尺骨神経

出典: meddic

ulnar nerve
nervus ulnaris
筋皮神経橈骨神経正中神経


筋:前腕部1つ。手掌母指1つ。小指球筋。骨間筋。尺側の虫様筋
皮:上腕・前腕部なし。手の掌側は尺側1.5指、背側2.5指

  • 図:N.456,459(上腕、前腕、手掌の走行の概略)

由来

支配 (M.407,424,425)

走行 (KL.130)

部位分類

  • 手背枝:前腕で分岐:手背の尺側半分、尺側2+1/2指(中指の尺側、薬指、小指)の背側面
  • 浅枝:尺骨管あたりで分岐:手掌の尺側と1+1/2指(小指と薬指の尺側半)
  • 深枝:尺骨管あたりで分岐:筋

機能的分類

  • 筋枝
  • 関節枝
  • 皮枝

臨床関連



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/04/17 13:25:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 尺骨神経麻痺を合併した屈曲型小児上腕骨顆上骨折の1例
  • 田口 学,中島 英親,寺本 憲市郎 [他]
  • 整形・災害外科 54(11), 1425-1428, 2011-10
  • NAID 40019014867
  • カマイルカ腕神経叢の肉眼解剖学的特徴
  • 関谷 伸一,南部 久男,西岡 満 [他]
  • 日本セトロジー研究 (21), 1-8, 2011-06
  • … 正中神経と尺骨神経は共同幹をなし、前腕で多数の皮枝を分岐したのち、掌側指神経となった。 …
  • NAID 40018960290
  • RA肘関節変形に伴った絞扼性尺骨神経障害の1例
  • 友利 裕二
  • 日本手外科学会雑誌 = The journal of Japanese Society for Surgery of the Hand 27(6), 715-718, 2011-03-22
  • NAID 10029551464
  • 肘部管症候群に対する皮下脂肪弁を用いた尺骨神経皮下前方移動, 制動術
  • 長谷川 和重,松原 吉宏,牧野 睦夫
  • 日本手外科学会雑誌 = The journal of Japanese Society for Surgery of the Hand 27(6), 707-710, 2011-03-22
  • NAID 10029551447

関連リンク

尺骨神経(しゃっこつしんけい)は、腕神経叢に由来する橈骨神経、正中神経とならぶ やや径の大きな神経で、解剖学的正位で、上腕部においては、上腕部尺骨神経溝、 前腕部においては、尺骨に沿って内側を走行する。背側指神経、総掌側指神経、固有掌 側指 ...
gooヘルスケア 家庭の医学。尺骨神経麻痺。どんな病気か 尺骨神経のはたらきは、 手首の屈曲(正中神経と共同で行います)、小指と薬指の屈曲、親指を人差し指の根元 にぴったりつける運動(内転)、親指以外の4本の指を外に開いたり(外転)、互いに くっつけ.

関連画像

尺骨 神経 腕 神経叢 図 は ジャン ピエール バラ ル 尺骨神経.jpg肘 部 管 症候群 は 尺骨 神経 尺骨神経


★リンクテーブル★
国試過去問108B060」「105A024
リンク元上肢の筋」「腕神経叢」「手関節の運動に関与する筋」「手の筋」「上肢
拡張検索尺骨神経溝」「尺骨神経炎」「尺骨神経障害」「尺骨神経圧迫」「尺骨神経圧迫症候群
関連記事神経」「尺骨

108B060」

  [★]

  • 次の文を読み、 59~ 61の問いに答えよ。
  • 22歳の男性。全身の筋力低下のため搬入された。
  • 現病歴: 5日前に下痢と悪心とがあった。昨日の起床時に歯ブラシをしっかり握れず、朝食時には箸を使えなかった。昼には両腕を持ち上げることができなくなり、夕食時には舌がもつれて話しにくく、むせるようになった。今朝は起き上がれず、母親が救急車を要請し、即日入院となった。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 生活歴:大学 4年生。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長 168 cm、体重 63 kg。体温 36.8℃。脈拍 64/分、整。血圧 150/96 mmHg。呼吸数 18/分。 SpO2 96% ( room air)。認知機能に異常を認めない。両眼の睫毛徴候を認め、鼻唇溝は浅く、口笛を吹くまねができない。構音はやや不明瞭で、軽度の嚥下障害を認める。顔面の感覚には異常を認めない。臥位での頭部挙上ができない。徒手筋力テストで上肢は 1~ 2に低下し、下肢も 3に低下している。握力は両側 0 kgである。上下肢とも筋萎縮と感覚障害とを認めない。腱反射は上下肢とも消失し、病的反射を認めない。自力歩行はできない。排尿と排便とに異常を認めない。
  • 検査所見:尿所見と血液所見とに異常を認めない。血液生化学所見:総蛋白 7.0g/dl、アルブミン 3.9 g/dl、総ビリルビン 0.9 mg/dl、AST 33 IU/l、ALT 26 IU/l、CK 86 IU/l(基準 30~140)、尿素窒素 18 mg/dl、クレアチニン 0.8 mg/dl、血糖 86 mg/dl、Na 138 mEq/l、K 4.4 mEq/l、Cl 97 mEq/l。CRP 0.8 mg/dl。動脈血ガス分析 ( room air)に異常を認めない。呼吸機能検査:% VC 73.1%、 FEV1% 94.5%。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。脳脊髄液所見:初圧 155 mmH2O(基準 70~170)、細胞数 2 /mm3(基準 0~ 2)(単核球 100% )、蛋白 83 mg/dl(基準 15~45)、糖 69 mg/dl(基準 50~75)。
  • この患者の確定診断のために入院日と 2週後に神経伝導検査を行った。誘発筋電図では waningと waxingとを認めなかった。 2週後の尺骨神経の運動神経伝導検査所見 (別冊 No. 8)を別に示す。なお、尺骨神経の運動神経伝導速度の正常値は 45 m/秒以上である。
  • この神経伝導検査でみられる所見はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108B059]←[国試_108]→[108B061

105A024」

  [★]

  • 60歳の男性。左手関節の背屈ができなくなったことを主訴に来院した。 3日前、飲酒後に居間の肘掛け付き椅子で朝まで眠っていたという。目が覚めてから左手関節の背屈ができず、左母指と左示指との背側にしびれ感があることを自覚した。 2日間様子をみていたが、回復しないため受診した。
  • 障害された可能性が高い神経はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105A023]←[国試_105]→[105A025

上肢の筋」

  [★]

muscles of upper extremity
musculi membri superioris
上肢筋


関節で分類

肉単P 筋名   起始 停止 支配神経 機能
K-12 肩甲挙筋   C1-C4(横突起) 肩甲骨(上角内側縁上部) 肩甲背神経 肩甲骨の挙上、下方回旋
K-14 大菱形筋   T1-T4(棘突起) 肩甲骨(内側縁下部) 肩甲背神経 肩甲骨の後退、下方回旋
K-13 小菱形筋   C6・C7(棘突起) 肩甲骨(内側縁上方) 肩甲背神経 肩甲骨の後退、挙上、下方回旋
K-16 僧帽筋 上部 後頭骨、項靱帯 鎖骨(外側1/3) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退、挙上、上方回旋
T1-T6(棘突起)、棘状靱帯 肩甲骨(肩峰肩甲棘) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退
T7-T12(棘突起)、棘状靱帯 肩甲骨(肩甲棘) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退、下制、下方回旋
K-01 前鋸筋   第1~8肋骨(外側面中央部) 肩甲骨(内側縁肋骨面) 長胸神経 肩甲骨の前進、わずかに上方回旋、肋骨の挙上
  鎖骨下筋   第1肋骨肋軟骨の境界 鎖骨内側1/3の下面 鎖骨神経(第5・第6頚神経) 鎖骨を固定し下制する
K-03 小胸筋   第3~5肋骨 肩甲骨(烏口突起) 内側胸筋神経 肩甲骨の下制、わずかに下方回旋、肋骨の挙上
L-01 大胸筋 鎖骨鎖骨(内側1/2) 上腕骨(大結節稜) 内側胸筋神経外側胸筋神経 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
胸肋部 胸骨、第1~6軟骨 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
腹部 外腹斜筋腱膜 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
L-03 広背筋   T6-L5の棘突起仙骨腸骨 上腕骨(結節間溝小結節稜) 胸背神経 肩関節の伸展(後方挙上)、内旋、内転
M-01 三角筋 鎖骨部・前部 鎖骨(外側1/3) 上腕骨(三角粗面) 腋窩神経 肩関節の屈曲、内旋、水平屈曲
肩峰部・中部 肩甲骨(肩峰) 肩関節外転
肩甲棘部・後部 肩甲骨(肩甲棘下縁) 肩関節外転、伸展、水平伸展
L-12 小円筋   肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(大結節) 肩関節の内転、伸展、外旋
L-10 棘上筋   肩甲骨(棘上窩) 肩甲上神経 肩関節外転
L-11 棘下筋   肩甲骨(棘下窩) 肩関節の外旋、伸展
L-13 肩甲下筋   肩甲骨(肩甲下窩) 上腕骨(小結節) 肩甲下神経 肩関節の内旋、水平屈曲
L-14 大円筋   肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(結節間溝小結節稜) 肩関節の伸展(後方挙上)、内転、内旋
M-02 烏口腕筋   肩甲骨(烏口突起) 上腕骨(内側縁) 筋皮神経 肩関節の内転、屈曲
M-11 上腕二頭筋 長頭 肩甲骨(関節上結節) 橈骨(橈骨粗面) 肘関節の屈曲、前腕回外
短頭 肩甲骨(烏口突起) 橈骨(橈骨粗面)、前腕筋膜 肘関節の屈曲、前腕回外
M-17 上腕筋   上腕骨(遠位2/3の前面) 尺骨(尺骨粗面) 肘関節の屈曲
M-6 上腕三頭筋 長頭 肩甲骨(関節下結節) 尺骨(肘頭) 橈骨神経 肘関節の伸展
外側頭 上腕骨(後面) 肘関節の伸展
内側頭 上腕骨(前面) 肘関節の伸展
M-18 腕橈骨筋   上腕骨(外側上顆) 橈骨(茎状突起) 肘関節の屈曲、前腕回内回外位から半回内位に回旋
N-2 回外筋   上腕骨(外側上顆、外側下部) 橈骨(近位外側面) 前腕回外
P-1 長橈側手根伸筋   上腕骨(外側上顆)、尺骨(回外筋) 第2中手骨(底背面) 手関節背屈橈屈
P-2 短橈側手根伸筋   上腕骨(外側上顆) 第3中手骨(底背面) 手関節背屈橈屈
P-3 尺側手根伸筋 上腕骨頭 上腕骨(外側上顆) 第5中手骨(底背面) 手関節背屈尺屈
尺骨頭 尺骨(斜線と後縁) 第5中手骨(底背面) 手関節背屈尺屈
N-1 方形回内筋   尺骨(遠位1/4の前面) 橈骨(遠位1/4の前面) 正中神経 前腕回内
N-3 円回内筋 浅頭・上腕骨頭 上腕骨(内側上顆) 橈骨(中央の外側面) 前腕回内
深頭・尺骨頭 尺骨(鈎状突起) 橈骨(中央の外側面) 前腕回内
O-1 橈側手根屈筋   上腕骨(内側上顆) 第2中手骨、第3中手骨(底前面) 手関節の掌屈、橈屈
O-3 長掌筋   上腕骨(内側上顆) 手首の屈筋支帯手掌腱膜 手関節の掌屈、手掌腱膜の緊張
O-6 長母指屈筋   橈骨(中部の前面) 母指末節骨(掌側面) 母指の屈曲(主にIP関節)
O-4 尺側手根屈筋 上腕骨頭 上腕骨(内側上顆) 豆状骨豆中手靭帯第5中手骨 尺骨神経 手関節の掌屈、尺屈
尺骨頭 尺骨(肘頭、後面上部) 豆状骨豆中手靭帯第5中手骨 手関節の掌屈、尺屈


腕神経叢」

  [★]

brachial plexus (B)
plexus brachialis
  • 図:N.413(模式図) N.457(枝の走行) KA.413(腕神経叢)
  • 後頚三角にあり、前斜角筋中斜角筋の間から出るところで3本の神経幹を作った後、外側に下行する。
  • C5-T1までの5本の脊髄神経前根腕神経叢を作る
  • 神経幹より近位の部分は、鎖骨より内側にある (N.412 KA.413)



    C3 C4 C5 C6 C7 C8 T1
 横隔神経          
 肩甲背神経            
 長胸神経          
上神経幹            
 鎖骨下筋神経            
 肩甲上神経            
中神経幹              
下神経幹            
外側神経束          
 外側胸筋神経          
内側神経束            
 内側胸筋神経            
 内側上腕皮神経            
 内側前腕皮神経            
後神経束      
 上肩甲下神経            
 胸背神経          
 下肩甲下神経            
 腋窩神経 上肢          
 筋皮神経        
 正中神経      
 橈骨神経    
 尺骨神経          
損傷レベル 主な動作筋 運動機能
C1-C3 胸鎖乳突筋 頭部の前屈、回転
C4 横隔膜(C3-C5)、僧帽筋 呼吸、肩甲骨挙上
C5 三角筋上腕二頭筋 肩関節屈曲・外転・伸展、肘関節屈曲・回外
C6 大胸筋橈側手根伸筋 肩関節内転、手関節背屈
C7 上腕三頭筋橈側手根屈筋 肘関節伸展、手関節掌屈
C8-T1 指の屈筋群、手内筋 指の屈曲、手の巧緻運動


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




手関節の運動に関与する筋」

  [★]

筋肉(日) 筋肉(英) 背屈 掌屈 橈屈 尺屈   神経
尺側手根伸筋 extensor carpi ulnaris       橈骨神経
小指伸筋 extensor digiti minimi          
指伸筋 extensor digitorum          
短橈側手根伸筋 extensor carpi radialis brevis        
長橈側手根伸筋 extensor carpi radialis longus    
示指伸筋 extensor indicis        
短母指伸筋 extensor pollicis   brevis        
長母指伸筋 extensor pollicis   longus        
長母指外転筋 abductor pollicis   longus        
橈側手根屈筋 flexor carpi radialis       正中神経
長掌筋   palmaris   longus      
尺側手根屈筋 flexor carpi ulnaris         尺骨神経


手の筋」

  [★]

肉単P 筋名 起始 停止 支配神経 機能
P-6 指伸筋 上腕骨(外側上顆) 第2-5指骨(末・中節骨底) 橈骨神経 第2-5指の伸展(DIP、PIP、MP関節)、手関節の背屈
P-7 小指伸筋 上腕骨(外側上顆) 小指(中・末節骨底) 橈骨神経 小指の伸展、外転
P-11 示指伸筋 尺骨(遠位の背面・骨間膜) 示指(中・末節骨底) 橈骨神経 示指の伸展、手関節の背屈
P-8 長母指伸筋 尺骨(中央背面) 母指(末節骨底の背面) 橈骨神経 母指の伸展(IP・MP関節)
P-9 短母指伸筋 橈骨(背面・骨間膜) 母指(基節骨底の背面) 橈骨神経 母指の伸展(MP関節)、外転
P-12 長母指外転筋 橈骨(背面・骨間膜) 第1中手骨(骨底外側) 橈骨神経 母指の外転、伸展
Q-10 短母指外転筋 大菱形骨舟状骨(屈筋支帯) 母指(基節骨外側) 正中神経 母指の外転
Q-5 母指対立筋 大菱形骨(屈筋支帯) 第1中手骨(前面) 正中神経 母指の対立、屈曲(CMC関節)
O-6 長母指屈筋 橈骨(前面中1/3) 母指(末節骨の掌側) 正中神経 母指を屈曲(IP・MP関節)
Q-1 短母指屈筋 大菱形骨小菱形骨(尺側・屈筋支帯) 母指(基節骨底の掌側) 正中神経尺骨神経 母指を屈曲(MP関節)
O-5 浅指屈筋 上腕骨(内側上顆)、尺骨(鈎状突起)、橈骨(外側) 第2-5指骨(中節骨の両側) 正中神経 第2-5指の屈曲(PIP関節)、手関節掌屈
O-7 深指屈筋 尺骨(上部1/3の前面) 第2-5指骨(末節骨の両側) 正中神経(第2-3指)、尺骨神経(第4-5指) 第2-5指の屈曲(DIP関節)、手関節掌屈
Q-12 虫様筋 深指屈筋腱(第2-5指の掌側) 指伸筋腱膜(第2-5指の背側) 正中神経(第2-3指)、尺骨神経(第4-5指) 第2-5指の屈曲(MP関節)、DIP関節・PIP関節の伸展
Q-8 背側骨間筋 中手骨(背側・側面) 指骨、指伸筋腱膜(基節骨底) 尺骨神経 第2-5指の外転
Q-9 小指外転筋 豆状骨(豆鉤靭帯) 小指(基節骨底の内側) 尺骨神経 小指の外転と屈曲(MP関節)
Q-3 短小指屈筋 有鈎骨(有鈎骨鈎) 小指(基節骨の内側) 尺骨神経 小指の屈曲(MP関節)
Q-6 小指対立筋 有鈎骨(有鈎骨鈎) 第5中手骨(尺側縁) 尺骨神経 小指の対立
Q-4 母指内転筋 第3中手骨(横頭)、第2中手骨(斜頭)、有頭骨小菱形骨 母指(基節骨底の内側) 尺骨神経 母指の内転
Q-11 掌側骨間筋 中手骨(掌側・側面) 指骨、指伸筋腱膜(基節骨底) 尺骨神経 第2,4,5指の内転
Q-2 短掌筋 手掌腱膜(中心部の尺側) 手の尺側の皮膚 尺骨神経 手掌内部の皮膚にしわを寄せる

上肢」

  [★]

upper limb, upper extremity, superior limb
membrum superius
下肢

定義

上肢の神経

部位 筋皮神経 橈骨神経 正中神経 尺骨神経 腋窩神経
上腕 屈曲 3

 

伸展 2     2

 

屈曲 1
  2     1
前腕   伸展 屈曲 屈曲 1  
回外 回内  
  1      
    母指球筋 小指球筋  
  骨間筋
   

背:橈2.5本

掌:橈3.5本

背:橈2.5本(先端)

掌:尺1.5本

背:尺2.5本

 




尺骨神経溝」

  [★]

groove for ulnar nerve
尺骨神経


  • 尺骨遠位端の内側かつ背側にある溝であり、尺骨神経が通る


尺骨神経炎」

  [★]

ulnar neuritis
尺骨神経麻痺尺骨神経障害


尺骨神経障害」

  [★]

ulnar neuropathy
尺骨神経麻痺尺骨神経炎


尺骨神経圧迫」

  [★]

ulnar nerve compression
尺骨神経圧迫症候群


尺骨神経圧迫症候群」

  [★]

ulnar nerve compression syndrome
尺骨神経圧迫


神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


尺骨」

  [★]

ulna
cubitus
橈骨



解剖




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡