尿濃縮能

出典: meddic

urine concentrating ability, urinary concentrating capacity
尿濃縮力、腎濃縮能
フィッシュバーグ濃縮試験


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 175. 暑熱環境下の中等度強度運動時における水分補給と尿濃縮能との関係(体液・内分泌,第62回日本体力医学会大会)
  • 大谷 秀憲,賀屋,大田尾 浩,辻田 純三,堀 清記
  • 体力科學 56(6), 666, 2007-12-01
  • NAID 110006652469
  • 症例 腎尿細管性アシドーシスに伴う腎石灰化症の兄弟発症例
  • 瀬川 直樹,木山 賢,東 治人 [他]
  • 泌尿器科紀要 52(5), 353-357, 2006-05
  • … れ,3歳時には両側性蝸牛性感音性難聴,4歳時には腎石灰化症と診断された.これまでクエン酸,カリウム製剤の投薬を受けていたが,たびたび低K血症症状と高CRK血症を来した.検査所見では代謝性アシドーシス,尿濃縮能低下,尿酸性化能低下を認め,遠位尿細管性アシドーシス(dRTA)と診断された.KUBで両側腎に粟粒大・散在性の石灰沈着像を多数認め,第3腰椎左側に尿管結石像を認めた.dRTAが原因の尿管結石と診断し,体外衝撃波 …
  • NAID 120002141632

関連リンク

尿の比重 尿の比重から、濃縮能や希釈能を推定し、腎機能を診断する検査 ... 尿の比重 尿比重は、尿中に溶けている全溶質の濃度を示す指標です。腎にお ける尿の濃縮・希釈能を反映し、脱水状態で尿濃縮が正常に行われ
ADH分泌不全がなければ濃縮能の低下は,ADHに対する集合管の反応性の低下か腎実質の障害です。前者は腎性尿崩症であり,後者には腎不全があります。GFRが正常または低下していても,その程度に比べ濃縮能低下が高度の ...
<尿の希釈・濃縮の機構> 腎の髄質部は体液よりも高浸透圧となっている唯一の臓器であり、これは主として NaClと尿素とが蓄積しているためである。腎では、『腎髄質の浸透圧勾配』の図のように 髄質外層→乳頭先端に向かって ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みフィッシュバーグ濃縮試験
リンク元尿濃縮力
関連記事濃縮

フィッシュバーグ濃縮試験」

  [★]

Fishberg concentration test, Fishberg's concentration test
(国)Fishberg濃縮試験。(国)尿濃縮試験 urinary concentration test、脱水試験 dehydration test、(国)水制限試験 concentration test
[[]]
[show details]
  • 概念:腎臓髄質におけるADH増加に反応する尿濃縮能をみる検査である。
  • 方法:検査前日の午後から飲水制限し、午後6時までに水分の少ない夕食を摂取後して、検査当日覚醒時、1時間後、および2時間後の尿をそれぞれ採取して尿比重と尿浸透圧を測定する。
  • 基準値:尿比重1.022以下、尿浸透圧850mOsm/kg以下で尿濃縮力障害と解釈する。



尿濃縮力」

  [★]

urinary concentration
尿濃縮能

尿濃縮力の低下をきたす病態

QB.E-131
  • 電解質異常


濃縮」

  [★]

enrichmentconcentrationcondensationenrichconcentrateconcentrated、(aj,abrv)conc.
凝結凝縮集中縮合濃縮物濃度




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡