尿管

出典: meddic

ureter (Z)
輸尿管
腎臓膀胱尿道




  • 図:M.173(体表解剖)
男性 女性
前面 N.327 N.328
上面 N.350 N.349、351、354、355

神経 (KL.402)

腎盂と同じ

自律神経

求心性線維

  • 交感神経と共に走行 → L1, L2へ

生理的狭窄部 (KH.176|KL.401)

  1. 腎管から尿管に移行する部分
  2. 尿管が総腸骨動脈と交叉する部分
  3. 膀胱壁の中を通過する部分

走行(男性)

走行(女性)

  • 骨盤側壁から前内方に向かい、子宮頚と膣円蓋の約2cm外側で子宮動脈と交叉(KL.402)
  • 子宮広間膜後葉に沿って、子宮動静脈の下をくぐるように走行し、基靭帯の上部をかすめ膀胱子宮靭帯の前層と後層の間を貫いて膀胱に入る(G9M.191)
図:G9M.191 N.349

発生

  • 中腎管から尿管芽として発生。腎臓の上昇につれて尿管の開口部が上昇する
  • 胎生第3ヶ月に尿道前立腺部の上皮が増殖して周囲の間質に広がり前立腺を形成する (L.301) ⇔ 中腎管からは精管精嚢

組織 HIS.388

  • 直径3-4、長さ25-30cm
  • 粘膜・筋層、外膜
  • 粘膜:移行上皮、基底板、粘膜固有層(密不規則性結合組織)
  • 筋層:(上位2/3)内筋層、外筋層、(下位1/3)内筋層、中筋層、外筋層 ⇔消化器系では内側が

臨床関連

  • 生理的狭窄部には尿管結石が引っかかりやすく、臨床的に重要(尿管結石)
  • 女性の場合、骨盤部での尿管の走行は重要


  • 精管尿管の位置関係



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/10 13:33:38」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 画像診断 右下大静脈後尿管と大動脈後左腎静脈を合併した左腎細胞癌
  • 亀井 潤,篠原 充,本間 之夫
  • 臨床泌尿器科 66(7), 514-516, 2012-06
  • NAID 40019343322
  • てんかん発作の既往を持つ若年患者に対する体外衝撃波結石破砕術の麻酔経験
  • 枝長 充隆,東口 隆,大須田 倫子 [他]
  • 麻酔 61(6), 617-620, 2012-06
  • NAID 40019341851
  • 尿管ステント長期交換例での臨床的検討
  • 坂元 宏匡,松田 歩,寒野 徹 [他]
  • 泌尿器科紀要 58(6), 269-272, 2012-06
  • NAID 40019323201
  • 臨床研究・症例報告 先天性巨大尿管症に対し右腎尿管摘除術を施行した男児例 : 腎瘻造設後の分腎機能評価の有用性
  • 林 泰平,吉川 利英,林 仁幸子 [他]
  • 小児科臨床 65(6), 1241-1245, 2012-06
  • NAID 40019254458

関連リンク

尿管(にょうかん、ureter)とは腎で作った尿を膀胱に運ぶ管腔臓器である。輸尿管(ゆ にょうかん)ともいう。左右に1本ずつある。粘膜表面は移行上皮によって形成される。 腸管と同じように蠕動運動をしており、これにより尿を膀胱に効率よく運ぶ。膀胱までに 尿を ...
gooヘルスケア。尿管・膀胱・尿道について、男女別にイラスト・図とともに解説してい ます。

関連画像

ページの先頭へ戻る腎尿管結石膀胱癌には以下の3つのタイプ 泌尿器の位置と名称② 蓄尿 と 排尿 の 生理 膀胱


★リンクテーブル★
先読み腎臓
国試過去問104G059」「097A040」「102I067」「107C020」「096G032」「106B024」「106G019」「100G045」「098G040」「094A016」「084A010」「077B088
リンク元ホルモン」「解剖学」「膀胱」「尿管S状結腸吻合術」「尿道
拡張検索腎盂尿管癌」「尿管結石」「尿管腫瘍
関連記事

腎臓」

  [★]

kidney
ren
腎機能








  • 図:N.265(水平断,上部) N.320(背面) N.332(水平断)
  • 図:Z.92、M.173(体表解剖)、N.321,322

解剖

大きさ

  • 長さ:11cm
  • 幅:4-5cm
  • 厚み:2-3cm

重量

  • 115-170g(PT.461), 160g(♂)/140g(♀)(KL.395)

血管尿管との関係

  • 腎臓を内側から見るとき、腹側から静脈動脈尿管の順に並んでいる

位置

  • 腹腔の後壁で、脊椎の両側にある(PT.461)
  • 右腎:T11-L2椎体、左腎:T12-L3椎体 (M.173)。T12-L3椎体。右腎は左腎より約1.5cm低位 (KL.395)
  • 両方の腎も幽門平面を貫くが、右腎は腎の上方で貫いている (M.173)
  • 尋問は中面より5cm離れた場所にある (M.173)
    • 腸骨稜の高いところを通る矢状面を貫く。この面は第12肋骨の先端をかすめる (M.173)
  • 腎臓の背側側は上方では横隔膜を挟む。さらにその下層では第11胸神経、肋下神経、腸骨下腹神経、腸骨鼡径神経が下外側に走行している (M.173)

血管

  • 腎動脈前枝
  • 上区動脈
  • 上前区動脈
  • 下前区動脈
  • 前区動脈
  • 下区動脈
  • 腎動脈後枝
  • 後区動脈
それぞれから以下の通りに分岐する

部位名

生理

機能 (SP.776 2007年度後期生理学授業プリント)

  • 1. 代謝により生じた老廃物の濾過・排出
  • 1-1. 酸の排泄
  • リン酸の排泄
  • NH4+の分泌
  • 重炭酸イオンの分泌
尿中酸総排泄量 = 滴定酸(リン酸, 硫酸など) + NH4+ - HCO3-(重炭酸イオンの再吸収)
  • 1-2. 尿素・尿酸・クレアチニンの排泄
  • 1-3. 異物の排泄
肝臓でP450やグルクロン酸抱合された解毒物の排泄
  • 2. 体液恒常性の維持 (腎機能参照)
  • 体液のNa,Kなどの電解質濃度
  • 浸透圧
  • pH
  • 3-1. ビタミンD3
活性型ビタミンDの産生(腎小体で濾過したビタミンDを近位尿細管で再吸収し、活性型に転換して血中に戻す)
pO2↓→近位尿細管近傍の線維芽細胞が分泌~
赤血球を作る増殖因子
輸入細動脈顆粒細胞から分泌される
レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の最初に位置する
副腎皮質を刺激して鉱質コルチコイド(アルドステロン)を放出させる & 血管の平滑筋を刺激して血圧を上昇させる。
  • 4. 代謝機能
糖新生

ホルモンによる調節

  • バソプレシン[視床下部後葉]により、遠位尿細管で水の再吸収が促進される
  • 鉱質コルチコイド(アルドステロン)[副腎皮質]により、遠位尿細管でのNa( H2O)の再吸収が促進される
  • 重炭酸イオン(HCO3-)の再吸収[近位尿細管、CO2が細胞内に拡散]
  • ナトリウムイオン(Na+)の再吸収[近位尿細管、遠位尿細管]
  • アンモニア(NH3)の排出[細胞外に拡散]
  • 水素イオンH+の排出[近位尿細管、遠位尿細管のNa+-H+交換輸送体]

神経による調節 (SP.784)

  • 交感神経により腎血流が調節されている
  • 弱い刺激:輸出細動脈が収縮→RPF↓、濾過圧↑→GFRほぼ不変
  • 強い刺激:輸入細動脈も収縮→RPF↓、GFR↓

尿の生成 (生理学実習1 実習テキストp.3)

  • 腎を流れる血流量 1L/min = 1440L/day
  • 原尿生成 0.1L/min = 160L/day
  • 尿生成 0.7-1.0ml/min = 1-1.5L/day


-kidney


104G059」

  [★]

  • 次の文を読み、58-60の問いに答えよ。
  • 84歳の男性。両足の痛みを主訴に来院した。
  • 現病歴   3年前から長い距離を歩くと両足が痛くなって休憩するようになった。徐々に歩ける距離が短くなってきた。現在では、自宅から300mのところにある畑まで歩くのに2回休憩する。動悸や労作時の息切れは自覚しておらず、歩行以外で日常生活には支障を感じていない。
  • 既往歴   50歳から糖尿病のため食事療法経口糖尿病薬の服用とを行っている。
  • 生活歴   喫煙は20本/日を20歳から30年間であったが、その後禁煙している。飲酒は機会飲酒。
  • 現症    意識は清明。身長 160cm、体重 51kg。体温 36.4℃。脈拍 72/分、整。血圧 154/82mmHg。眼瞼結膜貧血を認める。眼球結膜に異常を認めない。心尖部で2/6度の収縮期雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。前脛骨部と足背部とに浮腫を認めない。
  • 検査所見  尿所見:蛋白(-)、糖2+。血液所見: 赤血球 319万、Hb 7.1g/dl、Ht 24%、白血球 5,800、血小板 14万。血液生化学所見: 血糖 134mg/dl、HbA1c 6.8%、総蛋白 6.2g/dl、アルブミン 3.7g/dl、尿素窒素 25mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、尿酸 6.4mg/dl、総コレステロール 146mg/dl、トリグリセリド 66mg/dl、総ビリルビン 0.3mg/dl、直接ビリルビン 0.1mg/dl、AST 17IU/l、ALT 9IU/l、LD 186IU/l(基準176-353)、ALP 242IU/l(基準115-359)、Na 139mEq/l、K 4.4mEq/l、Cl 107 mEq/l。CRP 1.3mg/dl。下肢MRA(別冊No.11A,B)と腰部単純MRI(別冊No.11C、D)とを別に示す。



  • 貧血の原因を探るために検査を施行したところ、腫瘍が同定された。病期を確定するために行った腹部単純CT(別冊No.11E、F、G、H)とポジトロンエミッション断層撮影 FDG-PET(別冊No.11I)とを別に示す。



  • 病変部位はどこか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G058]←[国試_104]→[104G060

097A040」

  [★]

  • 70歳の男性。1か月前から血尿が続いているため受診した。腹部に腫瘤は触れず、外陰部に異常はない。直腸指診では前立腺は軽度肥大し弾性硬である。血液所見には異常なく、PSA(前立腺特異抗原)が3.4ng/ml(基準4.0以下)であった。尿所見:肉眼的血尿があり、小さな凝血塊が数個認められる。尿蛋白1+、糖(-)、沈渣に白血球2~3/1視野、赤血球無数/1視野、異型細胞多数/1視野、細菌(-)。尿細胞診Class V。膀胱鏡検査で膀胱頂部に母指頭大の広基性非乳頭状腫瘍が認められ、生検で腺癌であった。
  • この腺癌の発生母地はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097A039]←[国試_097]→[097A041

102I067」

  [★]

  • 25歳の女性。下腹部痛と膣分泌物増加とを主訴に来院した。昨夜から下腹部痛が出現し、次第に増強してきた。外陰と膣とに掻痒感はない。夫は数日前に性器クラミジア感染症と診断され、内服治療を受けている。体温37.5℃。膣鏡診で黄色の分泌物を認める。内診で右下腹部に圧痛を認めるが、腫瘤は触知しない。
  • 感染部位はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102I066]←[国試_102]→[102I068

107C020」

  [★]

  • 30歳の男性。起床後の尿がコーラのような色であったことを主訴として来院した。日前に咽頭痛発熱とがあったが軽快した。尿所見:蛋白2+、潜血3+。外観は暗赤色である。尿沈査の顕微鏡写真(別冊No.4)を別に示す。
  • 障害されている部位として最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107C019]←[国試_107]→[107C021

096G032」

  [★]

  • 正常な人体で正しいのはどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096G031]←[国試_096]→[096G033

106B024」

  [★]

  • 疾患と検査法の組合せで有用性が低いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B023]←[国試_106]→[106B025

106G019」

  [★]

  • 女性の骨盤内解剖で正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G018]←[国試_106]→[106G020

100G045」

  [★]

  • 正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G044]←[国試_100]→[100G046

098G040」

  [★]

  • 正しいのはどれか。
  • a. 腎盂内皮細胞で覆われている。
  • b. 尿管の全長は約15cmである。
  • c. 尿管には2か所の生理的狭窄部位がある。
  • d. 膀胱の筋層は2層からなっている。
  • e. 膀胱頂部は腹膜で覆われている。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G039]←[国試_098]→[098G041

094A016」

  [★]

  • 成人女性の中で正しいのはどれか?
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]

084A010」

  [★]

  • 誤っている物は?
[正答]

077B088」

  [★]

  • 誤っている組み合わせ。2つ。

ホルモン」

  [★]

hormone

古典的な定義

  • 特定の内分泌腺から分泌され、血行によって運ばれ、遠隔部の特定の標的器官に作用して特異的効果を現す物質(PT.403)

例外

  • 腺構造を持たない組織から分泌されるホルモンがある
消化管ホルモン (PT.403)
視床下部ホルモン (PT.403)
甲状腺濾胞ホルモン?
カルシトニン?

ホルモンの一覧表

日本語 放出器官/細胞 作用器官/細胞 働き
メラトニン 松果体    
成長ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 GH放出
プロラクチン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 PRL放出
副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 ATCH放出
ゴナドトロピン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 FSH/LH放出
甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 TSH放出
ソマトスタチン 視床下部 下垂体前葉 GH放出抑制
ドーパミン 視床下部 下垂体前葉 PRL放出抑制
成長ホルモン 下垂体前葉 全身/肝細胞 タンパク質同化, 抗インスリン, 脂肪異化/IGF-I合成促進
プロラクチン 下垂体前葉 乳腺 乳汁分泌促進
副腎皮質刺激ホルモン 下垂体前葉 副腎皮質  
卵胞刺激ホルモン 下垂体前葉 卵胞  
黄体形成ホルモン 下垂体前葉 黄体  
間細胞刺激ホルモン 下垂体前葉 精巣の間細胞  
甲状腺刺激ホルモン 下垂体前葉 甲状腺  
オキシトシン 下垂体後葉 子宮平滑筋/乳腺 子宮収縮/射乳促進
バソプレシン 下垂体後葉 腎臓集合管 水の再吸
甲状腺ホルモン - トリヨードサイロニン 甲状腺   代謝亢進
甲状腺ホルモン - サイロキシン 甲状腺   代謝亢進
カルシトニン 甲状腺   Ca2+濃度低下
副甲状腺ホルモン 甲状腺 /腎臓 破骨細胞活性化/腎細尿管Ca2+取り込み↑/腎ビタミンD活性化/血清Ca2+↑
心房性ナトリウム利尿ペプチド 心臓   Na利尿
脳ナトリウム利尿ペプチド 心臓   Na利尿
Cタイプナトリウム利尿ペプチド     Na利尿
エンドセリン 血管   血管収縮
アンジオテンシンII 血管   血管収縮
ガストリン 酸分泌
セレクチン 十二指腸    
インスリン様成長因子 肝臓    
アンジオテンシノジェン 肝臓   昇圧
コルチゾール 副腎皮質    
アルドステロン 副腎皮質    
デヒドロイソアンドロステロン 副腎皮質    
アドレナリン 副腎髄質   軽微な昇圧、血糖上昇
ノルアドレナリン 副腎髄質   昇圧(寄与は20%程度)、血糖上昇
インスリン 膵臓 - β細胞 全身 グルコース取り込み亢進
グルカゴン 膵臓 - α細胞 全身 糖新生
ソマトスタチン 膵臓 - δ細胞   ホルモン分泌抑制(インスリングルカゴンガストリン)
レニン 腎臓 - 傍糸球体細胞   昇圧(angiotensin Iを産生, 血管内皮アンジオテンシン転換酵素によりangiotensin IIに転換)
エリスロポエチン 腎臓 造血器官 赤血球産生刺激
エストロゲン 卵巣    
プロゲステロン 卵巣    
インヒビン 卵巣    
テストステロン 精巣    
インヒビン 精巣    
レプチン 脂肪    
アディポネクチン 脂肪    



解剖学」

  [★]

anatomy
anatomia
体表解剖学臨床解剖学神経解剖学比較解剖学

系統解剖

運動

筋肉

部位ごとの分類

関節ごとの分類

筋の付着部

神経

部位別

上肢

体幹

下肢

下肢の皮神経

名称
陰部大腿神経大腿枝
外側大腿皮神経
大腿神経前皮枝
閉鎖神経皮枝
伏在神経
浅腓骨神経
深腓骨神経
上殿皮神経
中殿皮神経
下殿皮神経
大腿皮枝の枝
後大腿皮神経の終末枝
内側腓腹皮神経
外側腓腹皮神経
腓腹神経
外側足背皮神経

脳幹の神経解剖

血管

臓器に分布する血管

臓器 栄養血管 機能血管
動脈 静脈 動脈 静脈
食道        
       
小腸 上腸間膜動脈 上腸間膜静脈門脈    
大腸 上・下腸間膜動脈 上・下腸間膜静脈門脈    
肝臓 固有肝動脈 肝静脈下大静脈    
胆嚢 胆嚢動脈 胆嚢静脈    
膵臓        
気管        
気管支動脈 気管支静脈 肺静脈 肺動脈幹肺動脈
腎臓        
尿管        
膀胱        
脾臓 脾動脈 脾静脈    
精巣 精巣動脈 蔓状静脈叢    
卵巣 卵巣動脈 蔓状静脈叢卵巣静脈    

各体部位に分布する血管

  • 頭部
頚部



膀胱」

  [★]

urinary bladder (M,N), bladder (Z)
vesica urinaria
膀胱容量
  • 図:N.353

組織

  • 粘膜には多くのヒダが存在し、膀胱が伸展すると消える (HIS.388)
  • 被蓋細胞+移行上皮細胞 (HIS.388)
女性 上部 移行上皮
下部 非角化重層扁平上皮
男性 前立腺部 移行上皮
隔膜部 重層円柱上皮
多列円柱上皮
海綿体部 重層円柱上皮
多列円柱上皮
非角化重層扁平上皮

血管(M.210)

  • 図:N.327,328
  男性 女性
膀胱の前上部 上膀胱動脈 上膀胱動脈
膀胱底、膀胱頚 下膀胱動脈 膣動脈



  • 精管尿管の位置関係




尿管S状結腸吻合術」

  [★]

ureterosigmoidostomy
ureterosigmoidostomia
尿路変向術尿管S状結腸

概念

  • かつて膀胱切除術後に行われていた尿路変向術。尿管をS状結腸に吻合する。尿禁制は肛門括約筋に依存する。

(参考1)

合併症

  • 慢性尿路感染による腎機能低下:尿と便が混在しており、また吻合部が閉塞しやすいがために、慢性尿路感染を来たし、腎機能が低下していく。
  • 正常Cl代謝性アシドーシス:腸粘膜に尿が再吸収される事による
  • 二次性癌の発生:S状結腸の尿管吻合部に発生する。

参考

  • 1. [charged] Urinary diversion and reconstruction following cystectomy - uptodate [1]



尿道」

  [★]

urethra (Z)
膀胱尿管腎臓男性生殖器系




  • 図:N.367

発生

部位による分類 (KL.432, M.215)

  • 1. 膀胱頚内の尿道(前立腺前部)
  • 2. 前立腺部
  • 3. 隔膜部
  • 4. 海綿体部

前立腺部

腎盂尿管癌」

  [★]

腎盂癌 renal pelvic cancer
尿管癌 ureter cancer, ureteric cancer
腎 尿路の腫瘍

疫学

  • 50-70歳に多
  • 男女比は2-4:1と男性に多い
  • 腎盂腫瘍は腎腫瘍の約10%を占める
  • 尿路上皮癌の4-5%

病因

  • タバコ、コーヒー、人工甘味料
  • 化学発癌物質
  • 芳香族アミン
2-naphthylamine
benzidine
  • 薬剤
  • 疾患

病理

  • 1. 移行上皮癌が大部分
移行上皮癌(90%)、扁平上皮癌(3-10%)、腺癌や未分化癌(1%以下)
  • 2. 多中心性で膀胱にも発生する (2割程度の症例で膀胱に併発)

症状

  • 無症候性血尿
  • 側腹部痛(血塊や腫瘍組織による尿路閉塞のため)
  • 側腹部腫瘤形成

診断

  • 陰影欠損像や尿路閉塞所見
  • 2. CT、MRI
  • 腫瘍像、リンパ節転移、多臓器への転移の有無
  • 3. 内視鏡
  • 膀胱腫瘍と腎盂尿管腫瘍の確認
  • 4. 尿細胞診
  • :陽性率は40-60%なので、腫瘍を疑った場合しつこくやる
  • (血管造影)
  • 新生血管に乏しい

治療法

  • 1. 根治的手術療法:腎尿管全摘除兼膀胱部分切除術
  • 2. 保存的手術療法:開放手術、内視鏡手術
  • 再発するので、結局1.をやらざるを得ないことが多いらしい
  • 3. 非手術療法:多剤併用化学療法(M-VAC)、放射線療法
  • 4. BCGの腎盂内注入療法:上部尿路のcarcinoma in situ(CIS)に対する治療
  • 2/3の症例で癌が消えるらしい。

予後

  • 表在性腫瘍は予後良好で、浸潤性腫瘍は予後不良
  • 扁平上皮癌は予後不良
  • 異型度、浸潤度どちらも5年生存率に影響する。
  • 尿管は筋層が薄く、浸潤しやすいので、尿管癌が見つかった場合、浸潤度はT2以降である。

尿管結石」

  [★]

ureteric calculus (M), ureteral calculus, ureter stone
(尿管結石により引き起こされる病態)尿管結石症
尿路結石症


治療


尿管腫瘍」

  [★]

ureteral tumor
尿管尿管癌尿管新生物 ureteral neoplasm



管」

  [★]

ducttubecanalpipe
ductusvasmeatus
水路チューブ導管道管卵管





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡