尿培養

出典: meddic

urine culture, bacterial culture from urine



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 清潔間欠導尿法における尿路感染症の検討
  • 吉川 和朗,満田 正樹,山崎 勝利,上門 康成
  • 日本環境感染学会誌 = Japanese journal of environmental infections 25(2), 73-78, 2010-03-25
  • … 年間に53例中40例(76%)に尿路感染症がみられ,年齢,1日の導尿回数,カテーテル保存液交換の期間が有意な因子であった.消毒綿の培養検査を行った患者37例中17例で菌が検出され,これら17例中2例の検出菌が尿培養の検出菌と一致しており,消毒綿の汚染が尿路感染症に寄与する可能性が示唆された.1年間に53例中35例(66%)に対し抗菌薬が投与されており,35例中21例(60%)は2週間を超える長期間抗菌薬を投与されていた. …
  • NAID 10026902179
  • 多剤耐性緑膿菌による尿路感染症に Aztreonam と Arbekacin の併用療法が奏功した一例
  • 樽本 憲人,阿部 良伸,山口 敏行,前崎 繁文
  • 日本環境感染学会誌 = Japanese journal of environmental infections 24(4), 279-282, 2009-07-24
  • … 膿菌(MDRP)感染症に対してaztreonam (AZT)とarbekacin (ABK)の併用療法が有効であったMDRP尿路感染症の1例を経験したため報告する.症例は93歳女性,前医にて発症した左眼内炎の手術目的にて当院入院したが,入院時尿培養にてMDRPが検出された.入院中にMDRP尿路感染症を発症したため,尿道カテーテルの抜去,利尿促進と同時にAZTとABKの併用治療を行い,改善を認めた.FIC indexは0.375であり,相乗効果が確認された.今後,MDRP …
  • NAID 10025322849

関連リンク

尿細菌検査・尿培養検査は尿路感染症の確定とともに、感受性検査を行うことにより、治療に用いる抗菌薬に関する情報を得ることができます。とくに尿培養は定量培養を用い、菌量と起炎菌を同定します。
看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、細菌検査(尿培養)について解説します。 〈目次〉 細菌検査(尿培養)とはどんな検査か 細菌検査(尿培養)の実際 ・細菌検査 ・採尿方法 細菌検査(尿培養 ...

関連画像

写真は血液培養のグラム染色像 尿路感染症を疑った際の尿培養 多数 認められました 尿 培養 写真2:遠位ネフロン  ,尿培養,クランプするとき


★リンクテーブル★
国試過去問101D043」「106E043」「103I068」「102B054」「106D024」「099C019」「105A055」「103I059
関連記事培養

101D043」

  [★]

  • 次の文を読み、43、44の問いに答えよ。
  • 60歳の女性。健康診査で高血圧を指摘されて来院した。
  • 現病歴: 1か月前に健康診査を受けたところ、血圧が高いと指摘され、病院受診を勧められた。
  • 既往歴: 20年前に人間ドックで蛋白尿と血尿とを指摘されたが、二次検査では心配ないと言われた。出産は2回で、いずれも正常であった。
  • 家族歴: 母親が高血圧、父親が高血圧と糖尿病。
  • 現症: 意識は清明。身長156cm、体重48kg。脈拍76/分、整。血圧170/96mmHg。血圧に左右差はない。皮膚に発疹を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部に異常を認めない。下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見: 尿所見:蛋白3+、糖(-)、潜血2+、沈渣に赤血球10~20/1視野、白血球0~2/1視野、赤血球円柱(+)、白血球円柱(-)。
  • 血液所見:赤血球320万、Hb9.6g/dl、Ht28%、白血球5,600、血小板23万。
  • 血清生化学所見:空腹時血糖118mg/dl、HbA1c6.0%(基準4.3~5.8)、総蛋白6.5g/dl、アルブミン3.9g/dl、尿素窒素62mg/dl、クレアチニン4.6mg/dl、AST12IU/l、ALT9IU/l、Na138mEq/l、K5.1mEq/l、Cl 105mEq/l、Ca7.8mg/dl、P5.2mg/dl
  • 次に行う検査として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101D042]←[国試_101]→[101D044

106E043」

  [★]

  • 68歳の男性。血尿を主訴に来院した。 1か月前から間欠的に血尿があった。 15年前から高血圧症に対し降圧薬を内服中であり、糖尿病に対しインスリン療法を行っている。 12年前に肝血管腫を疑われ、腹部造影CTを撮影した際に、蕁麻疹と重篤な呼吸困難とをきたしたことがある。喫煙は20本/日を48年間。身長165cm、体重70kg。体温36.0℃。脈拍76/分、整。血圧162/92mmHg。呼吸数14/分。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。尿所見:蛋白3+、糖2+、沈渣に赤血球多数/1視野、白血球10-20/1視野。血液所見:赤血球358万、 Hb10.6g/dL、Ht33%、白血球7,800、血小板24万。血液生化学所見:血糖180mg/dL、 HbA1c7.0%(基準4.3-5.8)、総蛋白6.0g/dL、アルブミン2.9g/dL、尿素窒素50mg/dL、クレアチニン3.2mg/dL、 Na132mEq/L、 K5.6mEq/L、 Cl98mEq/L。免疫学所見: CRP0.8mg/dL。 PSA2.6ng/mL(基準4以下)。腹部超音波検査で左腎盂内に径20mmの腫瘤を認める。膀胱鏡検査で膀胱と尿道とに異常はないが、左尿管口から血尿の流出を認める。
  • 血尿の原因精査のために行う検査として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E042]←[国試_106]→[106E044

103I068」

  [★]

  • 66歳の男性。胸痛を主訴に来院した。40歳から高血圧があった。その後、職場での健康診断は受けていなかった。半年前から通勤時に息切れが出現していたが、放置していた。今朝から強い胸痛が出現し、自宅で安静にしていても改善しなかった。意識は清明。息切れが強いが、咳と痰とは認めない。身長168cm、体重76kg。体温36.5℃。脈拍100/分、不整。血圧180/96mmHg。心音はII音の亢進と心基部での収縮中期雑音を認める。背部両側下部で吸気時にcoarse crackles を聴取する。右肋骨弓下に肝を4cm触れる。尿所見:蛋白3+、糖2+。血液所見:赤血球350万、Hb 9.5 g/dl、Ht 28%、白血球 5,600、血小板 15万。血液生化学所見:血糖 210 mg/dl、HbA1C 8.0 %、総蛋白5.6 g/dl、アルブミン2.9 g/dl、尿素窒素 60 mg/dl、クレアチニン 5.3 mg/dl、尿酸8.2 mg/dl、総コレステロール240 mg/dl、AST 10 IU/l、ALT 6 IU/l、ALP 280 IU/l(基準115~359)、Na 138 mEq/l、K 5.6 mEq/l、Cl 104 mEq/l、Ca 6.8 mg/dl、P 6.2 mg/dl。CRP 0.3 mg/dl。
  • 診断のために必要なのはどれか。2つ選べ。
  • a. 心電図
  • b. 尿培養
  • c. 喀痰培養
  • d. 胸部エックス線撮影
  • e. 尿微量アルブミン定量
[正答]


※国試ナビ4※ 103I067]←[国試_103]→[103I069

102B054」

  [★]

  • 次の文を読み、54~56の問いに答えよ。
  • 68歳の男性。尿失禁を主訴に来院した。
  • 現病歴:2年前から就寝後に2回トイレに行くようになった。1か月前から気が付かないうちに尿失禁をきたしている。残尿感と排尿困難とは認めない。
  • 既往歴:10年前から糖尿病で血糖降下薬を内服している。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長160cm、体重66kg、体温36.4℃。脈拍68/分、整。血圧144/88mmHg。下腹部に弾性軟で手拳大の腰痛を触知する。下肢に浮腫を認めない。直腸診で小鶏卵大の前立腺を触知するが、硬結や圧痛は認めない。
  • 検査所見.尿所見:蛋白(-)、糖2+、潜血(-)、沈さに赤血球と白血球とを認めない。血液所見:赤血球450万、Hb14.6g/dl、Ht44%、白血球5.600。血液生化学所見:血糖146mg/dl、HbA1c 6.8%(基準4.3~5.8)、尿素窒素20.0mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl。免疫学所見:CRP O.1mg/dl、PSA1.6ng/ml(基準4.0以下)。
  • 診断に有用なのはどれか。2つ選べ。
[正答]
※国試ナビ4※ 102B053]←[国試_102]→[102B055

106D024」

  [★]

  • 53歳の男性。突然生じた強い左背部痛のため搬入された。 2年前から痛風尿酸排泄促進薬を内服している。身長175cm、体重91kg。体温36.0℃。脈拍76/分、整。血圧162/92mmHg。呼吸数16/分。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。左肋骨脊柱角に叩打痛を認める。尿所見:蛋白1+、糖(-)、潜血3+、沈渣に赤血球多数/1視野、白血球1-5/1視野。血液所見:赤血球428万、 Hb13.6g/dl、 Ht38%、白血球7,800、血小板21万。血液生化学所見:総蛋白6.9g/dl、アルブミン3.9g/dl、尿素窒素12mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、尿酸7.0mg/dl、 Na138mEq/l、 K3.9mEq/l、 Cl102mEq/l。 CRP0.lmg/dl。腹部超音波検査で左水腎症を認める。腹部エックス線写真で異常を認めない。
  • 診断に有用なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106D023]←[国試_106]→[106D025

099C019」

  [★]

  • 8歳の女児。高熱を主訴に来院した。数年前から年に数回の高熱を繰り返している。感冒様症状はなく、左腰部に自発痛と叩打痛とを認める。体温39.5℃。脈拍112/分、整。尿所見:蛋白1+、乳糖(-)、沈渣に赤血球2~3/1視野、白血球30~50/1視野、細菌2+。腹部超音波検査で左腎に中等度の腎盂腎杯の拡張を認める。
  • 基礎疾患の確定に最も有用な検査はどれか。
  • a. 尿培養
  • b. 尿流測定
  • c. 腹部単純CT
  • d. 排尿時膀胱造影
  • e. 腹部エックス線単純撮影
[正答]


※国試ナビ4※ 099C018]←[国試_099]→[099C020

105A055」

  [★]

  • 25歳の男性。排尿痛と膿性尿道分泌物とを主訴に来院した。 1週前に性行為感染の機会があった。3日前から症状に気付き受診した。直腸指診で前立腺の腫大と圧痛とを認めない。尿所見:蛋白1+、糖(-)、潜血1+、沈渣に白血球多数/1視野、赤血球20-30/l視野。
  • 診断のために行う検査はどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 105A054]←[国試_105]→[105A056

103I059」

  [★]

  • 67歳の男性。1年前からの夜間頻尿と尿意切迫感とを主訴に来院した。直腸診で表面滑らかで腫大した前立腺を触知する。弾性硬で圧痛はない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、沈渣に赤血球2~4/1視野、白血球1/数視野。
  • 対応として適切なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103I058]←[国試_103]→[103I060

培養」

  [★]

culturecultivationincubationculturecultivateincubatecultural
インキュベーションインキュベート栽培習慣、信条、培養液培養的保温温置培養物文化文化的起業支援培養組織養殖





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡