尿管筋電図

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 経皮的腎盂尿管切開術後の尿管機能に関する実験的検討
  • 佐藤 良延
  • 日本泌尿器科學會雜誌 86(12), 1735-1744, 1995-12-20
  • … (対象と方法) 雑種成犬の上部尿管に縦切開を加え, 切開部は縫合せず, スプリントカテーテルを4週間留置した.縦切開後5週, 12週, 24週で再開腹し, 腎瘻を造設して生理食塩水を注入しながら切開部の尿管筋電図を導出し, 同時に尿ボーラス量を測定した.また, 尿管壁の柔軟性を検討するために切開部尿管のコンプライアンスを測定した.縦切開未施行の成犬においても同様の測定実験を施行し, これをコントロールとした.さ …
  • NAID 110003088674
  • 正常および水腎症ラットにおける尿管筋電図
  • 濱田 彰子 [他],菊川 馨一郎,鈴木 勝士,本好 茂一
  • 日本獣医学雑誌 51(5), 1087-1090, 1989-10-15
  • 遺伝的に水腎症を発症するラットにおいて, 尿管の筋電図を吸引電極法により, 腎孟側(p), 中央部(m)および膀胱側(d)の3部位で同時記録した. 水腎症側の尿管では腎孟側の放電の振幅が小さく, p→m→dにおいて必ずしも1:1:1の割合で伝播しなかったことから, 尿管の尿輸送機能の低下が腎孟尿の貯留を進行させる可能性が示唆された.
  • NAID 110003918106

関連リンク

4{}9土 雷・木村:Uremetry,Cystometryお よび尿管筋電図の同時誘導法 燈橘唄ω3〃〃7銀線)導 線 \湘 ・5・吻 ・ 轡29-Schlinge魏 環状双極誘導々子 ナイロンSchlingeを 引くとSchlingeの 導子より外に出ている部が引かれ,eXの 間の導子の部
152 土田・ほか:P201・イヌ尿管筋電図 藤灘藤樋難嚇斡轍麟 ”, ’1 一/ T・’U’T”J” ’一一” ” ” ’”Tr’” ’ ”””’ ’” ’ 一 ・ rT 伽・[戒一二 .一添に :戴、赫→1廟 ...

関連画像

泌尿器科の検査について天童大学病院・・・オーナーは 当院の主な設備、医療機器泌尿器科 内科 血液透析の吉江


★リンクテーブル★
関連記事尿管」「筋電図」「

尿管」

  [★]

ureter (Z)
輸尿管
腎臓膀胱尿道



  • 図:M.173(体表解剖)
男性 女性
前面 N.327 N.328
上面 N.350 N.349、351、354、355

神経 (KL.402)

腎盂と同じ

自律神経

求心性線維

  • 交感神経と共に走行 → L1, L2へ

生理的狭窄部 (KH.176|KL.401)

  1. 腎管から尿管に移行する部分
  2. 尿管が総腸骨動脈と交叉する部分
  3. 膀胱壁の中を通過する部分

走行(男性)

走行(女性)

  • 骨盤側壁から前内方に向かい、子宮頚と膣円蓋の約2cm外側で子宮動脈と交叉(KL.402)
  • 子宮広間膜後葉に沿って、子宮動静脈の下をくぐるように走行し、基靭帯の上部をかすめ膀胱子宮靭帯の前層と後層の間を貫いて膀胱に入る(G9M.191)
図:G9M.191 N.349

発生

  • 中腎管から尿管芽として発生。腎臓の上昇につれて尿管の開口部が上昇する
  • 胎生第3ヶ月に尿道前立腺部の上皮が増殖して周囲の間質に広がり前立腺を形成する (L.301) ⇔ 中腎管からは精管精嚢

組織 HIS.388

  • 直径3-4、長さ25-30cm
  • 粘膜・筋層、外膜
  • 粘膜:移行上皮、基底板、粘膜固有層(密不規則性結合組織)
  • 筋層:(上位2/3)内筋層、外筋層、(下位1/3)内筋層、中筋層、外筋層 ⇔消化器系では内側が

臨床関連

  • 生理的狭窄部には尿管結石が引っかかりやすく、臨床的に重要(尿管結石)
  • 女性の場合、骨盤部での尿管の走行は重要




筋電図」

  [★]

electromyography, electromyogram, EMG
誘発筋電図筋電図検査
  • 弛緩時でも基底活動が見られる。これは麻痺、麻酔、睡眠時にのみ消失する (M.23)

種類



図」

  [★]

figureplateplotdiagramdrawingfig
シャーレ図示板状プレートプロット図表蒔くイチジク




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡