尿毒症性痒疹

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

痒疹、ストロフルス Q どんな病気? A 強いかゆみを伴い、皮膚にぽこぽことした小豆程度の大きさの結節・丘疹がみられます。 1カ月以内に治るものを急性痒疹、数カ月以上にわたって続く場合を慢性痒疹と分類します。
... 多形慢性痒疹があります。特殊なタイプとして、ヘブラ痒疹、妊娠性痒疹、色素性痒疹、尿毒症性痒疹、夏季痒疹などがあり、細かく分かれています。 症状は、直径2mmから大豆大の大きさくらいまでの硬い塊が皮膚に多数でき ...

関連画像

圖片搜尋: 治療圖片搜尋: 治療糖尿病、尿毒症、肝障害、悪性 皮膚科の臨床 10月号 の表紙


★リンクテーブル★
関連記事尿毒症」「尿毒」「尿毒症性

尿毒症」

  [★]

uremia
腎不全

概念

  • 腎不全 + 嘔気・嘔吐、中枢神経症状など = 尿毒症
  • Ccrが正常の10%以下になると尿毒症症状が出現する(YN.E-28)
  • 末期腎不全に見られる病態。

症候

  • 全身:浮腫、全身倦怠感
  • 神経:
  • 眼:
  • 味覚:
  • 呼吸器:クスマウル大呼吸、尿毒症肺(肺水腫、肺うっ血)、胸膜炎、呼吸困難、胸水貯留
  • 循環器:高血圧、心不全、心膜炎(心嚢炎)、心筋炎、不整脈
  • 消化器:、嘔気・嘔吐、食欲不振、便秘・下痢、消化管出血、潰瘍、腹痛、イレウス、腹水
  • 口腔 :味覚障害、口内炎、アンモニア口臭
  • 骨代謝:
  • 筋:
  • 性機能:
  • 皮膚:掻痒感、出血斑、茶褐色化、皮膚出血、紫斑
  • 血液:
  • 貧血:
  • 血小板機能不全による出血傾向 (参考1):血小板凝集能低下と血小板粘着能の低下

参考

  • 1. [charged]尿毒症における血小板機能不全 - uptodate [1]


尿毒」

  [★]

uremiauremic
尿毒症尿毒性尿毒症性

尿毒症性」

  [★]

uremicuraemic
尿毒尿毒症尿毒性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡