キニジン、ベラパミル、アミオダロンなどがジゴキシンの尿細管分泌を阻害し血中濃度を増加させる事例が知られている 。 表6には尿細管分泌における薬物 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
拡張検索尿細管分泌極量
関連記事細管」「分泌

尿細管分泌極量」

  [★]

secretory tubular transport maximum, secretory Tm
最大尿細管分泌能力, tubular transport maximum Tm


細管」

  [★]

canaliculuscanaliculitubule
小管尿細管


分泌」

  [★]

secretion







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡