尾骨筋

出典: meddic

coccygeus muscle (M,N,K)
musculus coccygeus
骨盤隔膜肛門挙筋

起始

停止

神経

機能

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/08/27 19:21:55」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 嚢胞形成を伴った肛門管重複症の1例
  • 小角 卓也,米倉 竹夫,黒田 征加 [他],山内 勝治,井原 欣幸,太田 善夫
  • 日本小児外科学会雑誌 47(1), 85-89, 2011-02-20
  • … 剤のたまりを認めた.MRI検査では,肛門背側から仙骨前面に造影剤と一致する1.2cm大の球形の嚢胞性病変を認めた.また,仙骨奇形・泌尿器の奇形等は認められなかった.手術はposterior sagittal anorectoplastyを応用し,肛門挙筋(恥骨直腸筋・恥骨尾骨筋)を切離することなく,直腸と共有している直腸筋層を含め完全に摘出した.病理検査で肛門管重複症と診断した.術前に認められていた便秘も解消し,術後約1年再発等は認めていない. …
  • NAID 110008506463
  • 性器脱レベルIの骨盤再建手術における腸骨尾骨筋膜固定術(Inmon法)併用の有用性の検討(第85群 性器の病理1)
  • 荻田 和秀,松尾 高司,古山 将康,香山 晋輔,井阪 茂之,下屋 浩一郎,村田 雄二
  • 日本産科婦人科學會雜誌 55(2), 336, 2003-02-01
  • NAID 110002098972
  • <原著>ラット肛門尾骨筋の高濃度 K^+ およびフェニレフリン収縮に対する各種選択的ホスホジエステラーゼ阻害剤の影響
  • 金田 剛治,平野 基輝,清水 一政 [他],浦川 紀元,中條 眞二郎
  • 日本獣医畜産大学研究報告 51, 1-10, 2002-12-01
  • … ラット肛門尾骨筋の高濃度 K^+ およびフェニレフリン(PE)による収縮に対する各種選択的ホスホジエステラーゼ(PDE)阻害剤および環状ヌクレオチド関連薬の影響を検討した。 … 選択的 PDE 阻害剤のミルリノン, Ro20-1724,ザプリナストおよび IBMX は濃度に依存して, ラット肛門尾骨筋の高濃度 K^+ および PE による収縮をいずれも抑制した。 …
  • NAID 110000207908

関連リンク

尾骨筋(びこつきん)は、腹部の筋肉のうち仙骨と尾骨との間に存在するものである。 仙骨尖を起始とし、尾骨に付着する。 尾骨と仙骨の間の動きは人間に於いてほとんど 退化しており、有効な作用はない。 ...

関連画像

尾骨 筋 は 微妙 に 仙骨 の  の 骨盤 力 の 本 で も 尾骨大殿筋の尾骨のキワの部分 尾骨 筋 腸骨 尾骨 筋 恥骨 尾骨 図489] 腹側の尾骨筋群 骨盤を 梨 状 筋 は 尾骨 の 上 に ある


★リンクテーブル★
先読み肛門挙筋
リンク元仙骨神経叢」「坐骨棘」「内陰部動脈」「骨盤隔膜
拡張検索恥骨尾骨筋」「腸骨尾骨筋
関連記事尾骨

肛門挙筋」

  [★]

levator ani (M,K,KL), levator ani muscle (N,KA)
musculus levator ani
  • 図:M.202、(女性)N.343,344、(男性)N.345,346

肛門挙筋

  1. ref(pelvic_floor_famale_superior.png,[肛門挙筋])

上図に関連する構造

支配神経



仙骨神経叢」

  [★]

sacral plexus
plexus sacralis
腰神経叢腰仙骨神経幹


仙骨神経叢

  • KL.209, 488,489
神経 L4 L5 S1 S2 S3 S4
上殿神経      
下殿神経      
後大腿皮神経      
坐骨神経  
 総腓骨神経      
 脛骨神経  
陰部神経    
骨盤内臓神経      
  • M.204,205
神経 L4 L5 S1 S2 S3 S4
上殿神経      
下殿神経      
後大腿皮神経        
坐骨神経  
陰部神経      
骨盤内臓神経      
貫通皮枝        
梨状筋       
大腿四頭筋下双子筋     
内閉鎖筋上双子筋     
肛門挙筋尾骨筋       



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



坐骨棘」

  [★]

ischial spine, ischiadic spine
spina ischiadica, ossis ischii
尾骨筋梨状筋大坐骨孔仙棘靭帯仙結節靭帯寛骨


付着する筋・靭帯

臨床関連

  • 産科:分娩の進行を見るために用いる。児頭の固定(-2~-1)から児頭の嵌入(0~+3)に至まで(~第2回旋の進行中。濶部)は触れることができるが、坐骨棘を触れなくなるころにはSP +3~+4となり児頭最大通過面は濶部から峡部にある。SP+4では坐骨棘が触れなくなり、児頭最大通過面は峡部に達し、矢状縫合は骨盤前後径に一致し、第2回旋は終了する。(G10M.214)


内陰部動脈」

  [★]

internal pudendal artery (Z)
arteria pudenda interna
  • 図:N.378(後面), 382(女性、側面), 383(男性、側面), 384(女性、下面), 385(男性、下面)

起始

走行

  • ここで、坐骨棘の後部に回り込む (N.378)

分布


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



骨盤隔膜」

  [★]

pelvic diaphragm (M,K)
diaphragma pelvis


  • 図:KH.259
  • 骨盤下口を塞ぐ。主として肛門挙筋尾骨筋、およびこれらを覆う筋膜からなる (K.40 KH.260)
  • 骨盤底の最内層で骨盤底筋と共に骨盤内臓器の支持組織(QB-Q.207)


恥骨尾骨筋」

  [★]

pubococcygeus (M,K)


Template:category 肛門挙筋


腸骨尾骨筋」

  [★]

iliococcygeus (M,K)

Template:category 肛門挙筋

尾骨」

  [★]

coccyx
os coccygis
尾てい骨
仙骨





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡