尿管ヘルニア

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 尿管ヘルニアの1例 : 第168回東海地方会
  • 伊藤 正也,杉山 寿一,加藤 範夫
  • 日本泌尿器科學會雜誌 82(2), 341-342, 1991-02-20
  • NAID 110003093673

関連リンク

検索 すべて CiNiiに本文あり CiNiiに本文あり、または連携サービスへのリンクあり 論文名 著者名 著者所属 刊行物名 ISSN 巻 号 ページ 出版者 参考文献 出版年 年から 年まで すべて CiNiiに本文あり CiNiiに本文あり、または連携サービスへ ...
した尿管坐骨孔ヘルニアの一例.泌外 18:81, 2005 7)岡田日佳,中村義雄,保井明泰:坐骨ヘルニアを 合併し両側陰嚢腫大を呈したCAPDの一例.西日 泌 59(増):141,1997 8)松尾亮太,堀江 徹,平野 宏ほか:腸閉塞で発 ...
文献「尿管坐骨ヘルニアの1例」の詳細情報です。J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。またJST内外の良質なコンテンツへ ...

関連画像

歳なんとも結晶のような 順天堂大学医学部附属順天堂 骨・筋肉・関節の病気】腰部


★リンクテーブル★
関連記事尿管」「ヘルニア」「

尿管」

  [★]

ureter (Z)
輸尿管
腎臓膀胱尿道



  • 図:M.173(体表解剖)
男性 女性
前面 N.327 N.328
上面 N.350 N.349、351、354、355

神経 (KL.402)

腎盂と同じ

自律神経

求心性線維

  • 交感神経と共に走行 → L1, L2へ

生理的狭窄部 (KH.176|KL.401)

  1. 腎管から尿管に移行する部分
  2. 尿管が総腸骨動脈と交叉する部分
  3. 膀胱壁の中を通過する部分

走行(男性)

走行(女性)

  • 骨盤側壁から前内方に向かい、子宮頚と膣円蓋の約2cm外側で子宮動脈と交叉(KL.402)
  • 子宮広間膜後葉に沿って、子宮動静脈の下をくぐるように走行し、基靭帯の上部をかすめ膀胱子宮靭帯の前層と後層の間を貫いて膀胱に入る(G9M.191)
図:G9M.191 N.349

発生

  • 中腎管から尿管芽として発生。腎臓の上昇につれて尿管の開口部が上昇する
  • 胎生第3ヶ月に尿道前立腺部の上皮が増殖して周囲の間質に広がり前立腺を形成する (L.301) ⇔ 中腎管からは精管精嚢

組織 HIS.388

  • 直径3-4、長さ25-30cm
  • 粘膜・筋層、外膜
  • 粘膜:移行上皮、基底板、粘膜固有層(密不規則性結合組織)
  • 筋層:(上位2/3)内筋層、外筋層、(下位1/3)内筋層、中筋層、外筋層 ⇔消化器系では内側が

臨床関連

  • 生理的狭窄部には尿管結石が引っかかりやすく、臨床的に重要(尿管結石)
  • 女性の場合、骨盤部での尿管の走行は重要




ヘルニア」

  [★]

hernia
脱腸
真性ヘルニア true hernia


  • 鼡径部ヘルニア


管」

  [★]

ducttubecanalpipe
ductusvasmeatus
水路チューブ導管道管卵管





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡